第1位は『美女と野獣』 Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(4月第4週)発表

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年4月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。

この度、Filmarksでは2017年4月第4週に上映が開始された映画を対象に、上映日から2017年4月24日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。


【映画初日満足度ランキング(4月第4週上映スタート作品)】
順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 『美女と野獣』(ディズニー) ★4.28 4,127
2位 『イップ・マン 継承』(ギャガ・プラス) ★4.19 110
3位 『スウィート17モンスター』(カルチャヴィル) ★3.95 236
4位 『3月のライオン 後編』(東宝、アスミック・エース) ★3.90 506
5位 『バーニング・オーシャン』(KADOKAWA) ★3.73 482
6位 『PARKS パークス』(boid) ★3.45 76


1位:『美女と野獣』の評価・レビュー

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

「ミュージカルシーンの再現度の高さにも本当に感動しました。そして改めて、美女と野獣は音楽が最高ですね!」(20代・女性)、「全てにおいて完璧!!美しい映像、流れる音楽、登場人物、そしてエマ・ワトソン!」(20代・男性)、「エマ・ワトソン綺麗すぎる」(20代・女性)、「才色兼備なエマ・ワトソンだからこそ先進的な考えのベルはぴったりかも」(40代・女性)、「次の展開がわかっているのにこんなにも感動させてくれる映画があるだろうか。素晴らしいの一言」(20代・女性)

2位:『イップ・マン 継承』の評価・レビュー

(c)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.(c)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

「達人vs達人の高速バトルにお腹いっぱい超満足でした!」(30代・男性)、「棒術、刀術、拳術のストイックなアクションに、シリーズ最高に美しいセットと画作り」(40代・女性)、「究極に美しい対人格闘シーンを観た」(40代・男性)、「かけがえのない愛妻や家族のために戦う誇り高い生きざまが前作以上に表現されたシリーズ最高傑作です」(40代・男性)、「極上爆音上映にて鑑賞!エンドロール後に自然と拍手が!最高の映画体験でした」(20代・男性)

3位:『スウィート17モンスター』の評価・レビュー

(C)MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.(C)MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

「こじらせている女子にこんなに好感が持てるとは。とってもキュートでした」(20代・男性)、「劣等感のカタマリで周りの人間に八つ当たりしまくるネイディーンに、自分を重ねまくり死ぬほど感情移入した。自分を受け入れて前向きになれる良い映画だった」(20代・女性)、「笑えて笑えて切なくて胸に沁みてハッピーになる映画!」(40代・女性)、「高校の先生が個人的にMVP!あんな恩師が欲しかった!」(30代・女性)

※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングは劇場上映後のMark!数が30件以上の作品を掲載しています。
※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年4月24日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
(c)2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.
(C)MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. 第1位は『美女と野獣』 Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(4月第4週)発表