三菱一号館美術館が開館12周年 4月6日(水)は21時まで延長開館! ルートートとコラボしたトートバッグが当たる抽選会も実施!

2010年に開館した三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、来る2022年4月6日(水)に開館12周年を迎えます。感謝の気持ちをこめて、2022年4月6日(水)~8日(金)の3日間、下記の通り抽選会を行いますのでお知らせいたします。尚、当日は「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」展【会期:2022年2月18日(金)~5月15日(日)】を開催しております。
  • 来館者への感謝を込めて抽選会を実施!(4月6日~8日の3日間)
くじ引きで当たりが出た方に、トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)と三菱一号館美術館がコラボレーションして作成したオリジナルトートバッグをプレゼント!
「三菱一号館美術館に、楽しいお出かけ!」をテーマにつくったトートバッグです。

◆期間:2022年4月6日、7日、8日の開館時間中
◆対象:期間中「上野リチ」展にご来場のお客様
※抽選はお1人様1回。
※くじ引きの参加には、館内の抽選会場にて当日有効の鑑賞券またはサポーターカードのご提示が必要です。
※景品が無くなり次第終了します。
※トートバッグの色は選べません。
  • トートバッグのこだわりポイント
(1)  ルートートの新製品が当館とのコラボで初登場


本トートバッグの生地は、縫製工場などで不要になったコットン素材の裁断くずや生地を原料に使用。そこに一部ポリエステルなどを加えることで強度を増したアップサイクルテキスタイルを使用しています。
もとの繊維の色をそのまま生かして新たな生地にしているので、再度生地を染色するための水や化学薬品、染料を使用しない環境にやさしいシリーズです。荷物がたっぷり入るこのBIGトートは、今回のコラボレーションが初お目見えとなります。

(2) ルーポケットを筆頭に、使いやすい工夫が各所に!

◆文庫本や三つ折りパンフレットも入ります!小物の収納にご活用ください。

◆鍵などが取り付けられるループ付き。



◆「R」のタグがROOTOTEの目印です。



◆出し入れ便利なルーポケット!スマートフォンも入ります。


 

◆荷物がたっぷり入るBIGサイズ!(サイズ:W45×H60cm 持ち手 55cm)

 

 
  • ROOTOTE(ルートート)とは?

2001年の誕生以来、「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」をお届けしているトートバッグ専門ブランド。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。ひとりひとりの個性や価値観を大切にしながら、お気に入りが見つかる豊富なデザインバリエーションを提案しています。
ROOTOTEはトートバッグを通じて世界に感動を広げ、社会をより良くするメディアであることをミッションに、アート、エコ、カルチャーなど、さまざまな分野でコラボレーションやプロジェクトを展開。世界一のトートバッグブランドを目指しています。https://ROOTOTE.jp/
  • 三菱一号館美術館・展覧会情報

【三菱一号館美術館】
2010年、東京・丸の内に開館。JR東京駅徒歩5分。
19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。
赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。https://mimt.jp/

「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」展


■会  期:2022年2月18日(金) 〜 5月15日(日)※展示替え有
■入 館 料:一般1,900円/高校・大学生1,000円/小・中学生無料
■サ イ ト: https://mimt.jp/lizzi/
日本においてウィーン工房のデザイナーとして活躍した上野リチ(1893-1967)の世界初の回顧展。ウィーン工芸学校に学んだ最初期から、日本人建築家・上野伊三郎と結婚後の京都における活躍まで、彼女の色彩豊かで温かみのあるデザインを包括的に紹介します。※最新情報はhttps://mimt.jp/をご確認ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱一号館美術館 >
  3. 三菱一号館美術館が開館12周年 4月6日(水)は21時まで延長開館! ルートートとコラボしたトートバッグが当たる抽選会も実施!