paiza×トヨタ 自動車の未来を創るソフトウェアエンジニアを募集

paizaではDX人材の採用を進める企業のサポートを強化

​ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」を運営するpaiza株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 片山良平)は、中途エンジニア向け転職支援サービス「paiza転職」にて、トヨタ自動車株式会社のソフトウェアエンジニアの求人掲載を開始しましたのでお知らせいたします。paizaではDX(デジタルトランスフォーメーション)人材の採用を進めている企業へのサポートを強化しており、トヨタ自動車の事例はその1つとなります。

 


■背景
デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)とは、データやIT技術を活用し、製品やサービス、ビジネスモデル、組織、企業文化などを変革し、競争優位性を確立することをいいます。政府の推進もあり、現在多くの日本企業がDXに取り組んでいます。

特にITエンジニアはDXを進めるうえで欠かせない存在であり、各社がDX推進のためのITエンジニアを積極的に採用しています。

■paizaにおけるDX推進企業への対応
paizaでは、ITエンジニア向け転職・就職サービスとして、DX推進のためにITエンジニアを採用する企業へのサポートを強化しております。ITエンジニアの採用についてあまりノウハウがない企業へ向けたサポートコンテンツを公開しているほか、個別でのご相談も承っております。

paizaは応募者が事前にプログラミングテストを受け、技術レベルを企業に可視化したうえで選考を進めるシステムなので、採用後の技術的なミスマッチのリスクを大幅に下げられます。これからエンジニアリング組織を一から作るという企業や、新しい技術領域のITエンジニアを採用したい企業には特に適したサービスです。ご利用企業には、すでにDX推進のためのITエンジニア人材を10人以上採用している事例も出ています。

■トヨタ自動車がpaizaでITエンジニアを募集中!
このたび、paizaではトヨタ自動車株式会社の求人を複数公開いたしました。同社は、モビリティに関わるあらゆるサービスを提供し多様なニーズに応える「モビリティカンパニー」として、「未来のモビリティ社会」の実現に取り組んでいます。今回の求人はそれを推進するソフトウェアエンジニアやアプリ開発エンジニアの募集となります。

paizaではこれからもDXを推進する企業におけるITエンジニアの採用活動をサポートしてまいります。


■paizaについて
paizaは国内最大のITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォームです。目指しているのは、自ら挑戦する人材の成長プラットフォーム。個のキャリア形成が重要な今、実力があればさまざまな可能性の広がる求職サービスとして、多くのエンジニアから支持されています。2021年3月現在、paizaの登録者数は40万人に達しています。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービスです。そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれています。(URL:https://paiza.jp


■会社概要

・社名:        paiza株式会社
・代表者:        代表取締役社長 片山 良平(かたやま りょうへい)
・資本金(資本剰余金含む):       350,603千円
・設立:          2012年2月13日
・許認可:        有料職業紹介事業許可13-ユ-305439
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. paiza >
  3. paiza×トヨタ 自動車の未来を創るソフトウェアエンジニアを募集