秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」、ハードウェアウォレットLedgerと連携

ハードウェアウォレットの管理が、オンラインのワークフローシステムで可能に

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdoublejump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、複数人での秘密鍵管理を可能にするサービス「N Suite」( https://www.nsuite.io/ )において、ハードウェアウォレットLedger連携機能をリリースいたしました。本連携により、N Suiteのワークフロー機能で、Ledgerに保管する秘密鍵の使用を管理できるようになります。

  • Ledger連携の背景

N Suiteは、ワークフロー機能によりブロックチェーンの秘密鍵を組織で安全に管理するためのサービスです。クラウドに保管した秘密鍵を組織で安全に共有する仕組みを提供してまいりました。
これらの仕組みにより、NFTの発行や暗号資産の送金など日常的に発生する作業をオンライン上でスムーズに完結することができます。

 

一方、高額の暗号資産などに関しては、ハードウェアウォレットにより、通信環境から隔離されたオフラインで秘密鍵を保管したいというニーズがあります。組織がハードウェアウォレットで秘密鍵を管理する場合にも、N Suiteのワークフロー機能を使って秘密鍵の使用を管理できるように、ハードウェアウォレット「Ledger」との連携機能を提供開始しました。

 

  •  Ledger連携機能概要
Ledger連携機能が加わったことで、N Suiteのワークフロー機能でLedgerに保管された秘密鍵の使用を申請することができるようになりました。申請が承認された後、LedgerをN Suiteに接続し、署名操作を行うことで、申請された操作を実行できます。これにより、Ledgerで保管している秘密鍵も、どのような目的で、誰の許可によって使用されたかを管理することができるようになり、組織での秘密鍵管理が効率化します。

 

 

■クラウド型とハードウォレットの併用

N Suiteで管理する秘密鍵の保管方法を用途に応じて、クラウド型とハードウェアウォレットの選択ができるようになりました。
 

・クラウド型: NFTの発行や限定的な金額の送金など、日常的な作業で使う秘密鍵を保管
・ハードウェアウォレット:高額な暗号資産を保管

 

 

  • N Suiteのサービスについて

N Suiteは、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理サービスです。NFT発行や暗号資産の送金、スマートコントラクトのデプロイなど、NFT/Web3領域の事業をスムーズかつ効果的に行うための製品を揃えております。組織の秘密鍵管理の課題を解決することで、組織がWeb3の基盤となるブロックチェーンにアクセスするハードルを下げ、Web3の発展を加速させることを目指しています。


■N Suiteの3つの製品
・秘密鍵を共有管理できるワークフロー機能を提供するダッシュボード
・秘密鍵を保管しない認証用のウォレット
・クラウドでセキュアに秘密鍵を保管するシステム

 

■ 利用申込方法
N Suite オフィシャルサイト( https://www.nsuite.io/ )の「お問い合わせ」より、利用希望の旨をご連絡ください。
 

  • 会社概要                                                      
double jump.tokyo株式会社
NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などのブロックチェーンゲームの開発や、大手コンテンツホルダー向けにNFTの発行販売やゲーム、メタバース連携を支援するNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を提供。複数人で秘密鍵を管理できるビジネス向けNFT管理サービス「N Suite」の提供・開発を行っております。


所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
URL:https://www.doublejump.tokyo/
email:info@doublejump.tokyo

 

本件に関するお問合せ:
担当:青木 宏文(あおき ひろふみ)
email:contact@nsuite.io

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. double jump.tokyo >
  3. 秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」、ハードウェアウォレットLedgerと連携