【無料ウェビナー開催】「今こそ営業プロセスのデジタルシフト」ターゲットをWEBサイトへ流入・問い合わせにつなげる秘訣や、商談時のテクノロジーの活用等を一挙大公開!

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下wevnal)は、株式会社エムエム総研(本社:東京都新宿区、代表取締役:萩原張広 以下「エムエム総研」)と共同で、2020年6月25日(木)、製造業の方を対象に「今こそ営業プロセスのデジタルシフト」ウェビナー(https://inspider.jp/seminar/4326)を開催いたします。


  • 開催概要
在宅ワークが増えて、会社番号への電話がつながりにくくなった現在。個人の連絡先に、必要な情報を届けることが、今まで以上に重要になってきました。これを実現するためには、Webでターゲットにリーチし、必要なタイミングで直接の接点を持てる様にすることが不可欠です。同時に接点を持った後も、無作為な電話やメールではなく、相手に合わせたコミュニケーション方法で「適切な」情報を届けることが必須です。

こういった営業活動を成し遂げるべく、マーケ&セールステックを活用するなどの営業プロセスのデジタルシフトを検討している企業様が増加しています。そんな中で何から始めたらよいのか分からない、自社の施策は正しいのか分からない、そんな問い合わせを多数いただきました。

本ウェビナーでは、はWebへの集客や集客した顧客への接客、個人情報を獲得した方への営業活動の3点において、必要な準備やコツなどを各社からご共有いたします。
 
お申し込みはこちら
https://inspider.jp/seminar/4326
 
こんな方にオススメ
・WEB集客に課題がある
・見込み顧客を増やしたい
・電話がつながらず、営業活動が停滞して困っている
・営業のデジタル化を検討しているが、何から手をつけたら良いか分からない
 
  • イベント概要
開催日:2020年6月25日(木) 
時間:12:00〜14:00
会場:オンライン会議ツールZoomにて開催(お申込者に視聴URLをお送りいたします)
参加費:無料
主催:株式会社wevnal
共催:株式会社エムエム総研
参加申し込み方法:下記イベント特設サイトから、お申し込みください。
https://inspider.jp/seminar/4326
 
  • イベントの詳細
①まだ見ぬ見込み顧客の見つけ方 ~初めてのWebマーケティング~
 (登壇者:株式会社ベーシック 持田 雄一)
連絡が取れる顧客情報を集めるために、Webサイトを活用している企業は多いと思います。 しかし「狙ったターゲット」から「十分な量」の、見込み顧客を獲得している企業は、まだ多くありません。
今回は、見込み顧客の、Web上での効果的な見つけ方を中心にお伝えします。

②チャットボットを活用した会話型マーケティングの事例500件から読み解く、顧客心理とWeb接客
(登壇者:株式会社wevnal 森元 昭博)
2016年ごろからWebマーケティング界隈で「Web接客」という言葉が言われるようになってきました。
「リアルと同じような購買体験をWebサイトでも実現しよう」というのが大まかな理想ですが、「実際にどんな手法があるのか?」などの具体論は意外とまだまだ確立されておりません。
ユーザーの購買行動の変化や、コンテンツ飽和時代のユーザー体験を押さえたうえで、Web接客の手法の1つである「チャットボット」をマーケティング活動に当てはめる際のポイントや考え方などを、事例を用いて解説致します。

③セールステックを活用したインサイドセールスとは?
(登壇者:株式会社エムエム総研 綿貫 亮祐)
セールスのデジタル化とはいっても、何から始めるべきか分からないという声をたくさんいただきます。 そこで、インサイドセールスやオンラインセールスが活用すべきマーケ&セールステックと、 それらを活用して実現すべきことをお伝えします!
 
  • 講師紹介

株式会社ベーシック
パートナーアライアンス推進室 室長
持田 雄一

求人広告 / SEO / Webマーケティングに携わり営業10年程。アウトバウンド、インバウンド、インサイド、フィールドなど様々なセールススタイルを経験。 ベーシック初のSaaS事業「ferret One」においてセールス部を立ち上げ、LTV最大化のための営業方法を確立。セールス関連のイベントを多数主催/登壇。
 

株式会社wevnal
常務取締役
森元 昭博
1985年栃木県生まれ。2008年よりGMOアドパートナーズ株式会社へ入社。 トップセールスの実績をあげた後、2011年に株式会社wevnalを設立。 設立6期目までにデジタルマーケティング事業を年商23億規模まで成長させる。 現在はマーケティング型チャットボット「BOTCHAN」のセールスからシナリオ設計や導入後の運用コンサルティング、改善部門まで組織統括を行っており、 導入前後でCV数を3倍にまで引き上げる等多くのクライアントを成功に導いている。 不動産や人材、ECなどのBtoC領域やSaaSなどのBtoB領域を筆頭に幅広い業界に精通。
 

株式会社エムエム総研
マーケティングチーム チームリーダー兼アライアンス担当
綿貫 亮祐
アウトソーシングにて、大手IT企業、外資系製造業のテレマーケティングを経験した後、自社のインサイドセールスを担当。2019年4月、マーケティングチームに配属になり、テクノロジーを活用した活動を実施。2020年3月から、テレワークになった企業担当者様の、テクノロジー活用や営業活動の支援を開始。
  BOTCHANとは、wevnalが開発・販売するチャットボットプラットフォームです。LINEメッセンジャー、Facebookメッセンジャーと連携したり、ウェブサイトに直接チャットボットを設置することができます。管理画面を使って会話シナリオを自由に組むことでカスタマーサポート、アンケート、エンタメなど様々なビジネスに利用可能です。さらに、自然言語処理/AIレコメンドエンジンも搭載しており、自然文を使ったフレンドリーな会話も実現しています。
 
  • 企業情報

会社名:株式会社wevnal
代表取締役:磯山博文
本社:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ5階
設立:2011年4月
事業内容:
・デジタルマーケティング事業(各種運用型広告、クリエイティブ、メディア)
・Chatbot AI事業
URL:https://wevnal.co.jp/
 
  •  お問い合わせ
【報道関係者様の問い合わせ先】
株式会社wevnal 広報担当
メールアドレス:pr@wevnal.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社wevnal >
  3. 【無料ウェビナー開催】「今こそ営業プロセスのデジタルシフト」ターゲットをWEBサイトへ流入・問い合わせにつなげる秘訣や、商談時のテクノロジーの活用等を一挙大公開!