プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

エボラニ株式会社
会社概要

【機能アップデート】お客さまからの質問を一覧表示 小さなお店でもコールセンター並みのQ&A分析を可能にします

LINEマーケティングツールの「anybot」(エニーボット)、ユーザーからの質問と回答をまとめて表示する機能を追加。サービス改善のほか、回答精度を向上させるべき項目に優先度をつけられます。

エボラニ

エボラニ株式会社が提供するLINEマーケティングツール「anybot」は2024年1月、ユーザーからの質問と回答をまとめて表示する機能を追加しました。どんな質問が寄せられ、GPTが何を回答したかを一覧で表示します。よく聞かれる質問や正答率、よく質問される時間帯など、コールセンターを持つ大規模のビジネスしかできなかった統計も可能です。ユーザーが何に関心を持っているのか、どんな時間帯に情報を提供すると効果的なのかなどのマーケティングにお役立てください。

開発の背景

anybotで質問された内容に対し、GPT機能が想定した通りの回答をしているか確認する場合、従来はユーザー一人ひとりのチャット履歴を確認するしかありませんでした。

そこで、質問と回答を一覧表示できる機能を実装しました。質問に対してどう回答したか、正しい回答を返した割合はどれくらいなのか、何回利用されたのかなどを確認できるようにしました。

【エボラニ株式会社】anybotの機能アップデート 質問と回答を一覧表示できる機能を実装

アップデートした機能概要

ユーザID、プラットフォーム、ユーザーの質問、GPTの答え、送信時刻を一覧で表示します。また、一覧をCSV形式でダウンロードできます。以下のように活用していただくことを想定しています。

  1. GPTの正答率を集計します。

  2. 間違った回答だけ抽出できます。ChatGPT機能を再度トレーニングし、回答の精度を向上させます。

  3. 質問回数を集計しやすくなるため、活動率などの計測が可能になります。

利用方法

1.「anybotの管理画面」>「APP設定」>「ChatGTP」>「管理」>[ユーザーのQA履歴]

履歴一覧を確認できます。

2.右下の[エクスポート]ボタンをクリックすると履歴一覧をダウンロードします。

本機能の利用例

ユーザーのQ&A履歴表示機能は、例えば以下のようなシーンで活用いただくと便利です。

  1. 質問の傾向分析

    ユーザーからどんな質問をされているかの傾向を分析し、よりよいサービス提供や商品開発の参考にすることができます。

    分析データの活用例として、以下のような施策が考えられます。

    サービス改善

    例えば野菜の特売に関する質問が多い場合、関心が高いと考えられます。特売日のお知らせを目立つところに掲示したり、特売対象の野菜の入荷数を増やしたりする対応につなげます。

    情報の見直し

    ユーザーが理解できていない部分があれば、情報の提供方法を見直します。例えば、ある野菜の名前がよく質問されているとすれば、野菜の写真を売り場に添える、野菜の特徴や調理例、レシピを説明するチラシをつくるなどの施策を考えます。

    FAQの充実

    よくある質問とその回答をまとめたFAQを作成し、ユーザーが自分で情報を探せるようにします。

  2. anybotの改善

    間違った回答だけを抽出すれば、すぐに再トレーニングが必要な項目がわかります。

  3. 時間帯別の利用状況の把握

ユーザーがanybotをどの時間帯に利用しているのかがわかります。質問が多い時間帯を踏まえて情報を配信するなど、ユーザーの活動シーンに合わせたマーケティングができます。

参考記事

アップデート詳細:https://anybot.me/posts/567/

anybot(エニーボット)とは?

https://anybot.me/

エボラニ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:ソウ・ユ)の主要プロダクトで、流通・サービス・小売業などのDXを加速させるマーケティングツールです。LINE、メッセンジャー、メールなど既存のプラットフォームに予約、会員証、EC、決済、クーポンやキャンペーンなどの機能を追加することで、お客さまがより便利にサービスを利用できるようになります。

2023年4月にはanybot for ChatGPTをリリースし、飛躍的に機能が向上しました。リピート促進やロイヤリティ向上などお客さまとの結びつきを強化するほか、業務効率の改善、人手不足対策などの課題解決に貢献しています。

エボラニ株式会社

本社:横浜市港北区
代表取締役:ソウ・ユ

https://evolany.com/?utm_source=prtimes

2018年に創業した横浜のITベンチャー。主要サービスのanybotでお客様の課題を解決し、デジタル化を促進しています。地域活性化やIT人材育成の取り組みにも力を入れており、青森の地域スーパーや、静岡県の高校生のIT教育支援などを通して社会に貢献しています。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://anybot.me/posts/567?utm_source=prtimes
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

エボラニ株式会社

22フォロワー

RSS
URL
https://evolany.com/
業種
情報通信
本社所在地
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20番5号 KDX横浜リバーサイド2階
電話番号
050-5363-3284
代表者名
ソウ・ユ
上場
未上場
資本金
3800万円
設立
2018年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード