「アンリ・シャルパンティエ」名古屋限定商品を新発売

名古屋の食文化をスイーツで発信

株式会社シュゼット・ホールディングス(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:蟻田剛毅)が展開する洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」は、「大納言小豆」と「あん」をつかった名古屋地区限定商品「アン・ブランシュ大納言」を2021年4月21日からジェイアール名古屋タカシマヤを皮切りに発売開始します。

■商品概要■ アン・ブランシュ大納言
名古屋を代表する食文化である「モーニング」。その象徴である小倉トーストにはかかせない「あん」とアンリ・シャルパンティエの代表商品「フィナンシェ」で培った技術が織りなす、和素材×洋菓子の新感覚スイーツを名古屋から発信します。生地には小麦粉ではなく白あんを使用することで、しっとりとした食感に仕上げました。さらに卵やアーモンドプードルなどを加えて混ぜ合わせた生地の天面には、北海道産の大納言小豆をあわせています。大納言小豆は、煮ても腹が割れないことからげん担ぎが生まれ、さらに小豆の赤色には魔除けの力があるとされたことから、古くから縁起の良い食べ物とされています。
パッケージデザインは、名古屋を象徴する金鯱をイメージした煌びやかなゴールドをベースに、和の素材を感じられるようなテイストをプラスしました。

3個入り 648円/5個入り 1,080円/10個入り2,160円(価格はすべて税込)
※商品のラインナップ、内容及び仕様は予告なく変更することがございます。

【販売スケジュール】
・4月21日~30日先行発売 アンリ・シャルパンティエ ジェイアール名古屋タカシマヤ店
・5月1日~発売 アンリ・シャルパンティエ 松坂屋名古屋店、三越栄店、三越星ヶ丘店

■アンリ・シャルパンティエとは
1969 年、青い炎が印象的なデセール『クレープ・シュゼット』を提供する喫茶店として兵庫県芦屋市に誕生した「アンリ・ シャルパンティエ」(国内 92 店舗、海外 4 店舗)。ギネス世界記録™を誇るフィナンシェや、菓子世界大会ファイナリストのパティシエを有し、創業より生ケーキはすべて手作りにこだわるなど、“世界最高峰の技術でお菓子文化を生み出す会社”として、100 年先を見据えたお菓子作りを通じ、さまざまなシーンに忘れられない感動をお届けしています。 ※The best-selling plain financier (cake) company– current(2018 年 10 月 1 日~2019 年 9 月 30 日:年間販売個数 29,275,778 個)
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シュゼット・ホールディングス >
  3. 「アンリ・シャルパンティエ」名古屋限定商品を新発売