具体的な食品安全管理の事例を実践的に解説するオンライン研修「HACCP制度化/JFS-B規格対応コース」発売

ペリージョンソン ホールディング 株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:瀬戸 裕子)で教育研修事業を担うペリージョンソン アカデミー(PJA)は、具体的な事例で食品安全管理の手順を実践的に解説するオンライン研修「HACCP制度化/JFS-B規格対応コース」(受講期間:1年/28,000円+税)を発売しました。


2018年6月、食品衛生法が改正され、ついに日本でもHACCPに沿った衛生管理の制度化がスタートしました。HACCPとは、多くの国や地域で食品安全管理の基礎として取り入れられている手法です。この制度化を受けて、食品関連事業者はその事業規模や業態に合わせて、それぞれHACCPに沿った食品安全管理体制を構築することが求められています。

このたび発売した「HACCP制度化/JFS-B規格対応コース」は、HACCPにこれから取り組み始める方に向けて、その構築手法をわかりやすく解説します。制度化にあわせて作成された日本の食品安全規格・JFS規格(A/B/C)のうち、B規格の取得を目指す方に最適なコースです。全5回で制度化の背景から具体的な手順までを網羅し、構築に必要な知識を身につけます。

PJAは、今後も「現場」と「経営」を基本とした研修プログラムを企画・販売していきます。

■「HACCP制度化/JFS-B規格対応コース」
プログラム
 第1回 HACCP制度化とその背景(1コマ)
 第2回 HACCPシステムの解説(1コマ)
 第3回 PRP/GMPの解説(3コマ)
 第4回 HACCP 7原則12手順(10コマ)
 第5回 HACCPモデルの解説(1コマ)
 修了テスト
受講料 28,000円+税
受講期間(視聴可能期間) 1年(12カ月)
https://www.pjaowl.com/
※修了テストに合格すると修了証が発行されます

<お客様からの問い合わせ先>
ペリージョンソン ホールディング 株式会社
ペリージョンソン アカデミー
TEL:03-5774-9460 / E-mail:info@pjaowl.com


<ご参考>
○ペリージョンソン ホールディング 株式会社
ペリー・ローレンス・ジョンソンが米国ミシガン州デトロイト近郊で設立した統計的手法のコンサルティング会社を前身として、1995年に日本に進出したペリージョンソン コンサルティングと、マネジメントシステムの第三者認証機関ペリージョンソン レジストラーが、2013年11月に合併してペリージョンソン ホールディング 株式会社を設立しました。
ペリージョンソン レジストラーは認証機関として北米で第1位のシェアを誇っており、日本でも多くの組織を認証しています。コンサルティング事業においても、各種ISO規格、食品安全スキーム構築、会社法・金融商品取引法対応内部統制システム構築、ERM(統合リスク管理体制)およびコンプライアンス体制構築・BCP(事業継続計画)策定支援、人事評価制度導入など、日本で8,600件を超えるコンサルティング実績があります。
2016年11月に教育研修事業部(ペリージョンソン アカデミー)を新設し、注力しています。

【会社概要】
社名 ペリージョンソン ホールディング 株式会社 (Perry Johnson Holding, Inc.)
本社 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9F
設立 2013年11月
代表
 代表取締役会長 ペリー・ローレンス・ジョンソン
 代表取締役社長 瀬戸 裕子
事業内容
 • 教育研修事業(ペリージョンソン アカデミー) URL:https://www.pjaowl.com
 • マネジメントシステム認証事業(ペリージョンソン レジストラー) URL:http://www.pjr.jp
 • ビジネスコンサルティング事業(ペリージョンソン コンサルティング) URL:http://www.pjcinc.jp
支店 札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ペリージョンソン ホールディング 株式会社 >
  3. 具体的な食品安全管理の事例を実践的に解説するオンライン研修「HACCP制度化/JFS-B規格対応コース」発売