【ナハトマン】 人気シリーズ<ボサノバ>からミニサイズのボウル登場

2018年7月11日(水)発売 <ボサノバ シリーズ> ディップボウル ラウンド

1834年にドイツのバイエルン地方で誕生し、
180年以上もの間、高い技術力を受け継ぐクリスタルウェアブランド、ナハトマン。

2018年7月、ドイツのクリスタルウェアブランド「ナハトマン」を展開するRSN Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウォルフガング・アンギャル)は、ボサノバシリーズの新製品『ディップボウル』を発売いたします。
深さのある楕円形のボウルで持ちやすく、小ぶりでも使い勝手の良いサイズのボウルです。


【商品概要】
発売日: 2018年7月11日(水)
シリーズ名:ボサノバ (BOSSA NOVA)

https://shop.nachtmann.co.jp/products/list.php?category_id=7


『ディップボウル ラウンド (4個入)』
品番: 101322
サイズ: 57mm X 98mm
本体価格 4,000円 (税込価格 4,320円) 
クリスタルガラス製 マシンメイド

副菜の盛り付けや、ソース、ディップソース、麺つゆ、薬味、スパイス、ナッツ、オリーブ、ヨーグルト、フルーツ、お子様のおやつなど、用途は様々。和にも洋にも合わせやすいボウルです。


■取扱い店舗
ナハトマン直営店舗(リーデル直営店内)、ナハトマン公式オンラインショップ、および全国のお取扱い百貨店・専門店
https://www.riedel.co.jp/shops/
※店頭に在庫がない場合もございますので、ご来店前に直接店舗へお問合せください。
 
■ナハトマン公式ブランドサイト
https://www.nachtmann.co.jp

■ナハトマン公式オンラインショップ
https://shop.nachtmann.co.jp

■ナハトマン公式Instagram
https://www.instagram.com/nachtmann_japan/

■ナハトマン(NACHTMANN) について

1834 年にドイツのバイエルン地方で誕生し、180 年以上もの間、その高い技術力を受け継いできたナハトマン


熟練の職人の手による繊細な技術を継承しつつ、一方では最先端のテクノロジーを駆使し、プレートを中心とした様々なガラスウェアを創り出しています。バリエーション豊かな商品構成、またトレンドに敏感なダイナミックでかつ繊細な美しさをもつコンテンポラリーデザインが特徴で、オーガニックシェイプ(ハンドメイドの風合いを感じさせる形状)や深い彫りを実現する型押し技術は、世界的にも高い評価を受けています。

2004年より、オーストリアのワイングラス ブランド「リーデル」グループに入り、
現在日本では「リーデル(RIEDEL)」「シュピゲラウ(SPIEGELAU)」「ナハトマン(NACHTMANN)」それぞれの頭文字をとって名づけられた「RSN Japan株式会社」が、3つのブランドを扱っています。 

・リーデル(RIEDEL) 公式サイト
https://www.riedel.co.jp

・シュピゲラウ(SPIEGELAU)公式サイト
https://www.spiegelau.co.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RSN Japan株式会社 >
  3. 【ナハトマン】 人気シリーズ<ボサノバ>からミニサイズのボウル登場