都道府県、広域DMOでは弊社初の大規模タイアップ!

「深堀発見・コンテンツ」で地域ブランドの創造へ

株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓)がLINE株式会社と共同運営する国内最大級の総合旅行情報メディア『LINEトラベルjp(web版)』では、2019年3月26日(火)より一般社団法人岐阜観光連盟(会長:岸野吉晃)と、3月28日(木)からは公益財団法人群馬県観光物産国際協会(理事長:市川捷次)と都道府県、地域連携DMO(※1)としては自社初の取組みとなるトラベルナビゲーターを起用した現地密着型取材記事を取り入れた観光誘致を強化致します。

(注釈1)DMOとは、観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人のこと。 Destination Management Organization(デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)の頭文字の略。


岐阜県では、世界遺産白川郷、飛騨高山、下呂温泉などの日本を代表する観光地を有するほか、近年では、モネの池、天空の茶畑などのインスタ映え、映画「君の名は」、連続テレビ小説「半分、青い。」のロケ地などで注目を集めています。加えて、来年以降は、同県にゆかりのある戦国武将明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の1月放送開始、420年目の節目にオープンする「岐阜関ケ原古戦場記念館」などが控えています。
そこで、昨年12月に日本版DMO候補法人に登録された岐阜県観光連盟では、県内への更なる誘客に向けた魅力発信と現地誘客の強化を最優先課題の1つとしておりました。


当社の厳しい審査と面接を経て採用された500名を超えるトラベルナビゲーター(トラベルライター)は「パンダスポット探検家」や「ぼっち旅ライター」などユニークな肩書を持ち、説得力かつストーリー性のある記事で「人を旅に動かす」ことを解決課題としています。「コト消費」と言われる今、表面的な観光だけではなく、「そこで何を経験できるか」、現地体験や交流を深堀して伝えることで県内宿泊を喚起するとともに、「情報発信→現地送客」の新たな連携の仕組みの構築に携わることで、地域ブランドの創造を県・DMOと一丸となって進めていきます。

 

今回、新設した特集ページでは岐阜にまつわる 旅行記事を「話題のスポット」、「歴史・文化」、「グルメ」、「アクティビティー」、「自然」の5つのカテゴリー分け、約300記事を集約した特集ページを新設致します。群馬も同様に大地から「湧く」、草津、伊香保、四万、水上の四大温泉や、コバルトブルーのダム湖など豊かな自然を活用した感動アクティビティーにフォーカスを当て、臨場感ある写真と併せてご紹介しました。

 




それぞれの記事は旅行商品比較(メタサーチ)と連動し、現地の最安値を表示。記事で獲得した興味関心を、そのまま商品販売需要に落とし込み、現地誘客を図ります。
 




■群馬県観光物産国際協会 天田 亮介様のコメント
「知名度が高いインフルエンサーに頼るのではなく、読者に寄り沿い本当に必要な情報を訴えかけるのがLINEトラベルjpのナビゲーターです。旅行先に関する情報が溢れる昨今ですが、彼らの記事は旅行者目線で、かつ自身のシチュエーションに置き換えやすい情報だと考えています。今回の企画をご覧になった多くのユーザーに群馬の魅力を存分にお楽しみ頂けることを期待しています。」


 ■各都道府県・DMO特集ページサイトURL

岐阜県:https://www.travel.co.jp/special/dom/gifu/


<LINEトラベルjp について>

ベンチャーリパブリックとLINEが共同運営する『LINEトラベルjp』は、国内および海外旅行の情報を専門に扱い、月間訪問数2,000万を誇る国内最大級の総合旅行情報メディアです。大手旅行会社を含む約250社が販売する厳選された110万件を超える格安航空券、国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができるほか、国内外に在籍する500名を超える旅の専門家が教える『LINEトラベルjp 旅行ガイド』では、現地の様々な観光・地域・文化・アクティビティーなど、旅先の新たな魅力を発掘・発信しています。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベンチャーリパブリック >
  3. 都道府県、広域DMOでは弊社初の大規模タイアップ!