G検定の英語版試験を来年1月30日(土)に開催。12月22日より申込受付開始。

海外の優れた人材の取り込みに向けて、日本国内で既に3万人を超える合格者を輩出しているG検定の英語版試験を初開催します。12月22日より申込受付を開始します。
一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、G検定の英語版試験(正式名称:Deep Learning for GENERAL : JDLA Certificate)を、日本国内に住む外国人や海外のAI人材に向けて、1月30日(土)に初開催します。申込受付は12月22日(金) 13時 ~ 1月22日(金) 23時59分まで。

G検定は、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業活用する能力や知識を有しているかを検定する試験です。2017年に創設されて以来、日本国内で累計3万人以上の合格者を輩出し、年々規模を拡大し続けています。
この度、グローバルに拠点を持つ日系企業からのニーズや、外国人AI人材に対する需要の高まりを受け、そうした「ディープラーニングに関する知識・スキルを持った人材を育成する仕組み」を日本語話者以外の方々にも広げる目的で英語版試験の実施を決定しました。

G検定は、ディープラーニング技術に関する最新知識だけではなく、AIの歴史や機械学習の基礎・AI利活用時に不可欠な知識である法的リスク・倫理を取り巻く議論など、ディープラーニングをビジネスに活用するために必要な幅広い知識を問います。

JDLAでは、ディープラーニング技術を学ぶ方々の学習を支援すると共に産業活用促進を目指して、国内外問わず、より多くのビジネスパーソンに学んで頂くため引き続きジェネラリスト人材の育成に取り組んで参ります。


<2021年 第1回 G検定(ジェネラリスト検定)英語版試験 概要>
名称:Deep Learning for GENERAL : JDLA Certificate
概要:ディープラーニングを事業に活かすための知識を英言語で有しているかを検定する
受験資格:制限なし
試験概要:試験時間 120分 / 出題数 220問前後/ オンライン実施(自宅での受験)
出題範囲:シラバス( https://www.jdla.org/en/en-certificate/#syllabus )より出題
受験料:一般 100米ドル(税込)、学生 50米ドル(税込)
試験日:2021年1月30日(土)14:00より(日本時間)
申込 :G検定英語版 受験サイト(https://www-en.jdla-exam.org/d/)からお申し込み
    団体受験についてはこちら(https://www.jdla.org/news/2020122202/

<日本ディープラーニング協会について>
日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立されました。ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会との対話など、産業の健全な発展のために必要な活動を行っています。

設立日:2017年6月1日
所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目1番1号 住友不動産御成門タワー9F
理事長:松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授
ホームページ:https://www.jdla.org
Facebook:https://www.facebook.com/jdla123/
Twitter:https://twitter.com/JDLANews
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCmzOgHRgJYxgoOkuDXWdzRg
Connpass:https://jdla.connpass.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
日本ディープラーニング協会PR事務局
担当:三橋
TEL:070-1515-5740 / MAIL:pr@jdla.org

 
  1. プレスリリース >
  2. 日本ディープラーニング協会 >
  3. G検定の英語版試験を来年1月30日(土)に開催。12月22日より申込受付開始。