【CData 導入事例】株式会社ケインズアイがCData Power BI Driver for kintone を導入

~kintone 内の日報やプロセスデータをPower BI で可視化してマクロの業務把握を実現~

CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、多様化する現代の会計ニーズに対応できる会計、人事・労務サービスを提供する株式会社ケインズアイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役 甲斐 浩一)が「CData Power BI Connector for kintone」を導入したことをお知らせします。
ケインズアイグループでは、多くの社員の活動をkintone に日報や業務データとして記録していく中、全体を俯瞰した管理・分析のためにBI ツールであるPower BI を導入。Power BI がネイティブでサポートしていないkintone データをAPI プログラミングを行うことなく、CData Power BI Connector for kintone で連携を実現されました。

Challenges
  • kintone 上の日報や業務データの集計・分析
  • Power BI へのkintone データの取り込み
  • kintone API に習熟していない非エンジニアでも使えるソリューション
Solutions
  • CData Power BI Connector for kintone でPower BI でkintone データをシームレスに利用
  • API プログラミングなしで常にkintone の最新のデータの分析を実現

本件導入を進められたオペレーション本部 本部長 山本豊様からは「kintone のアカウント情報を入力するだけで、簡単にPower BI から最新のkintone データをロードして利用することができました。kintone はAPI を提供していますが、API の呼び出し、取得したJSONを分析できるようにするにはエンジニアが必要でしたが、CData のkintone Connector を使えばIT エンジニアではない社員でも簡単にkintone に接続して、最新のデータをPower BI に連携できる点が助かります。またサポートをCData の日本チームの方が日本語で行ってくれる点も安心感がありました。」とコメントをいただきました。

インタビュー詳細はこちら:https://www.cdata.com/jp/case-study/keinz-i/

<CData Power BI Connector について>
CData Power BI Connector は、マイクロソフト社のBI ツールであるPower BI の200以上のSaaS・NoSQL へのデータ連携機能を拡張するコネクタです。Marketo、NetSuite、Elasticsearch などの海外サービスのみならず、国産SaaS であるkintone、スマレジ、PCA クラウドなど多様なデータソースに対応しています。
CData Power BI Connectors ページ:https://www.cdata.com/jp/powerbi/

<株式会社ケインズアイについて>
会社名:株式会社ケインズアイ
Website:https://keinz-i.co.jp/
本社:千葉県千葉市
設立:1998 年4 月

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
E-mail: press@cdata.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. CData >
  3. 【CData 導入事例】株式会社ケインズアイがCData Power BI Driver for kintone を導入