【日本一の星空】長野県阿智村 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 in 阿智-日本一の星空映画祭- 上映作品、オープニングセレモニーゲスト決定!

2019.7.20(SAT)~7.28(SUN)の期間 オープニングセレモニーは7.20(SAT)、7.21(SUN)

日本一の星空「長野県阿智村」の、天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場の富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらと、日本一の星空浪合パークの2か所にて、2019年7月20日(土)から7月28日(日)までの期間中、開催される、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 in 阿智-日本一の星空映画祭-(主催:スタービレッジ阿智誘客促進協議会)の上映作品が決定しました。
併せて、7月20日(土)、7月21日(日)に、天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場の富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらで開催されるオープニングセレモニーゲストが決定しました。

満天の星空と、上質な映画を楽しめる本イベントでは、6月16日(日)、東京・明治神宮会館で行われた、米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』(SSFF&ASIA)のアワードセレモニーで発表された、「ジョージ・ルーカス アワード グランプリ」のツェンファン・ヤン監督の『見下ろすとそこに』をはじめ、受賞作品、さらには、阿智村開催にちなんだ星空や宇宙に、環境問題をテーマとした作品が上映されます。

7月20日(土)、7月21日(日)に、天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場の富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらで開催されるオープニングセレモニーには、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア代表の別所哲也さんをはじめ、ショートフィルム監督、俳優、女優、多くのゲストが登壇します。

※全てのイベント、上映作品などの情報は変更の可能性があります。
 
  • 【7月20日、7月21日 オープニングセレモニー上映作品】

『ノヴェラ ピカレスカ』 尺=24:58
7/20(土)、7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト、広澤草氏出演&倉田健次監督作品

「悪い子になりたい」そんな想いを抱えて古本屋に閉じ込められてきた店主ヨーコは、心惹かれた小説家の一言から無知で無垢な犯罪を計画する。それは悲喜交々の人生への「悪戯」のような日々となっていく。
監督・脚本 倉田健次
出演 広澤草、結城貴史、杉本ミホ、YOUNGBO(Naughty Boys)、CHOI YONA、大宮将司、Choco、小松希寧
 

『遠い時間、月の明かり』 尺=12:17
7/20(土)のオープニングセレモニーゲスト、本仮屋ユイカ氏出演作品

偶然にも日本の北と南で、同日同時刻に生まれた男女がいた。二人は互いの誕生日に交通事故によって出会った。偶然を運命と感じたのか、二人は愛し合ったが、突然の別れが訪れた。これは同時に産声をあげ、同時に一生を終えた男女の物語。
監督 岸本司
出演 本仮屋ユイカ、尚玄、嘉人、モコ(アイモコ)、ナレーション:鈴華ゆう子(和楽器バンド)、他
 

『王様の選択』 尺=20:52
7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト、金井勇太氏出演&新谷寛行監督作品

軽いノリで市長になってしまった主人公、大野は有名ファッションデザイナーによる市のハッピお披露目会にゲストとして招かれる。しかし用意されたハッピは誰の目にも見えず….。「裸の王様」をリメイクした本作は人間の恥じらいや見栄、滑稽さを包み込む『優しさ』を強く描きだす作品である。
監督 新谷寛行
出演 柄本時生、桜井ユキ、金井勇太、落合モトキ、岩佐真悠子(特別出演)、矢柴俊博、他
 

『箒』 尺=14:07
7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト、川島海荷氏出演&古波津陽監督作品

子どもの頃からうまくいかない父と娘。妊娠の報告のため帰省した娘に母は喜ぶも、父は素っ気ない態度をとってしまう。そして翌朝、娘の枕元には見慣れない箒が立てかけられていた。これは一本の箒を通して、心を通わせていく家族の愛の物語。
監督 古波津陽
出演 川島海荷、阿南健治、金沢雅美、山城紗羅
 
  • 【期間中上映作品】

『見下ろすとそこに』 尺=10:15
ジョージ・ルーカス アワード(グランプリ)&アジア インターナショナル部門優秀賞 / 東京都知事賞
階下からの騒音が穏やかな夜を一変させる。冷酷で無関心な住民もいれば、迷惑そうな住民もいる。人も反応は実に様々だ。
監督 Zhengfan Yang
制作国 中国、フランス
 

『デルージ』 尺=02:04
U-25 プロジェクト supported by 日本セーフティ―優秀賞
汚れた人間たちに怒った神は、世界を一掃しようとお風呂に入ることにする。ノアと家族と動物たちは神様の起こす波にもまれながらも、必死に生き残る。
ベンジャミン・ブリテンのオペラ『ノアの洪水』をオマージュしたアニメーション。
監督 原清楓
制作国 イギリス
 

『ホセのトーキョー夢物語』 尺=15:09
SNSインフルエンサー、アレックスの番組アシスタントの仕事で初来日したメキシコ人の青年ホセ。アレックスの無茶な要求に奮闘しながら東京の街を駆け巡ったホセは、夢のような体験をすることに──
監督 田中希美絵
制作国 日本
 

『観覧車』 尺=12:55
CG アニメーション部門優秀賞
観覧車の絵を描いたり作ることが好きな少年が、彼の人生を一変させる奇妙な生き物と出会う。
監督 Carlos Baena
制作国 スペイン
 

『ドゥルセ』 尺=10:30
ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社優秀賞
コロンビアの海岸沿いの村で自分の娘に泳ぎを教える母。泳ぐことを覚えれば、村の娘たちとマングローブの沼で貝を収穫することもできる。
監督 Angello Faccini & Guille Isa
制作国 アメリカ

セレモニー上映作品、受賞作品など、全75作品を期間中上映します。
  • 【オープニングセレモニー ゲスト】

7/20(土)、7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
別所哲也
90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍し、第1回岩谷時子賞奨励賞、第63回横浜文化賞を受賞。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁文化発信部門長官表彰を受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出。
 

7/20(土)、7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
倉田健次監督
岐阜県高山市出身。映画監督
シナリオライター 小説家 アクティングトレーナー
次世代を担う映像作家の発掘支援、映像文化への貢献の為、全世界から受賞者が選出される「サンダンス・ NHK 国際映像作家賞」にて『彼女の Speed 』グランプリ受賞。『ピカレスカ~ NovelaPicaresca ~』 、 『 EVERYTIME WE SAY GOODBYE 』では多くの海外映画祭にてグランプリを獲得 し 、国内外の国際映画祭にて 2 3冠を受賞。近年では連続 テレビ ドラマ『ふたりモノローグ』主演 :福原遥 柳美稀 山本彩 他 シリーズ 全話の監督 脚本を担当 し好評を博す 。 新作『さよならドロシー』 出演 中島琴音 水野美紀 石倉三郎 他 が完成し、 国際映画祭出品予定。 原作 脚本作品として『 Bad Moon Rising 』 主演 菅田俊 、『君がいなくちゃだめなんだ』 主演 花澤香菜等 。
 

7/20(土)、7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
広澤草
1979年12月25日、愛知県生まれ。映像、舞台で幅広く活躍。韓国語を学び、13年に韓国映画『고양이소녀 コヤンイソニョ』に主演。主な出演作は、映画『つむぐもの』(16/犬童一利監督)、『ちょき』(16/金井純一監督)、『ママ、ごはんまだ』(17/白羽弥仁監督)、『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(17/滝田洋二郎監督)、『風の色』(18/クァク・ジェヨン監督)『On the Road~カオサンタンゴ~』(18/キム・ボンサム監督)、ドラマ「電影少女 VIDEO GIRL MAI 2019」(19/TX)、舞台『No.9-不滅の旋律-』(15・18~19/白井晃演出)、『あんちゃん』(17/田村孝裕)など。公開待機作に『ゴーストマスク~傷~』(19・9/曽根剛監督)がある。
 

7/20(土)のオープニングセレモニーゲスト
本仮屋ユイカ
1987年9月8日生まれ。東京都出身。2001年に『3年B組金八先生』(TBS)で注目され、2005年にはNHK連続テレビ小説『ファイト』(NHK)でヒロインを演じた。主な出演作は映画『スウィングガールズ』(04)、『ワイルド7』(11)、『僕等がいた』(12)、『ピーチガール』(17)、ドラマ『そこをなんとか』(12、,『民王』(15)、『さくらの親子丼』(17)、「Love or Not」(17)など。またTBS系『王様のブランチ』ではMCも務めた他、バラエティ番組や舞台、ナレーション等広い分野で活動している。現在はパーソナリティを務める東京FM「三菱地所レジデンスSpakleLife」が毎週土曜18時30分~放送中。
 

7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
古波津陽監督
1973年東京生まれ。日本映画学校中退後、グラフィックデザイナー、ショートフィルム製作を経て2009年に段ボールで25mの城を建てる戦国武将の物語「築城せよ!」(主演:片岡愛之助)で長編劇場映画デビュー。
密室スリラーの「JUDGE」から、「beポンキッキーズ」などの子供番組、長編ドキュメンタリーやホームドラマ、イリュージョンまで、ジャンルを超えて作品を生み出している。
ウェブサイト:http://no-work.com
 

7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
川島海荷
女優2006年、『誰よりもママを愛す』(TBS)で子役デビュー。また『カルピスウォーター』『イオン銀行』『あんず油』『マクドナルド』のCMでも活躍するなど、子役から女優へと躍進。2009年の『アイシテル~海容~』(日本テレビ)では、板谷由夏の娘役を熱演して、『東京国際フェスティバル東京ドラマアウォード2009』で新人賞を受賞。2016年10月から『ZIP!』(日本テレビ)の総合司会に就任し、2019年3月に卒業!総合司会を務めながら、ドラマ「バイプレーヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(日本テレビ)、「GIVER 復讐の贈与者」(テレビ東京)、「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ)に出演し、多方面に出演し、マルチに活躍!!
 

7/21(日)のオープニングセレモニーゲスト
金井勇太
1985年4月24日生まれ、東京都出身。映画『ズッコケ三人組~怪盗Ⅹ物語~』(98/鹿島勤監督)の一般公募オーディションに合格しデビュー。00年には、山田洋次監督の『学校』シリーズ4作目にあたる映画『十五才 学校Ⅳ』の主役に抜擢され、第24回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか数々の賞を受賞。
近年の主な映画出演作は、『69 sixty nine』(04/李相日監督)、『北の零年』(05/行定勲監督)、『夕凪の街 桜の国』(07/佐々部清監督)、『イキガミ』(08/瀧本智行監督)、『告白』(10/中島哲也監督)、『ハナミズキ』(10/土井裕泰監督)、『君に届け』(10/熊澤尚人監督)、『東京難民』(14/佐々部清監督)、『64-ロクヨン‐前編/後編』(16/瀬々敬久監督)、主演作『ジョニーの休日』(17/新谷寛行監督)。現在『空母いぶき』(若松節郎監督)が公開中。

7/21(日)、『王様の選択』新谷寛行監督も登壇します。
 
  • 【開催概要】
開催名   ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 in 阿智 -日本一の星空映画祭-
      (SSFF & ASIA 2019 in ACHI -日本一の星空映画祭-)
開催日程  2019年7月20日(土)~7月28日(日) 9日間
開催時間  会場によって上映時間が異なります
開催場所  ①天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場
      富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはら 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
      ②日本一の星空浪合パーク会場
      〒395-0501 長野県下伊那郡阿智村浪合1192-356
料金    会場によって料金が異なります
主催    スタービレッジ阿智誘客促進協議会
企画・統括 ショートショート実行委員会
お問合せ  阿智☆昼神観光局 0265-43-3001
WEBサイト http://info.sva.jp/shortshorts/
  • 【天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場 概要】
開催日程  2019年7月20日(土)~7月28日(日) 9日間
      ※7/20(土)・7/21(日)の2日間は日本一の星空映画祭オープニング特別営業日となります。
開催時間  1部 
      17:30~19:30 上りゴンドラ運行
      20:00~20:30 映画上映・星空観賞
      20:30~ 下りゴンドラ運行
      2部
      21:00~22:00 上りゴンドラ運行
      22:30~23:00 映画上映・星空観賞
      23:00~ 下りゴンドラ運行
      ※7/20(土)・7/21(日)の2日間は特別営業時間となります。
会場    富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはら 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
料金    1部 大人高校生2,800円~ 小中学生1,400円~ 幼児無料  ※ゴンドラ乗車料金含む
      2部 大人高校生2,400円~ 小中学生1,200円~ 幼児無料  ※ゴンドラ乗車料金含む
  • 【オープニングセレモニー 概要】
開催日程  2019年7月20日(土)・7月21日(日) 2日間
開催時間  17:30~19:30 上りゴンドラ運行
      20:00~ 日本一の星空映画祭オープニングセレモニー
      オープニングセレモニーに続き、映画上映・星空観賞
      23:00終了
開催場所  天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場
      富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはら 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
料金    大人高校生3,500円 小中学生1,750円 幼児無料  ※ゴンドラ乗車料金含む
主催    スタービレッジ阿智誘客促進協議会
企画・統括 ショートショート実行委員会
お問合せ  阿智☆昼神観光局 0265-43-3001
WEBサイト http://info.sva.jp/shortshorts/
  • 【日本一の星空浪合パーク会場 概要】
開催日程  2019年7月20日(土)~7月28日(日) 9日間
開催時間  7/20(土) ・ 7/21(日) 13:00 ~ 18:30
      7/22(月) ~ 7/28(日) 13:00 ~ 19:30
会場    日本一の星空浪合パーク 〒395-0501 長野県下伊那郡阿智村浪合1192-356
料金    A.13:00~19:30の映画鑑賞チケット 500円
      B.日本一の星空映画祭 浪合プレミアムナイト チケット (映画鑑賞+星空観賞)1,800 円

 

【SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA】
米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優 別所哲也が、米国で出会った「ショートフィルム」を、新しい映像ジャンルとして日本に紹介したいとの想いから1999年に創立。2001年には名称を「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」とし、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されました。また同年、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とし、同年に「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が誕生しました。現在は 「SSFF & ASIA」を総称として映画祭を開催しています。2018年度の来場者数は、22,301人。また、2018年に映画祭が20周年を迎えたことを記念し、グランプリ作品はジョージ・ルーカス監督(『スター・ウォーズ』)の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となりました。 2019年1月には、20周年の記念イベントとして「ショートショート フィルムフェスティバル in ハリウッド」が行われ、2001年にSSFFで観客賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督(『マイレージ、マイライフ』)に、SSFF & ASIAから名誉賞が贈られました。SSFF & ASIAはこれからも若きクリエイターを応援します。
 

 【長野県阿智村】
阿智村は、長野県の南端にあり、「昼神温泉」と「花桃の里」で知られる、山あいの静かな村です。昭和48年に湧出した昼神温泉は「アルカリ性単純硫黄泉」pH=9.7のとろっとした滑らかなお湯はまるであたたかな化粧水に浸かっている様。つるつるすべすべの肌触りになることから 『美肌の湯』 とも呼ばれています。また、阿智村は環境省が実施した全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)に認定されています。
 

 【スタービレッジ阿智誘客促進協議会】
環境省の実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)に認定された阿智村の星空。この「日本一の星空」を地域活性、観光活性に活かし、誘客促進することを目的に2012年に設立。2012年8月1日より「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」を開催。2014年10月18日より「雲海&星空 天空の楽園 雲海Harbor」を開催。2016年12月3日より「天空の楽園 Winter Night Tour」を開催。2019年1月末迄でイベント累計60万人以上が来場。

2015年~2018年 「ジャパン・ツーリズム・アワード」国内・訪日領域地域マネジメント部門賞 4年連続受賞
2015年 「信州ブランドアワード」長野県知事賞受賞
2017年 「ふるさとイベント大賞」優秀賞受賞
2017年 天空の楽園 日本一の星空ナイトツアーが「2017年度グッドデザイン賞」受賞
2017年 「第29回星空の街・あおぞらの街」環境大臣賞受賞
 

【天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー】
自然豊かな信州阿智村にある富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら。全長2,500m、高低差600m所要時間約15分のロープウェイで標高1,400m地点まで星空遊覧をお楽しみ頂きます。街の光が届かない山頂では合図と共に、設置された照明が一斉に消灯いたします。すると手が届きそうな無数の星々が輝き街中では決して見ることができない光景が広がります。
■天空の楽園 WEBサイト http://sva.jp/
 
【日本一の星空 浪合パーク】
昨年、7月7日にオープンした「日本一の星空 浪合パーク」は、標高1,200mの山間に位置し、星空観賞をお楽しみいただける施設です。環境省が実施する全国星空継続観察で、星が最も輝いて観える場所に選ばれた聖地で美しい星空をお楽しみいただけます。パーク内には、星空観賞会、各種イベントを行う芝生の広場、安全、快適に星空撮影、天体観測が出来るプライベートデッキ、展示会やワークショップを行うホール、より快適に星空観賞を行う為のグッズを揃えた、ショップとレンタルショップを完備しています。
■浪合パーク WEBサイト https://namiai-park.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阿智☆昼神観光局 >
  3. 【日本一の星空】長野県阿智村 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 in 阿智-日本一の星空映画祭- 上映作品、オープニングセレモニーゲスト決定!