センシンロボティクス、自律飛行型ドローンSkydio 製品の販売を開始

ドローンの業務実装を実現する運用サポートも同時提供

社会インフラDXのリーディングカンパニーである株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村卓也、以下「センシンロボティクス」)は、2022年7月26日より Skydio 製品の販売を開始いたしました。
製品の詳細やお見積など、いち早くお使いいただくためのお問い合わせを受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 自社の事業をより効率化するためにドローンに注目する企業は少なくありません。しかし、実際に動き始めると、多くの企業が課題に直面します。センシンロボティクスは、機体販売だけでなく、現場で得たノウハウを活用した業務実装に向けたトータルなサポート・サービスを提供致します。

 センシンロボティクスとSkydio合同会社は業務提携及び正規販売代理店契約を行っており、さまざまな産業におけるドローン活用を推進します。すでに顧客向けのデモンストレーションや、プラント設備など実際の現場においてトライアルを実施しており、具体的な用途開発を行っています。(https://www.sensyn-robotics.com/news/skydio

 また、Skydioドローンが飛行中に撮影している映像を多拠点でリアルタイムに確認できるSkydio Streaming機能も、クラウド型管理サービスSkydio Cloudのパッケージとして8月から提供開始予定です。Skydio Streaming機能により、点検などの現場の状況確認がより迅速に実施できるとともに、関係者への円滑な現場映像共有を実現します。

 将来的には、導入・運用サポートだけでなく、業務自動化統合プラットフォーム『SENSYN CORE』と連携させることでデータ管理・活用まで一貫した提供を予定しています。

 ・製品に関するお問い合わせ・お見積り
https://www.sensyn-robotics.com/contact-new

■ユースケース

プラントでの3Dモデル作成プラントでの3Dモデル作成

高所点検高所点検

屋内飛行屋内飛行



■提供製品

 

・Skydio 2+
AIによる自律飛行技術、360°全方位障害物回避機能を搭載し、安全な飛行を実現するドローン。マニュアル操作ドローンでは飛行が難しい非GPS環境や磁界環境下においてもVisual SLAMにより安定した飛行が可能なため、特に橋梁やインフラ等の点検業務に最適です。自律飛行技術が、複雑な構造物もあらゆる角度から精確かつ自動的に撮影できるため、Skydio 3D Scan™ 機能を使い優れた3Dモデルを提供します。
機体は、重量800g(バッテリー搭載後)、持続飛行時間最大27分と軽量でコンパクトな設計。
特殊車両や人によるマニュアルでの点検業務における課題に対して、自律飛行ドローンを活用することで、少人数で短期間に安全に実施が可能となり、コスト削減も実現します。


・Skydio X2
AIによる自律飛行技術、360°全方位障害物回避機能を搭載し、安全な飛行を実現するドローン。低温下や高温下といったより過酷な環境下でも利用可能な耐久性と、夜間飛行に最適な赤外線カメラを搭載し、特殊なミッションに適したモデル。アームは折りたたみ可能で、移動の際にはコンパクトに収納できます。重量1,325g(バッテリー搭載後)、持続飛行時間最大35分、頑丈な機体で長時間飛行可能な設計。


■Skydio合同会社 代表 柿島英和 様からのコメント
ドローンの活用によって、社会や企業が抱える課題を解決することが一般的になりつつあります。このたびのセンシンロボティクスの販売ならびに運用サポートの開始によって、エンドユーザーへの円滑な導入・運用が実現することで、更なる業務実装が進むことを期待しています。


【Skydioについて】 https://www.skydio.com/
Skydioは、AI・Visual SLAMによる自律飛行技術や障害物回避技術を搭載したドローンを開発・製造する米国最大のドローンメーカーです。マニュアル操作ドローンでは飛行や撮影が困難であった非GPS環境や磁界環境下での優れた飛行を実現します。さらにSkydio 3D Scan™ 機能により複雑な構造物もシンプルな操作で撮影し、高精度で忠実な3Dモデルを提供します。
日本には2020年末にSkydio合同会社を設立し、Skydio製技術が各種産業インフラ・企業工場の点検や監視など幅広く活躍しています。

【センシンロボティクスについて】  http://www.sensyn-robotics.com
センシンロボティクスは『ロボティクスの力で、社会の「当たり前」を進化させていく。』をミッションに掲げ、企業や社会が抱える課題を、ドローンをはじめとするロボティクス技術で解決する社会インフラDXのリーディングカンパニーです。
設備点検・災害対策・警備監視・現場管理など、業務における「労働力不足・ミス防止・安全性の向上・時間・コスト」や災害発生時の迅速な対応など企業や社会が抱える様々な課題を解決するためのテクノロジーとソリューションを提供しています。
豊富なプロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援、老朽化する産業インフラや社会インフラの点検や、少子高齢化による労働人口の減少、激甚化する災害対策といった社会課題の解決を目指します。

 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿二丁目36番13号 広尾MTRビル7階
設立:2015年10月
代表:代表取締役社長 CEO 北村卓也


「SENSYN CORE」は、株式会社センシンロボティクスの登録商標です。
本書面に記載されている会社名、製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社センシンロボティクス >
  3. センシンロボティクス、自律飛行型ドローンSkydio 製品の販売を開始