クボタ機工とAutomagi、サビ検知AI技術を応用し業界初の排水機場ポンプ内サビ点検AIを共同開発

インテックス大阪のクボタ機工展示ブースにて初公開

クボタ機工株式会社(本社:大阪府枚方市、代表取締役:前田勝弘、以下、クボタ機工)と企業の様々な課題を解決するためのAI(人工知能)ソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井 将彦、以下、Automagi)は、共同で業界初となる排水機場の河川ポンプ内のサビをAIが検知するツールを開発したことをお知らせいたします。
■開発に至る背景と課題
 河川ポンプは大型河川において、降水量が増加した際に本川から支川へ逆流するのを防ぐための樋門(ひもん)が閉じられた際、行き場を失った支川の水流を本川へ汲み出すために排水機場に設置されている設備です。

 クボタ機工は全国の河川ポンプを管理保全しており、各自治体や事業会社からの要請を受け、1箇所に対し、実地での撮影点検、判定、報告書作成までを2、3人の点検員が1週間〜2週間ほどかけて実施していました。
 ポンプの点検方法は、内視鏡カメラをポンプ内に挿入し、映し出された映像を人が目視で確認するもので、内部の腐食・異常を発見するのに時間がかかる、判定するのに一定の経験や技術習得が必要という課題を抱えていました。

■ツールの概要
 内視鏡カメラで撮影された動画データをクラウド環境上のAIに転送し解析すると、元の動画上のサビがある箇所に対して劣化度ごとに色付けされたデータを確認することができます。

 このツールはクボタ機工がこれまで点検した動画データをもとに教師データを作成し、Automagiの保有するサビ検知AIの開発技術を応用して共同開発されました。
 サビ検知AIは深層学習による画像映像解析を活用しています。Automagi独自技術も併用し、膨大なサビデータを学習させたモデルによって、画像や動画からサビを98%の精度で検知、腐食の進行度に応じた劣化レベルの表現を可能にします。

 これにより、人では取りこぼしてしまっていた箇所まで網羅的に検知ができ、補修の必要性を判断するサポートを受けることができます。また、動画のどの部分が特に劣化度が大きいかが可視化されるため、全体の点検の効率化にも繋がります。加えてAIが統一基準で検知するため、人による判定のばらつきもなくすことができます。
              

             <AIによる出力結果(左:元画像、右:結果画像)>

 従来は左の画像元に人がそれぞれの基準で判断していました。本ツールの使用後が右の画像です。サビ部分が検知されかつ劣化度も可視化されています。
 従来の診断手法と比較し、より定量的にかつ客観的な診断が可能となります。


■展示会でのツール公開について
 本ツールは7月29日(水)〜7月31日(金)にインテックス大阪にて実施される「メンテナンス・レジリエンスOSAKA2020」にて、クボタ機工が出展するブースにて、公開いたします。
 会期中は動画での出力結果デモを数パターン展示予定です。当日は本ツールの他にも「ウェアラブル端末を用いたポンプ点検・遠隔支援」や「3Dデータを用いた劣化診断」などを紹介いたします。


■今後の展開
 今後は、まず今回開発したツールを運用しデータを追加していくことで、より精度の高いエンジンの開発を継続してまいります。追加で、目視で判断していたサビ以外の劣化や異常も並行して検知するモデルを構築しており、順次実装を予定しているほか、現地ですぐに結果が見られるリアルタイム化も見据えて検証・開発を進めていく計画です。

 Automagiではポンプ内のサビ以外にも、赤錆、ヒビ割れ、計器読取、漏水漏油、塗装剥離や塗膜浮き、営巣などインフラ設備の目視点検に特化したモデルを複数保有しています。本年4月以降はこれらAIソリューションの解説をウェビナーにて毎週行っており、累計1,000名を超える方にご参加いただいております。
 今後も幅広くインフラ点検・メンテナンス業務に貢献できるAIソリューションの開発・提供、普及へ取り組むことを通して、インフラ設備業務の改善、生産性向上へ貢献してまいります。



<本サービスに関するお問い合わせ>
Automagi株式会社 AIビジネス部 相馬
TEL :03-5333-6710
E-mail:pr@automagi.jp
URL :http://www.automagi.jp/
製品ページ:https://www.amy-ai.com/insight/amy-infrachecker


<クボタ機工株式会社について>
 クボタ機工株式会社は、水環境機器の「プロフェッショナル」として上下水道や配水・排水・灌漑事業などに関わる、ポンプ施設及びパイプラインの運転・維持管理業務の一部又は全体の受託を行っています。水環境機器を100余年製作供給する株式会社クボタから技術を引き継ぎ、部品の製作から機器購入、据付、維持管理、運転指導、機器オーバーホールまで一貫して水を操り、水を供給することを使命としています。

<会社概要>
会社名:クボタ機工株式会社
設立:1986年(昭和61年)7月
本社:大阪府枚方市中宮大池一丁目1番1号
代表取締役社長:前田 勝弘
従業員数:275名
事業内容:
・上下水道や配水・排水・灌漑事業などに関わる、ポンプ施設及びパイプラインの運転・維持管理業務の一部又は全体の受託
・上記施設に関する設計・施工並びに補修工事・排水ポンプ車
・上記施設に関する設備機器・部品の製作販売

<Automagi 株式会社について>
 Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや、人工知能技術を活用した通信インフラ企業・建設不動産企業・物流企業などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。

<会社概要>
会社名:Automagi 株式会社
設立:2010年6月4日
本社:〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティータワー28階
代表取締役社長:櫻井 将彦
従業員数:77名
事業内容:
・人工知能/データ解析分野でのソリューション提供/システム開発
・通信キャリア/大企業向けの大規模/高信頼性システムの開発・運用
・企業の新規事業/サービスの開発支援コンサルティングサービス
・IoT/位置情報関連サービスのソリューション提供/システム開発
・海外技術企業の日本市場開拓サポート
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Automagi >
  3. クボタ機工とAutomagi、サビ検知AI技術を応用し業界初の排水機場ポンプ内サビ点検AIを共同開発