ミラティブ、ゲームとライブ配信を融合させた「ライブゲーミング」関連売上が月間1億円を突破。最大のヒットタイトルは単体ゲームで月間5,000万円超え

ゲームとライブ配信の融合からスマホ版メタバースへ。先行開発パートナーを募集開始

スマホゲーム配信者数で日本一のゲーム配信サービス「Mirrativ(ミラティブ)」(以下Mirrativ)を運営する株式会社ミラティブ(本社:東京都目黒区 代表取締役:赤川隼一)は、2021年12月におけるMirrativ上のユーザー課金売上のうち、ゲーム体験とライブ配信が融合した「ライブゲーミング」関連の売上のみの合計が、月間1億円を突破したことをお知らせします。

最大のヒットゲームである「エモモバトルドロップ」は、10人以下のチームで開発されたタイトルながら開催期間9日間で約5,000万円の売上規模に成長しており、スマホゲーム開発に新たなビジネスモデルが誕生しつつある状況を示唆しています。

当状況も踏まえ、ミラティブでは、2022年にライブ配信とゲームを融合させた「ライブゲーミング」に大規模な投資を行います。以下が第1弾の取り組みとなります。
 1)ミラティブと共同で新ゲーム開発を行う先行開発パートナーの募集
 2)ミラティブとリリース済スマホゲームとのライブゲーム連携を希望するゲーム運営会社の募集
 3)ゲーム関連人材の採用強化

<上記募集へのお申込み・お問い合わせフォーム>https://forms.gle/vN9W3i5gc5NrYkrb8



■ゲーム体験の新しい潮流「ライブゲーミング」とは


ゲーム実況がマスコンテンツとなった2010年代後半、ゲームがヒットするかどうかの重要な要素に「ゲーム実況映えするかどうか」が加わりました。ゲームクリエイターは、既にゲームデザインの中に「ゲーム実況で盛り上がるかどうか」の視点を組み込んでいます。また、インフラ面でも、5Gなどの高速通信、クラウド化の進行といったテクノロジー面の進歩がこの5年で加速しました。

こうしたマクロの流れにゲーム実況プラットフォーム側が対応していくことで、「視聴者が配信中のゲームプレイに介入する」などゲームへの関わり方の多様化が起こり、さらに「ライブ配信ならではのリアルタイムの一体感」「友だちとの雑談から、そのままいっしょにゲームを遊びはじめる体験」などが加わることで、従来とは異なるまったく新しいゲーム体験が生まれつつあります。

この「ゲームとゲーム実況が融合した体験」=ライブゲーミングが2020年代のゲーム体験の中心になることは必然・予測可能な未来と当社は考え、2018年よりライブゲーミングの各種R&Dを行ってまいりました。


■月商5,000万円超えに成長した「エモモバトルドロップ」


「エモモバトルドロップ」は、2021年2月から、Mirrativ上で毎月期間限定でリリースされているアクションレース型のライブゲームです。配信者は、視聴者と4人でチームを組んで他チームと対戦します。武器や特殊能力を使って相手チームのプレイヤーをレース場から落としていき、最後まで生き残ったチームが勝者となります。

配信者から視聴者をリアルタイムでゲームに誘うことができるため、視聴者は配信者の声を聞きながらいっしょにゲームをプレイすることができます。また、視聴者は、ゲーム内で使えるマシンなどのアイテムや特殊効果のついたアバターを配信者にギフトアイテムとしてプレゼントすることができます。

リリース以来、改善を毎月続け、2021年12月1日~9日に開催されたSeason10では、単体ゲームとして9日間で約5,000万円の売上をあげるタイトルに成長しました。開発チームは10人以下で運営されており、開発費の高騰が続くスマホゲーム開発の市況とは異なる形での成功事例となりつつあります。

また、配信者がMirrativの収益化のしくみを用いることで、2021年12月においても、約5,000万円の売上の一部は配信者に還元されています。「ゲームを遊ぶとお金が稼げる」構図であり、世界中で次のゲーム体験の潮流とされている「PLAY TO EARN」が既にサービス上で発生しています。


■新作だけでなく、世にリリース済のスマホゲームも「ライブゲーミング化」で進化
オリジナルの新規ゲームタイトルだけでなく、リリース済みの既存ゲームでも「ライブゲーミング化」対応の成功事例が生まれてきています。

ミラティブでは、ゲームユーザーがライブ配信するとそのゲームの売上や継続率が有意に向上することから、現在、月間75のスマホゲームタイトル(2021年12月最新実績)と配信を推奨するキャンペーンの取り組みを共同で行っています。
*参考:2021年10月プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000033025.html

さらに一部のゲーム会社さまとは、ゲームユーザーのコミュニティをよりライブ配信で盛り上げるべく、オリジナルのギフトアイテムやランキングの開発などにも取り組んでおり、こうした取り組みでは通常のキャンペーン以上にゲーム売上の向上が起こっています。

結果、既存ゲームとのライブゲーム連携売上(*アバターアイテムや、どの配信でも使える汎用ギフトの売上は含まない)も2021年12月に約5,000万円となり、「エモモバトルドロップ」他の売上とあわせてライブゲーミング関連のみで売上総額が月間1億円を突破いたしました。

これまでのMirrativのビジネス基盤であったアバター/ギフトの売上や広告売上とあわせ、サービス全体の売上が積みあがっていく構造にあります。



■ライブゲーミングのコミュニケーション体験から、スマホ版メタバースへ
2021年は、米Facebook社のMetaへの社名変更など、世界中で「メタバース」が次の巨大トレンドとして認知された1年でもありました。メタバースは、アバターを用いてオンライン上で生活するように過ごすコミュニケーション空間の総称であり、現在はヒットゲームの周辺から世界的に発生しつつあります。

国内トップのアクティブなライブ配信者数(当社調べ)を持つ日本最大のゲーム実況アプリであるMirrativは、従来のライブ配信よりもコミュニケーションを重視した設計から、これまでもメタバース的側面を備えていました。「ライブゲーミング」化の加速により、「オンラインでのもうひとつの居場所」としてより長い滞在時間を記録することが期待されます。


今後は、ゲーム・ライブ配信・アバターの融合をテーマに、スマホ版メタバースの確立を目指し、配信者や視聴者といったユーザー・開発者・プラットフォームが共生していくエコシステムを構築してまいります。当面は以下の動きに注力いたします。


■ミラティブの今後の動き① 新規ゲーム先行開発パートナーを募集し、「エモモバトルドロップ」に続くライブゲーミングタイトルを協働開発
「エモモバトルドロップ」の成功を受け、少数チームで新規ライブゲームを開発する先行開発パートナーを広く募集いたします。ビジネス条件はお問い合わせ後に詳細をお伝えいたしますが、当社で開発費をサポートした上で、売上実績に応じたレベニューシェアが発生する構造を想定しています。


■ミラティブの今後の動き② リリース済の既存ゲームの「ライブゲーム連携」をMirrativがサポートし、ゲーム体験のライブ対応を加速
リリース済み・リリース予定の自社スマホゲームのライブゲーム連携にご興味をお持ちのゲーム会社さまに対して、ビジネスサポートを強化いたします。取り組み費用は無償から、リスクなしで当月からでも開始可能です(ご要望に応じて、簡易な無償トライアルから、API開放などのロードマップを含むサポートまでメニューを準備しております)。お気軽にお問い合わせください。


■ミラティブの今後の動き③ 将来的に、外部開発者が独自でMirrativと連携したゲームを開発できるAPI/SDKを開放予定
時期未定ですが、将来的にはゲーム開発者が独自でミラティブと連携したゲームを開発・運営できるよう、APIやSDKのオープン化を目指してまいります。今後の続報をお待ちください。


これら、①新規ゲーム先行開発パートナー申し込みやお問い合わせ ②既存ゲームのライブゲーム連携のご相談・お問い合わせ ③その他、今後のライブゲーミングに関する最新情報の更新をご希望される方 は以下のフォームよりお願いいたします。
<お申込み・お問い合わせフォーム> https://forms.gle/vN9W3i5gc5NrYkrb8


■これら中期ビジョンを実現すべく、ゲーム関連人材の採用を加速

現在約100名の社内体制を拡張し、当プロジェクトの推進に伴って人材採用や外部パートナーとの協働を積極化いたします。次世代のゲーム体験・コミュニケーション体験の創出やビジネス化にご興味がある方は、ぜひお気軽にご応募ください。
<募集中の職種一覧> https://hrmos.co/pages/mirrativ/jobs


■株式会社ミラティブ 代表取締役 赤川隼一 コメント

次世代のゲーム体験が「ライブゲーミング」であると確信を持ってから早4年、さまざまな試行錯誤を行ってきましたが、ようやく目に見える成果として発表できるタイミングとなりました。ゲームとライブ配信・アバターの融合は、2021年に「メタバース」と名づけられた一大トレンドと接続し、2020年代のC向けサービスの中心となっていくことは確実です。

「ライブゲーミング」に正面から取り組む今回のプロジェクトは、メタバース黎明期の市場爆発に立ち会えるまたとない機会であり、また日本が独自の強みを持って世界に打って出られる数少ない領域であると確信しています。ライブゲーミング関連でMirrativ上に既に生み出されている熱量と具体的な売上などの結果は、既に世界でも例のない唯一無二なものになっています。

世界中のクリエイターやビジネスパーソンと、先行開発パートナーとして、ミラティブのメンバーとして、分散自律して同領域を盛り上げていくコミュニティの仲間としてなど、2020年代らしいさまざまな形で、新たなゲーム体験・コミュニケーション体験の創出にいっしょに取り組んでいきたいと思っています。まずはお気軽にお声がけください!


■Mirrativとは


Mirrativは、スマホ1つで誰でも簡単にゲーム配信ができる、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。子どものころ、友だちの家に集まってテレビを囲んでゲームを楽しんだような世界観をアプリ内で再現しています。

スマホ1台で誰でも簡単にゲーム実況ができる手軽さが好評を博し、360万人以上の配信者を有する日本最大のスマホゲーム配信サービスに成長しています。また、アクティブなユーザーに占める配信者の比率が約25%と、非常に高い水準でユーザー同士がお互いの配信を行き来しており、双方向性の高いコミュニティが形成されています。

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1028944599
Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dena.mirrativ


ミラティブ概要
会社名:株式会社ミラティブ
所在地:東京都目黒区目黒2丁目10−11 目黒山手プレイス 8階
代表取締役:赤川隼一
設立:2018年2月9日
事業内容: ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」の運営
URL: https://www.mirrativ.com/
コーポレートサイト:https://www.mirrativ.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミラティブ >
  3. ミラティブ、ゲームとライブ配信を融合させた「ライブゲーミング」関連売上が月間1億円を突破。最大のヒットタイトルは単体ゲームで月間5,000万円超え