スポーツを通じ東北の街や地域に「元気」を届けるイベント『WAKU!WAKU!』で第一園芸がフラワーオブジェや参加者へのプレゼントを制作

2011年度生まれの子どもたちと一緒に完成させる虹色のオブジェスポーツを通じ東北の街や地域に「元気」を届けるイベント

花と緑に関する事業を展開する第一園芸株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:伊藤昇、三井不動産グループ)は、三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)と株式会社河北新報社営業局(宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)が、3月9日(火)に「三井不動産SPORTS LINK CITY FUN-TE!」にて共同で実施したイベント「WAKU!WAKU!2021」にて、参加した子どもたちと一緒に完成させるフラワーオブジェや参加者へのプレゼントの制作に協力しました。

本イベントは「三井不動産SPORTS LINK FUN-TE!」のオープン3周年記念と、河北新報の東日本大震災復興支援活動「今できることプロジェクト」の一環として、未来を担う子どもたちに思い切りスポーツを楽しんでいただき、街や地域の「元気」を繋げていくことを目的に行なわれました。イベントでは、2011年度生まれの仙台市の小学生約70名に向けて、東北出身の2名のゲスト講師がアイススケートとサッカーの教室の講師を務めました。
※イベントは、ソーシャルディスタンスを確保し、消毒やマスク着用を徹底した上で実施いたしました。

■子どもたちの手で完成させた「みんなで架ける希望の虹」
東日本大震災から10年経った今、あらためて「未来への希望をこの虹に託す」という意味を込め、7色のアーティフィシャルフラワー(造花)を使用したフラワーオブジェを用意。最後に、代表の子どもたちに未来への希望を込めて花を挿してもらい、華やかな虹のオブジェが完成しました。


■東北出身の2名のゲスト講師へ、感謝の気持ちを伝える花束を制作
イベント当日、子どもたちが楽しんだアイススケートとサッカーの教室では、地元・仙台出身の現役フィギュアスケート選手の本郷理華さんと、同じく東北(山形県山形市)出身でベガルタ仙台で活躍されたサッカー選手の菅井直樹さんがゲスト講師を務めました。第一園芸では、閉会式で子どもたちから講師へ感謝の気持ちを込めて贈られた花束制作を担当しました。


本郷理華さんには、大会で着用していた赤い衣装をイメージした濃いピンク色のブーケ、菅井直樹さんには、ベガルタ仙台のチームカラーの黄色をアクセントカラーで入れた紫色のブーケを制作しました。どちらもスイートピーやラナンキュラスなど、春の香りの良い花を使った今の季節ならではのブーケです。

■1日の思い出を持ち帰る「バルーンフラワー」をプレゼント!
第一園芸からは、色とりどりの花を1輪ずつ封入して作ったオリジナルの「バルーンフラワー」を参加者にプレゼント。子どもでも持ちやすい形の「バルーンフラワー」は、風船内の空気と水分が循環し、そのままでも1週間ほど花を楽しむことができます。自宅で花を眺めながら、楽しかった1日を思い出してもらえる記念品です。


<デザイン・制作担当 山口恵津子のコメント>


オブジェは「希望の虹」のテーマに沿って、明るく元気なビビッドカラーで仕上げました。お花の名前がわからない子どもにも興味を持ってもらえるように、イチゴや青リンゴなどのフルーツも入れてみたところ、みんな触りながら楽しんでくれました。
開会式で子どもたちに挿してもらった7色の大輪の花は、あらかじめ挿してあるものの中には入れていないので、自分が挿したものがどれか分かるようになっています。枯れないお花でお作りしておりますので、楽しかった思い出を家族やお友達、地域の方に共有しながら、長く愛していただければ嬉しく思います。

【イベント概要】
日時:2021年3月9日(火)9:30~15:30
会場:三井不動産SPORTS LINK CITY FUN-TE!
共催:三井不動産株式会社・株式会社河北新報社 営業局
後援:仙台市、仙台市教育委員会、公益財団法人仙台市スポーツ振興事業団、仙台市スポーツ協会、宮城県スケート連盟、株式会社ベガルタ仙台、東北放送、ミヤギテレビ、東日本放送、仙台放送
協力:株式会社加藤商会、MIFA Football Park仙台、WILD BEACH仙台、スポーツコミッションせんだい、一般社団法人solufaction、第一園芸株式会社
WEB:https://fun-te.com/

■今できることプロジェクト
河北新報社が2012年秋に立ち上げた、被災地を想い、寄り添い、震災を風化させないよう様々な取り組みを行なっていくプロジェクト。
ひとりひとりが自分にできることを考え、無理しないで続けること。ひとつひとつは小さな支援でも、多くの人により積み重なり、長い時間が継続すれば、それはとても大きな力となります。
あなたの「今できること」を探してみませんか?
WEB:https://www.kahoku.co.jp/imadeki/index.html

■第一園芸株式会社 概要
所在地:東京都品川区勝島1丁目5番21号 三井物産グローバルロジスティクス勝島20号館
代表者:代表取締役社長 伊藤昇
創業:1898年(設立1951年)
資本金:4億8千万円
株主:三井不動産株式会社(100%)
URL: https://www.daiichi-engei.jp/

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、つまりESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。

※本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)の目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献しています。


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 第一園芸株式会社 >
  3. スポーツを通じ東北の街や地域に「元気」を届けるイベント『WAKU!WAKU!』で第一園芸がフラワーオブジェや参加者へのプレゼントを制作