モダン・アジアン・レストラン「Longrain TOKYO」から一度見たら忘れられない色鮮やかな青いご飯を使ったヘルシーなライスサラダ「カオヤム」を新定番メニューとして3月6日(土)から提供スタート!

恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に店を構えるモダン・アジアン・レストラン「Longrain TOKYO(ロングレイン トーキョー)」では、一度見たら忘れられない色鮮やかな青いご飯を使ったヘルシーなライスサラダ「カオヤム」を3月6日(土)より提供することが決定しました。

タイのライスサラダ「カオヤム」は、カオ=ご飯、ヤム=混ぜるを意味するタイ南部の家庭料理の一つで、見た目のインパクトからは想像できないヘルシーで爽やかな味わいです。
Longrain TOKYOでは旬の食材を使用し季節ごとに具材を変えて提供いたします。印象的な青色をしたご飯は、タイではハーブティーなどで広く親しまれている”バタフライピー”をジャスミンライスと一緒に炊き上げることで色鮮やな青に着色。周りを彩る12種の具材には、しっかりと味付けをされたふっくらジューシーな“サーモンの味噌と山椒のマリネ”をはじめ、香ばしさを加える”干しエビ“や、アジアン特有の甘み付けに”フレッシュパイナップル“、程よい辛味の”チリ“などの他、”赤タマネギのピクルス“で食感のアクセントを加えました。
爽やかな香りが重要なカオヤムに欠かせないフレッシュハーブには、ミントやパクチー、レモングラス、コブミカン、さらに彩りとして菊の花をトッピング。ご飯と混ぜる際にちぎり入れることで、ハーブの香りがふわりとお皿に広がります。
様々な食材をまとめてくれる別添えのオリジナルドレッシングにはアジアン料理で多く用いられるショウガ科の”ガランガル”にニンニク、すりおろしタマネギを合わせました。
食べる直前にたっぷりとライムを絞り、バタフライピーとライムの酸が混ざり合うことでご飯の色味がほんのりピンク色へ変化する様子もお楽しみ下さい。

また、LongrainTOKYOの営業再開にあたり「カオヤム」1皿プレゼントキャンペーンを実施いたします。ランチコースまたは、ディナーコースをご注文いただいたお客様に「カオヤム」を提供いたします。
“spicy(辛さ)、sweet(甘み)、sour(酸味)、salty(塩気)” の4つの味のバランスと、“色彩の美しさ”、“フレッシュなハーブ使い” をコンセプトとしたLongrain TOKYOのヘルシーな新定番メニュー「カオヤム」を恵比寿ガーデンプレイスタワー 39階から一望できる東京の景色とともにご堪能ください。



▼プレスリリースはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d40062-20210225-5919.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トランジットジェネラルオフィス >
  3. モダン・アジアン・レストラン「Longrain TOKYO」から一度見たら忘れられない色鮮やかな青いご飯を使ったヘルシーなライスサラダ「カオヤム」を新定番メニューとして3月6日(土)から提供スタート!