NPOカタリバでの子どもの教育支援事業に対するAI教材「atama+」の無償提供を6プログラムに拡大

atama plus株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:稲田 大輔、以下atama plus)は、認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美、以下カタリバ)に対しAI教材「atama+(アタマプラス)」を無償提供する取り組みを2022年5月より拡大しました。これにより既存の1プログラムに加え、全部で6つのオンライン学習支援プログラムの子どもたちがatama+を利用できることとなります。


atama plusは、教育を通じて社会を変え、自分の人生を生きる人を増やすことを目指すスタートアップ企業です。カタリバの「どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会」という理念に賛同し、2020年5月から、カタリバの複数あるプログラムのうち「キッカケプログラム」にAI教材「atama+」を無償提供してきました。

プログラムでは、生徒がAIによる一人ひとりに合ったカリキュラムに沿って学習することで、学習習慣の定着に効果が見られたとともに、生徒や保護者から「大学入試にとても役にたって嬉しかった」などの感想をいただくことができました。これを受けてatama plusでは、さらに多くの生徒の学びを応援したいという思いから、2022年5月末よりカタリバにおけるatama +の無償提供プログラムを6プログラムの子どもたちに拡大することとなりました。

atama+を使った講座が新たに開始されるのは、2022年度にカタリバが実施するプログラムのうち以下の5つです。これまでのプログラムに加え、不登校や外国にルーツを持つ生徒などさまざまな課題を抱える生徒100名以上がAIによって個別最適化された学びにアクセスできるようになります。

今後もatama plusは教育を通じて社会を変え、自分の人生を生きる人を増やすことを目指し、より良い生徒の学びに向けた取り組みを実践してまいります。

<カタリバのプログラムにおけるatama+講座について>
◆新たに「atama+」講座の無償対象となったプログラム

・オンライン不登校支援プログラム:不登校の子どもたちのためのオンライン教育支援事業
・ROOTS:外国にルーツを持つ高校生への教育支援事業
・おんせんキャンパス:島根県雲南市における不登校の子どもたちのための教育支援事業
・アダチベース:東京都足立区の経済的に困難を抱える世帯の中学生のための学習支援事業
・大槌臨学舎:岩手県大槌町の子どもたちのための学習支援事業
◆2020年より「atama+」講座を開講しているプログラム
・キッカケプログラム:全国の経済的に困難を抱える家庭へのオンライン教育支援事業
◆「atama+」講座での学び方
講座は希望制で、参加する子どもたちは週1回、全20回のatama+講座をオンラインで受講します。週1回の全体授業でカタリバのスタッフや他の参加者と一緒に、AIが作成する個人別の学習カリキュラムに取り組むとともに、自宅学習のカリキュラムも組み合わせることで、学習習慣の定着を目指します。

<atama plus 代表取締役CEO 稲田大輔コメント>

「キッカケプログラム」では、困難な状況において集中して学習に向かうことが難しい子どもたちに「atama+」を提供することで、学習の習慣づけに繋がったり学校の勉強や入試に役立ったりした、という声を多く聞くことができました。大変うれしく感じるとともに、もっと多くの子どもたちの可能性を広げるサポートがしたいと思い、今回の「atama+」無償提供プログラムの拡大に至りました。これからもカタリバさんと連携しながら「自分の人生を生きる人を増やす」ことを目指して取り組みを進めていきます。

<認定特定非営利活動法人カタリバ 代表理事 今村久美様コメント>

昨年度「atama+」を活用したことで経済的に困難を抱える子どもたち約100名に、それぞれのタイミング・レベルに合わせた学びを届けることができました。
デジタル化が進む今、AI教材というツール提供だけではなく、人にしかできない意欲への伴走や学びの設計に寄り添うことを大切にされている「atama+」との連携だからこそ、カタリバが大切にしている学びをますます多くの子どもたちに届けられると確信しており、今回の取り組みに感謝しています。

<キッカケプログラムでatama+講座を受講した生徒の声>
・atama+で生物の勉強をずっと行っていたので、大学の推薦入試の時にはっきりと答えることができました。(高校3年生)
・やっていくと楽しくなり、どんどんのめり込んでいきました。データを基にアドバイスをもらえるので頑張る姿勢を見せたいというのもありました。(中学3年生)
・(勉強ができていなかったけれど)atama+を使って勉強を再開し、昨日はテストを受けることができました。(高校3年生)

◆atama plus株式会社 会社概要
「教育に、人に、社会に、次の可能性を。」をミッションに、テクノロジーを活用して「基礎学力」の習得にかかる時間を短くし、「社会でいきる力」を養う時間を増やすことを目指しています。現在は、AI教材「atama+(アタマプラス)」を全国の塾・予備校3100教室以上(2022年4月末時点)に提供しています。
所在地  :東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
設立   : 2017年4月
代表者  :代表取締役CEO 稲田 大輔
URL   :https://corp.atama.plus/

【ご参考】
認定NPO法人カタリバ(認定特定非営利活動法人カタリバ)団体概要
どんな環境に生まれ育っても、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供、2020年からは経済的事情を抱える家庭にオンライン学習支援を行うなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

所在地  :東京都杉並区高円寺南3丁目66−3 高円寺コモンズ 2F
設立   :2001年11月
代表者  :代表理事 今村 久美
URL   :https://www.katariba.or.jp/
※キッカケプログラム公式HP:https://katariba.online/kikkake
※オンライン不登校支援プログラムHP:https://futoko.katariba.online/
※大槌臨学舎HP:https://www.collabo-school.net/school/otsuchi/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. atama plus株式会社 >
  3. NPOカタリバでの子どもの教育支援事業に対するAI教材「atama+」の無償提供を6プログラムに拡大