敦賀市において北陸初の再エネ水素ステーション「H2One ST Unit(TM)」が開所

― 再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池車に充填 ―

 福井県敦賀市および東芝エネルギーシステムズ株式会社は、北陸地方(注1)において初となる再エネ水素ステーション「H2One ST Unit(TM)」を敦賀市内に導入し、本日開所しました。
福井県敦賀市
東芝エネルギーシステムズ株式会社

 福井県敦賀市(以下、「敦賀市」)および東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝エネルギーシステムズ」)は、北陸地方(注1)において初となる再エネ水素ステーション「H2One ST Unit(TM)」を敦賀市内に導入し、本日開所しました。
 東芝エネルギーシステムズ製の「H2One ST Unit(TM)」は、再生可能エネルギーで発電した電力により水素を製造し、燃料電池車に充填できるシステムです。1日当たり燃料電池車約8台(注2)の水素製造能力を有し、最速3分(注3)で満充填が可能です。

 2018年8月に敦賀市と東芝エネルギーシステムズは「水素サプライチェーン構築に関する基本協定」を締結し、敦賀市内における水素サプライチェーンの構築に向けた検討を行っています。今回開所した「H2One ST Unit(TM)」もその一環として導入しました。
 2020年度上期中に、東芝エネルギーシステムズ製の自立型エネルギー供給システムのワンコンテナ型「H2One(TM)」を増設し、再生可能エネルギー由来の水素に加え、再生可能エネルギー由来の電気を電気自動車や敦賀市公設地方卸売市場に供給する「H2Oneマルチステーション(TM)」として稼働する予定です。

 敦賀市は、エネルギーの多元化に向けて水素社会の形成に取り組んでおり、水素エネルギーの活用に向け、積極的な取り組みを進めています。
 
 東芝エネルギーシステムズは、再生可能エネルギー由来の水素でつくるクリーンな電力を供給できる水素エネルギーシステム「H2One(TM)」、純水素燃料電池システム「H2Rex(TM)」や、水素サプライチェーン構築に向けた各種実証への参画などを通して水素エネルギー導入拡大を行っていきます。

 敦賀市および東芝エネルギーシステムズは、引き続き水素サプライチェーン構築に向けた取り組みを行い、水素社会実現に貢献していきます。

(注1):福井県、石川県、富山県の中で初。2019年12月時点。
(注2):国内の自動車平均走行距離(23.2km/日)から算出。
(注3):蓄圧器が満充填の場合。

<H2Oneマルチステーション™のシステム概要>

<今回開所したH2One ST Unit™>

 

 

敦賀市市長 渕上 隆信氏(写真中央右)、当社水素エネルギー事業統括部マーケティングエグゼクティブ大田 裕之(写真中央左)敦賀市市長 渕上 隆信氏(写真中央右)、当社水素エネルギー事業統括部マーケティングエグゼクティブ大田 裕之(写真中央左)

※東芝エネルギーシステムズの詳細はこちらをご覧下さい。
https://www.toshiba-energy.com/
※東芝エネルギーシステムズの水素エネルギー事業の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.toshiba-energy.com/hydrogen/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東芝エネルギーシステムズ株式会社 >
  3. 敦賀市において北陸初の再エネ水素ステーション「H2One ST Unit(TM)」が開所