ニラク笠間店 AEDを使用した救命処置で笠間市長(茨城県)から表彰

AEDを使用した救命処置を実施しました。

福島県を中心にパチンコホールを54店舗の展開をする株式会社ニラク(本社:福島県郡山市方八町二丁目1番24号 代表取締役社長:谷口 久徳)は、ニラク笠間店で遊技中に意識を失い心肺停止状態になった男性をAED(自動体外式除細動器)や心臓マッサージで救助したことで、山口笠間市長より表彰を受けました。
発生したのは平成31年4月21日(日)、遊技中に意識を失い、もたれかかるように座る男性の報告を受け、すぐに大蔵 直之クルーがAEDを用意、報告を受けた椿 恭明アシスタントMgr.と倉持 達史アシスタントMgr.がAEDや心臓マッサージで救助し、鈴木むつみアシスタントMgr.が119番、救急隊員に引き継いだ。

同店では、「全従業員が救命講習を受講していることや、自衛消防組織図に基づく日頃の役割分担、従業員間の情報共有がスムーズな救助につながった。また、救助された男性は後に社会復帰されており、早期にAEDを使用したことが救助の重要な要因の一つになった。」と話しています。


▲ニラク笠間店 石井ストアMgr.(左)が山口笠間市長(右)より感謝状を受け取りました。

笠間市役所で表彰を受ける際に同店の石井 輝ストアMgr.は、「早期に適切な対応をしたそれぞれの従業員を誇りに思うと同時に感謝している。これからも地域の方々が安心して遊べる店舗づくりに励んでいきたい」とコメントしています。


▲左側から、ニラク笠間店 椿アシスタントMgr. 、 ニラク笠間店 大蔵クルー、 ニラク笠間店 石井ストアMgr.、山口笠間市長、ニラク笠間店 鈴木アシスタントMgr.、ニラク笠間店 倉持アシスタントMgr.
 
ニラクでは、全店、全部署にAEDを設置しており、従業員の講習受講も進めています。これからも地域に貢献できるように、安心して遊べる店舗づくりを進めてまいります。



 株式会社ニラク http://www.niraku.co.jp/
「世の中を明るく 楽しく 面白くしていくことで、人々の幸せな時間を創造する」ことを理念とし、福島県を中心に54店舗のパチンコホールを展開しています。

株式会社ニラク ジー・シー・ホールディングス http://www.ngch.co.jp/jp/
株式会社ニラク他、グループ子会社株式を保有する持ち株会社で、2015年4月8日にパチンコホールオペレーター企業として2社目の株式上場をしました。(香港証券取引所メインボード/証券コード:1245))

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニラク >
  3. ニラク笠間店 AEDを使用した救命処置で笠間市長(茨城県)から表彰