Apple、2020年グローバルスマートフォン市場を独走。iPhone新機種で第4四半期に大きな買い替え需要を喚起。

2020年のグローバルスマートフォン市場全体は10%減となるも、iPhone 12シリーズの出荷台数は、発売開始が一か月遅くなったにも関わらずiPhone 11の初年度よりを超える見通しに。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、2020年のグローバルスマートフォン市場は全体で10%減になると予測される一方、Appleの販売量は前年同期比4%増加するだろうという調査結果を含むCounterpoint Market Outlookによる最新調査を発表致しました。
Appleは2020年10月13日にiPhoneの新機種を発表しました。これら新機種により、市場全体の5G普及にも大きく弾みがつくと同時に、Appleにとっても大量の買い替え需要を喚起すると予測されます。

Appleの2020年の販売に関して、カウンターポイント社リサーチディレクターのTom Kang氏は下記の通り述べています。
「Appleはグローバルのスマートフォン市場の平均を上回る素晴らしい業績をあげた。COVID-19で業界全体が低迷した2020年第2四半期も、タイミング良く発売されたiPhone SE(第2世代)によってAppleは助けられた。この機種は、$399米ドルという、iPhoneにとって新たな低価格帯ラインを作った。そのおかげで、COVID-19が世界的に最悪の状況だった月とロックダウン期間を、Appleはうまく乗り切ることができた。加えて、iPhone 11シリーズの人気はとても根強く、新機種発売の間際だというのに、未だに毎週100万台以上が売れている。市場全体がまだマイナス成長から脱していないなか、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11は第3四半期も同社の好調を支えた。」

Appleの四半期ごとの成長率とスマートフォン市場全体の成長率の比較

出典: カウンターポイント社

COVID-19は2020年のスマートフォン市場を直撃しましたが、市場の一部は、オンライン(ネット販売)でコロナウイルスの流行で利益を得たなど、そのダメージを抑えることができた部分もあります。Appleは、各先進国市場のオンライン販売において支配的な強さを示しました(※1)。また、第2四半期通期のコロナウイルス流行下においても、Appleの高級機セグメントの下げ幅は少なく、市場全体が23%縮小した中、Appleの高級機セグメントはわずか8%の縮小で留まりました(※2)。その結果、Appleは高級機市場で最大のプレイヤーであるというポジションは、今回も揺るぎませんでした。カウンターポイント社は、Appleは平均成長率を超える業績を今年達成するだろうと予測しています。
iPhone 7とiPhone 11シリーズは、その発売時期に大量の買い替え需要を喚起しました。その一方で、iPhone 8やXRシリーズは、発売されたタイミングに買い換えサイクルが延びてしまったこともあり、それほどの買い替え需要喚起へ繋がりませんでした。その証拠は数字としても結果が出ており、iPhone 11シリーズが発売された2019年9 - 12月にAppleは前年同期比で成長を遂げましたが、それは、iPhone 7が発売された2016年の9 - 12月振りの前年同期比での成長となりました。Counterpoint Market Outlookの予測によれば、今回の発売により、Appleの2020年10 - 12月の売上はiPhone 11シリーズ販売開始の9 - 12月の売上を1%上回るとカウンターポイント社は予測しています。この1%の上回りは、Apple新製品の発売が遅れ、新製品による売上分が2020年9月はゼロとなり、10月中の大半の機会を失ったにも関わらずの数字となるだろうと予測しています。

新型iPhone (9 – 12月)出荷台数のローンチ時のパフォーマンス

出典: カウンターポイント社

カウンターポイント社リサーチディレクターのJeff Fieldhack氏は下記の通り述べています。
「5G対応機種が出るまで買い控えていたiOS利用者で、かなりの需要が積みあがっている。ディスプレイサイズや価格の選択肢が増えたことも、販売を後押しするだろう。世界中で携帯キャリア各社が、この新機種投入を機にiOS利用者を自社の5Gサービスに引き込もうと必死になることも、Appleにとって追い風となる。5Gサービスが始まった国々では、キャリア各社は、先行投資をして、まだLTEを使っているiOS利用者に、自社が保有するガラガラの5G網に乗り換えてもらいたい。5Gが展開されている国での大々的なプロモーションにそれが表れている。米国では、ここ数年でもっとも激しいマーケティング合戦が展開される見込みであり、これはAppleにとって有利に働くだろう。また、欧州のキャリアも同様にマーケティング活動の度合いを高めるだろう。だが、中国ではそこまで積極的なプロモーションが展開されないと予測される。」


【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Counterpoint Technology Market Research Limited >
  3. Apple、2020年グローバルスマートフォン市場を独走。iPhone新機種で第4四半期に大きな買い替え需要を喚起。