Onsen HANAREを堪能 「アマネム」で最もウェルネスな滞在をかなえる『ツキヴィラ』誕生



アマネム(三重・志摩市、総支配人、田中 紀子)は、 敷地内に2020年4月より新しいヴィラ、庭に露天風呂温泉の東屋、“Onsen HANARE”がある「ツキヴィラ」を増設、2019年12月より予約を開始いたしました。

アマネムの中でも視界が開けた場所に位置する「ツキヴィラ」は、総面積381㎡の広さを誇り、庭にはツキヴィラ専用の露天風呂と内風呂を有するモダンでミニマルな外観の東屋 “Onsen HANARE”を持ち、温泉ウェルネスを楽しめるアマネムの中でも、さらに温泉三昧を心ゆくままに堪能できる設計になっています。
アマネムには現在24室のスイート(99㎡)の他、リビングダイニングキッチンと2つのエンスイートを持つヴィラとして、眼下に英虞湾が広がるナギヴィラ(1棟)、常緑の森と英虞湾の両方を堪能できるソラヴィラ(2棟)、目の前に国立公園の自然の庭が広がるモリヴィラ(1棟)があり、このツキヴィラ(1棟)の誕生で、敷地内に合計4タイプのヴィラが勢ぞろいいたします。
 

春には桜を愛でながらフレッシュな温泉を堪能できるツキヴィラ専用の東屋 Onsen HANARE春には桜を愛でながらフレッシュな温泉を堪能できるツキヴィラ専用の東屋 Onsen HANARE


アマネムの中でウェルネスな滞在をかなえるツキヴィラ

2016年3月1日に開業したアマネムは、伊勢志摩国立公園内に風光明媚な英虞湾に面し、アマン東京に続く日本の二番目のアマンです。伝統的な日本旅館の美学を採り入れ、アマン初の温泉を有するリゾートとして、都会の喧騒から離れた豊かな自然環境に佇んでおり、24室のスイートの浴室、4棟のヴィラには温泉がひかれています。

ツキヴィラはアマネムの敷地内の視界の開けた場所に立地し、他のヴィラやスイートからも離れた場所にあるため、より静寂さや自然を感じられ、開放的で心地よい時間を過ごすことができます。
リビングダイニング、キッチン、その両側にスイートと同じ広さと仕様の2つのエンスイート、そして温泉の東屋からなり、敷地面積が1,842㎡、延床面積は381㎡とアマネム最大の広さのヴィラとなっています。

リビングダイニングとキッチンをはさむ2つのエンスイートの浴室には敷地内の源泉から天然温泉が引かれており、温泉マークの蛇口をひねるとフレッシュな温泉をお楽しみいただけます。
日本の伝統的な風呂場の様式を踏襲し、窓からの自然美を生かすために、装飾を最小限に抑えたシンプルでモダンな浴室は、チャコールグレーの花崗岩による壁や浴槽と、その大きな窓から眺めるプライベートガーデンは美しい好対照をなしています。湯船と外にはシャワーを使える洗い場があり、日本独特の文化である、日本式のお風呂をご体験いただけるよう配慮しました。

そして、ツキヴィラにはアマネムの他のヴィラやスイートと全く異なる施設、ヴィラの敷地内に独立した専用のOnsen HANARE(44㎡)の東屋があり、お部屋を出て数歩歩くだけで、プライベートな温泉をじっくりとお楽しみいただけます。Onsen HANAREは温泉だけの建物とは思えないモダンでスタイリッシュな建物となっています。中は洗い場のついた内風呂と、ゆったりおくつろぎいただけるデイベッドが備え付けられた露天風呂の2部屋に分かれており、Onsen HANAREから庭の木々を見ながら寛ぎの時間を過ごすことができます。泉質は濃いナトリウム-塩化物温泉のため、湯上りには肌表面が塩被膜のベールで包まれるので、湯冷めしにくいといわれています。
ご家族やご友人などとプライベートなスパライフを24時間いつでもお過ごしいただけます。


また、ツキヴィラは、水着で入浴するアマネムの象徴ともいえる温泉水を利用した温浴施設「サーマル・スプリング」があるスパ棟までも近いロケーションです。お部屋でのプライベートな温泉タイムを過ごし、ソーシャルなサーマル・スプリングで気分を変え、アマネムのアマン・スパで、〝シーズナルトリートメント″や、専用のプールを備えた〝アクアティックボディーワーク″などのスパメニュー、さらにはヨガやエクササイズのレッスンも組み合わせて日本ならではの温泉ウェルネスを満喫できる現代的な湯治を堪能するのにふさわしいヴィラです。

アマネムのすべてのヴィラは縁側に面して床から天井までの大きな窓がつくられており、全ての窓を開け放つと目の前に広がる自然豊かな庭は自然林との一体感を味わうことができます。
春のウグイスをはじめ、一年を通して様々な鳥のさえずりを、庭には伊勢志摩国立公園の自然の樹木を、四季を通じてお楽しみいただけます。
伊勢神宮をイメージしたと言われている高い木の天井を持つ室内のところどころには、飛鳥時代(600〜700 AD)に発祥し、職人たちが時代を超えて受け継いできた日本の伝統芸術の組子細工の装飾品が居心地の良さを演出します。専用の庭に加え、キッチンにはドイツミーレ製の洗濯機、乾燥機などが備えられ、リゾートに居ながら暮らすようにゆったりとご滞在いただけます。

ツキヴィラ 1
・プライベートガーデン
・窓、縁側からは高い台地からの自然が美しいガーデンの眺め
・ベッドルームに縁側があり、温泉が出る浴室を持つエンスイート2室
・6名さま用のダイニングテーブル、キッチン、広々としたデイベッド付き縁側のある解放感溢れるリビングエリア
・敷地内に温泉の東屋 Onsen HANARE(内湯、露天風呂の別棟のパビリオン)

2020年4月1日より宿泊開始
1泊 420,000~
予約 0599 52 5000
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanemu

 



「サーマル・スプリング」
サーマル・スプリングは、アマネム敷地内の源泉から温泉水をひいた広々とした温水プールで、足湯、腰湯、立ち湯を長時間楽しめるように、大きく2つに区切られ、それぞれぬるめ、熱めに設定されています。水着着用での入浴スタイルのため、カップルだけではなく家族で楽しめるソーシャルな温浴施設で、ヨーロッパの雰囲気がありながら、本格的な温泉入浴も体験できる唯一無二の場所です。サーマル・スプリングのエリアは1,400㎡もの広さがあり、日本の旅館で体験する露天風呂とは違った形で、自然との一体感を感じることができます。
 

温泉のミネラルを感じながら、まるで海外にいるかのような洗練された空間のサーマル・スプリング 水着着用のため、人目を気にせず気軽に寝湯やストレッチをすることができます温泉のミネラルを感じながら、まるで海外にいるかのような洗練された空間のサーマル・スプリング 水着着用のため、人目を気にせず気軽に寝湯やストレッチをすることができます



アマネムジャーニー
アマンの哲学は、その土地の伝統文化や歴史、環境、ライフスタイルに敬意を払い、それらの体験を通して理解することです。そのため世界各地のアマンでは、その土地のアマンでなければ体験できないアマネムオリジナルの「アマネムジャーニー」をご紹介しています。古より神々の地として親しまれている伊勢志摩にあるアマネムでは、いずれも伊勢志摩地域ならではの美しい自然の営みや伝統文化、歴史を辿るストーリーやテーマを持った体験や小旅行をご提供しています。アマネムジャーニーを通してより深く伊勢志摩をご体験ください。

・海女さんと海に潜る
ベテラン海女と一緒に海に潜り、海女小屋で海の幸を炭焼きで食べるアクティビティ

・英虞湾マイパール
真珠養殖の本場で、核入れ、冬に再び訪れて貝から真珠を取り出せる壮大なアクティビティ

・伊勢神宮と御食国を巡る食文化を知る
伊勢神宮に供える食材の地を巡る、伊勢志摩伝統の自然と食文化に触れるエクスカーション

・江戸時代のお伊勢参り
400年前の江戸時代の習わしにそった伝統的なお伊勢参りを体験するエクスカーション

・志摩サイクリング
山や海に囲まれた志摩を爽快に自転車でツーリングするエクスカーション

・日本百景『朝熊岳』ハイキングと『金剛證寺』参拝
伊勢で一番高い山、朝熊岳のハイキングと、金剛登證寺参拝のエクスカーション

アマネムとは
伝統的な日本旅館の美学を採り入れた、アマン初の温泉を有するリゾート、「アマネム」は、日本で2軒目のアマンとして、美しい英虞湾を望む自然豊かな三重県伊勢志摩国立公園内に、20163月に開業いたしました。民家をコンセプトにした伊勢志摩の建築デザインを取り入れた平屋造りで、それぞれの浴室に温泉がひかれている24室のスイートと4棟の2ベッドルームヴィラ、ダイニング、ラウンジなどが敷地内に点在し、約2,000 ㎡もの広さを有したアマン・スパには、水着で入る温泉水を利用した屋外施設、サーマル・スプリングや、プライベート温泉、フィットネスジムやヨガスタジオがございます。長い歴史の上で受け継がれてきた日本旅館の細やかなおもてなしを基盤に、総支配人の女将がリゾート全体を切り盛りいたします。

517-0403 三重県志摩市浜島町迫子2165
代表Tel: (0599) 52 5000
アマネム http://www.amanemu.com



アマンとは
アマンは、プライベートな邸宅にいるかのような心温まるおもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常な体験のできる、プライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創業されました。そのコンセプトは、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリ(平和なる場所)から、世界へと発信されてきました。現在、アマンは、ブータン、カンボジア、中国、ドミニカ共和国、フランス、ギリシャ、インドネシア、インド、イタリア、日本(ニセコ2023)、ラオス、メキシコ(2021)モンテネグロ、モロッコ、フィリピン、 サウジアラビア(2023)、スリランカ、タイ(バンコク2022)、トルコ、タークス&カイコス諸島、北米(ニューヨーク2020、マイアミ2023)の22のデスティネーションにて40軒(2023年までの開業予定を含む)のリゾートを展開しています。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アマン東京 >
  3. Onsen HANAREを堪能 「アマネム」で最もウェルネスな滞在をかなえる『ツキヴィラ』誕生