【中国地方初】Another worksが広島県熊野町と連携協定を締結。地域資源の活用に関するアイデアを募集する企画提案型の案件も!

複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を展開する株式会社Another works(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大林 尚朝)は、2021年10月12日、広島県熊野町と連携協定を締結し、行政に複業人材を登用する実証実験を開始しました。あわせて本日より複業人材の募集を「まちの魅力づくり開発アドバイザー」「SNSマーケティングアドバイザー」「公共施設活用推進アドバイザー」「地域資源活用アドバイザー」の4職種で開始しました。地域資源活用アドバイザーに関しては、実証実験初となる企画提案型でアイデアを公募し、その中から選出します。

Another worksは17例目となる実証実験を成功させ、行政において複業人材登用を推進するリーディングカンパニーとして更なる成長を目指して参ります。

https://special.aw-anotherworks.com/kumano/index.html

  • 実証実験の背景
地方では、東京への一極集中や人口減少・少子高齢化による人手不足が深刻な問題になっています。そこで、弊社が展開する複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を活用し、自治体が抱える課題を解決に導く複業人材とのマッチングからプロジェクト遂行までをサポートしています。

この度実証実験を開始する熊野町では、筆の里工房北側開発においてコンセプト設計から設計費や対象地域の特性を踏まえた建設費などの見積もりなどを含め、基本設計への落とし込みの段階で、専門家の意見を取り入れていく必要があると考え、複業人材の公募に踏み出すこととなりました。
 
  • 実証実験の概要

実証実験では複業クラウドを活用し、「まちの魅力づくり開発アドバイザー」「SNSマーケティングアドバイザー」「公共施設活用推進アドバイザー」「地域資源活用アドバイザー」の4職種で公募します。本プロジェクトでは、オンラインによって定期的な業務を遂行します。

まちの魅力づくり開発アドバイザーは、空洞化が進む中心市街地に点在する歴史的建造物等と連携した町の活性化のために公募します。

SNSマーケティングアドバイザーは、経済産業大臣指定伝統的工芸品の“熊野筆”や“自然” などの熊野町の魅力を発信する力を強化すべく募集します。

公共施設活用推進アドバイザーは、既存公共施設の稼働率向上のために新設の防災施設の利用促進、コミュニティ形成企画を画策しており、幅広い世代に利用してもらえるような施設運営を目指すために公募することとなりました。

また、自治体連携における実証実験初として、企画提案型でアイデアを公募し、その中から地域資源活用アドバイザーを選出します。地域の文化・歴史・生活を伝える貴重な資源を有効活用し、後世に残していきたいという庁内職員の熱い想いから、現在ほとんど使われていない「郷土館」の利活用のアイデアを募集することとなりました。
 
  • 募集職種
・まちの魅力づくり開発アドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/10257
・SNSマーケティングアドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/10259
・公共施設活用推進アドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/10265
・地域資源活用アドバイザー
https://talent.aw-anotherworks.com/projects/10260
応募は複業クラウドにご登録後、エントリーをお願いいたします。
 
  • スケジュール
10月12日  実証実験スタート・公募開始
10月26日  公募終了
11月中旬   内定
12月 業務開始
翌年2月  中間交流会
3月末 業務終了
4月   最終報告会
※実験成果によっては延長あり
 
  • 熊野町長 三村 裕史氏からのメッセージ

熊野町は、広島県西部の高原盆地にある人口が約2万3千人のまちで、それぞれが瀬戸内海に接する広島市、呉市及び東広島市の各都市のほぼ中央に位置します。江戸時代に毛筆製造技術が伝播して以来、180年余りの歴史をもつ熊野筆の製造を産業の基幹とする「筆の都」として知られています。毎年、秋分の日に多くの人出でにぎわう「筆まつり」や筆のミュージアム「筆の里工房」などを通じて、熊野筆や筆文化の魅力を国内外に発信しています。

町政においては、協働で住みよい環境を整備するため、令和2年度に策定した第6次熊野町総合計画の目標の実現に向けて鋭意取り組んでいます。

今回、「実証実験」としてAnother works様と連携協定を締結させていただきました。新しい働き方である「複業人材」の活用という先進的な取り組みを通じて、新たな価値の創造がもたらされることを期待しています。当町の様々な地域課題の解決に力をお貸しいただける皆さまのご応募をお待ちしています。
 
  • 広島県熊野町 概要
自治体名:広島県熊野町
住所:〒731-4292 広島県安芸郡熊野町中溝一丁目1番1号
自治体HP:https://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/index.html
 
  • 自治体連携について
Another worksと連携している自治体との取り組みはこちらからご確認いただけます。
連携希望の地方自治体担当者さまがいれば、気軽にご連絡ください。
https://is.gd/zWPnjS
 
  •  「複業クラウド」とは
「複業クラウド」は、複業したい人と企業をつなぐSaaS型の複業マッチングプラットフォームです。企業は毎月定額料金で求人掲載が可能。登録している全タレントから求める人材を探し、無制限にアプローチできます。採用が実現しても成約手数料は一切かからないため、採用コストが削減できる今までにないサービスです。マッチングデータを分析したAIエージェント「Nico」が採用活動のDXを支援します。

タレントは登録・利用が一切無料で、求人へ直接エントリーが可能。また、企業からのスカウトが届くこともあるので、登録するだけで複業の機会を最大化させることができます。独自の福利厚生「複業手当」を活用し、スキルアップや労働環境のアップデートが可能です。
Webページ:https://aw-anotherworks.com/
iOS:https://apple.co/2ENGtRT
Android:https://bit.ly/3jCOyHP
 
  •  株式会社Another works


「挑戦する全ての人の機会を最大化する」をビジョンに掲げるスタートアップ企業です。2019年9月のサービスリリース以来、一部上場企業からベンチャー企業など、多くの企業に導入されています。導入を検討されている担当者様は、ぜひこちらからお問い合わせください。

社名:株式会社Another works
代表取締役CEO:大林 尚朝
所在地:東京都渋谷区恵比寿2丁目6番26号恵比寿クロスサードB1階
URL:https://anotherworks.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Another works >
  3. 【中国地方初】Another worksが広島県熊野町と連携協定を締結。地域資源の活用に関するアイデアを募集する企画提案型の案件も!