『ヨコハマミライト2020~みらいを照らす、光のまち~』~イルミネーションエリアを一部拡大・変更して今年も開催!~

体感型インタラクティブ・イルミネーションやガラスモザイクアートが光り輝くイルミネーションオブジェも登場全長約1.5km!色とりどりのLEDライトが街全体を彩る横浜最大級のイルミネーション

【開催期間】 2020年11月12日(木)~2021年2月14日(日)
【会場】 横浜駅東口~さくら通りをつなぐ各エリア

ヨコハマミライト実行委員会は、2020年11月12日(木)~2021年2月14日(日)の期間中、冬の横浜・みなとみらいエリアを色鮮やかに彩るイルミネーション『ヨコハマミライト~みらいを照らす、光のまち~』を開催します。


今年は、実施エリアを一部拡大・変更し、「横浜駅東口」から「さくら通り」、「帆船日本丸」までの全長約1.5kmをブルーやシャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトの色とりどりの約50万球のLEDライトが彩ります。

キービジュアルキービジュアル

(10)トレリス「LIGHT OF HOPE」(イメージ)(10)トレリス「LIGHT OF HOPE」(イメージ)

メインコンテンツとして、床面に投影された“希望の星屑”に触れると、イルミネーションが音に合わせて光り輝く体感型インタラクティブ・イルミネーション『LIGHT OF HOPE 〜拡がる希望の光〜』がグランモール公園「美術の広場」に登場するほか、医療従事者をはじめ、コロナ禍で奮闘する人々への感謝の気持ちを込めて、子供達からメッセージを贈るハートフルな企画『Messages from Yokohama Milight children』も実施します。


また、今年は東洋ガラスとコラボレーションし、ガラスびんをアップサイクルさせてつくった美しく安全性の高いガラスのカケラ「ルーピース」を使った、光り輝くイルミネーションオブジェ『ルーピースアート(独自ガラスによるモザイクアート)』が登場。塗り絵ができるガラスびん『コロリアージュボトル』やルーピースによるアクセサリーづくりなどを体験できるワークショップも行います。

さらに、期間中「#ヨコハマミライト」をつけてInstagramに投稿すると、抽選でプレゼントが当たる『Instagram限定 ハッシュタグ投稿キャンペーン』を実施するほか、横浜ハーバーのクリスマスシーズンの夜を楽しめる特別体験型イベント『YOKOHAMAミッドナイトHAR★BAR 2020 CHRISTMAS』の開催にあわせて点灯時間を延長します。

そのほか、みなとみらいエリアにおける観光案内所「TIC(ツーリスト・インフォメーション・センター)」実証実験の一環として、ヨコハマミライトの見所や横浜・みなとみらいエリアの観光スポットをTICスタッフがご案内するオンラインツアー実施など、様々な取り組みで冬の横浜・みなとみらいエリアを一体となって盛り上げます。

今年の冬の思い出づくりに、ヨコハマミライトをぜひお楽しみください。
 

 
  • 開催概要
開催期間:
2020年11月12日(木)~2021年2月14日(日)

点灯時間:
16:00~23:00          
※さくら通りは、22:00まで
※2020年12月5日(土)及び12日(土)は、点灯時間を24:00まで延長予定

開催場所:
「横浜駅東口」から「さくら通り」(はまみらいウォーク、みなとみらい歩道橋、53街区、グランモール公園)、「帆船日本丸」
※一部12月から点灯。
※点灯範囲及び点灯時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

電飾球数:
約50万球(ブルー、シャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイト)

主催:
ヨコハマミライト実行委員会

<構成委員>
一般社団法人横浜みなとみらい21、マークイズみなとみらい、みなとみらい東急スクエア、横浜美術館、MMテラス、リーフみなとみらい、横浜アイマークプレイス、ランドマークプラザ、株式会社横浜スカイビル、横浜新都市センター株式会社

<オブザーバー>
横浜市環境創造局、横浜市文化観光局、株式会社NTTファシリティーズ中央、千歳興産株式会社、日産自動車株式会社、株式会社横浜国際平和会議場、公益財団法人帆船日本丸記念財団

後援:
横浜市都市整備局

特別協力:
横浜⾼速鉄道株式会社

協賛:
東洋ガラス株式会社

※演出内容は、予告なく変更することがあります。
※発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控え下さい。
※マスクの着用、手指の消毒、来場者同士の距離の確保へのご協力をお願い致します。

本事業は、「公益信託みなとみらい21まちづくりトラスト」※の助成を受けて実施します。
※「公益信託みなとみらい21まちづくりトラスト」とは
みなとみらい21地区における、様々な主体の創意工夫による自主的なまちづくり活動を積極的に支援するため設立。助成を行うことにより、みなとみらい21地区の振興と活性化を図り、活き活きと活動できる国際色あふれる街の創造に寄与することを目的とするものです。

 
  • イルミネーション実施エリアマップ

※エリアによりイルミネーション開催日程・点灯時間が異なる場合があります。予めご了承下さい。
 
  •  コンテンツ

​■体感型インタラクティブ・イルミネーション『LIGHT OF HOPE -拡がる希望の光-』

グランモール公園「美術の広場」にあるトレリス(パーゴラ)の床面に投影された雪の結晶のかたちの“希望の星屑”に触れると、星屑が放射状に拡散し、イルミネーションが音に合わせて 光輝く体感型のインタラクティブ・イルミネーションを実施。光に包まれたトレリス(パーゴラ)は、希望溢れる未来を象徴し、ニューノーマルな生活に向け、様々な不安を抱いている人々に、希望の光を届けます。
【実施時間】16:00~21:00(予定)
【実施場所】グランモール公園「美術の広場」(トレリス)

(10)トレリス「LIGHT OF HOPE」(イメージ)(10)トレリス「LIGHT OF HOPE」(イメージ)


■コロナ禍で奮闘する人たちへの感謝と、未来への希望のメッセージを
ヨコハマミライトの子供達から『Messages from Yokohama Milight children』

みなとみらい本町小学校の協力を得て、医療従事者をはじめとした、コロナ禍で奮闘する人々への感謝の気持ちや、未来への希望のメッセージを全校生徒から集めました。そのあたたかく、希望に溢れるメッセージをHPで公開いたします。


■抽選で素敵なプレゼントが当たる!『Instagram限定 ハッシュタグ投稿キャンペーン』
開催期間中、イベント公式インスタグラムをフォローして、みなとみらいエリアのイルミネーションを撮影した写真と「#ヨコハマミライト」をつけて投稿いただくと、嬉しいプレゼントが当たるハッシュタグキャンペーンを実施します。
※詳細は公式サイト(https://ymm21-illumination.jp/)にて順次発表します。

■光り輝く“ヨコハマ”と“ヨコハマミライト”の『ルーピースアート(ガラスモザイクアート)』
期間中、東洋ガラスとのコラボレーションによる、ガラスびんをアップサイクルさせてつくった美しく安全性の高いガラスのカケラ「ルーピース」を使った、光り輝くイルミネーションオブジェ『ルーピースアート(独自ガラスによるモザイクアート)』が登場。塗り絵ができるガラスびん『コロリアージュボトル』やルーピースによるアクセサリーづくりなどを体験できるワークショップも行います。
【ルーピースアート設置場所】ヨーヨー広場


■イルミネーションで色鮮やかに彩られた横浜ハーバーの夜を楽しめる特別体験型イベント
『YOKOHAMAミッドナイトHAR★BAR 2020 CHRISTMAS』

クルーズ・オープントップバス・大観覧車が営業時間を延長した特別プログラムで運行するほか、ヨコハマミライトと連携し、12月5日(土)と12月12日(土)の2日間限定でイルミネーションを24:00まで延長。さらに今年は、クルーズのオープンデッキや商業施設、駅など、音楽ライブを楽しめるスポットを拡大し、夜の街中のあちらこちらで音楽を楽しむことができます。
【開催日】2020年12月5日(土)・12日(土)
【開催時間】19:00~24:00
【会場】横浜みなとみらい21地区を中心とした横浜都心臨海部
【企画総合プロデュース】ぴあ株式会社


 ■時間帯によって様々な色に変化!横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンの新イルミネーション
横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンでは、「ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION- 」と連携し、今年はシースルーエレベーターやドックヤードの壁面、ブリッジ部分等に冬季限定イルミネーションを実施。時間帯によって様々な色に変化します。

 

(14)横浜ランドマークタワードックヤードガーデン(14)横浜ランドマークタワードックヤードガーデン

  • <ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION- について>

    横浜らしさを作り上げてきた「ひと・もの・文化の交差(CROSS)」を演出コンセプトに、 横浜みなとみらいの街全体の光が、場所と人を交差して織りなす、街全体を舞台にしたパノラマイルミネーションです。
    メイン会場となる新港中央広広場では、植物や木々と一体となった幻想的な光たちが照らす、心地よい光の広場を歩く「NIGHT WALKING」が体験できます。「NIGHT VIEWING」では、広場と周辺エリアで5分間のダイナミックな光と音の演出を行います。
    ヨコハマミライトもパートナーシップ事業として参加し、新港地区とシンクロしながら横浜の夜を光で包みます。
    公式サイト︓ https://yorunoyo.yokohama/
 
 
  • イルミネーション一例
​※掲載画像は過去実施画像を含む本年度の参考イメージとなります。

 

 

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱地所プロパティマネジメント株式会社 >
  3. 『ヨコハマミライト2020~みらいを照らす、光のまち~』~イルミネーションエリアを一部拡大・変更して今年も開催!~