「攻めのIT経営銘柄2019」において『IT経営注目企業2019』に選定されました

株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長執行役員:吉田正昭、以下「当社」)は、先進的な取り組みを行う『IT経営注目企業2019』として、選定されましたのでお知らせいたします。
『IT経営注目企業』とは、経済産業省と東京証券取引所が共同で開催する「攻めのIT経営銘柄」において、特定のテーマで先進的な取り組みを実施する「注目企業」として、経済産業省が選定するものです。

■選定理由
スポーツクラブの顧客満足度向上および会員継続率向上にタブレットなどを活用して取り組んでいること、テニススクールにおいてIoTデバイスを活用したサービス「スマートテニスレッスン」を実施し、プロフェッショナルなコーチングとIoT技術を融合させることによって、お客様へ最高で最速の上達を実現しているという点などが評価され、当社は昨年に続き2年連続で選定されました。

■「フィットネスタブレット」活用の取り組み

当社では独自のアルゴリズムに基づき、退会される可能性の高いお客様=トレーナーによるサポートを必要としているお客様を「フィットネスタブレット」上に表示することで、トレーナーがサポートすべきお客様をしっかりとサポートできている状態を実現しています。スタッフの習熟度に関わらず一定水準以上のサービスが提供可能となったことで、非常に高いお客様定着率に寄与しています。
またフィットネスタブレットによってトレーナーごとの接客状況も可視化できるようになったため、適切なOJT対象の選定や効果測定にも活用できています。

■スマートテニスレッスン概要

当社協力のもとソニー株式会社が開発したサービスで、ラケット装着型センサーSmart Tennis Sensorから得られるショットデータと、カメラで撮影したプレイ映像を組み合わせることで、お客様ご自身のプレイを可視化し、テニスの上達を支援するシステムです。
コーチはお客様と上達に向けた課題をより具体的に共有することが可能となり、お客様はコーチからのアドバイスと可視化された自分のプレイを比べることで、より効果的・効率的に上達に向けた練習を行うことができるようになります。また、記録された映像およびショットデータやコーチからのアドバイスは、お客様のスマートフォンからも繰り返し確認することができ、レッスン後の振り返りにも便利です。

当社は、プロフェッショナルなコーチングとこれらのIoT技術を融合させることによって、お客様へ最高で最速の上達を提供しています。

「スマートテニスレッスン」WEBページ http://www.s-re.jp/renaissance/stl/

この他にも、健康経営支援ソリューション「カラダかわるNavi」や「JINS MEME」の導入など、IoT技術を活用し、お客様や従業員へ向けて健康づくりの支援を行っております。

「カラダかわるNavi」WEBページ  https://hcbiz.s-re.jp/hc/service/karadakawaru/
「JINS MEME」WEBページ           https://www.s-re.jp/program/jinsmeme/

 
[参考]
「攻めのIT経営銘柄2019」『IT経営注目企業2019』の詳細につきましては、経済産業省のホームページをご参照ください。
http://www.meti.go.jp/press/2019/05/20180530004/20180530004.html

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ルネサンス >
  3. 「攻めのIT経営銘柄2019」において『IT経営注目企業2019』に選定されました