令和のあらゆるLIFEを、FULLにするために。令和元年、LIFULLの事業やプロジェクトは、さらに加速します。

株式会社LIFULL(以下、LIFULL)は、新しい時代を迎えた今日、「あらゆる人が、無限の可能性の中から自分の生きたいLIFEを選び、実現できる社会」を、「令和」の価値観のもとで、切り拓いていくことを宣言いたします。

 

「平成」という時代は、急速に発達したテクノロジーやグローバライゼーションによって、多様な価値観が広がった時代でした。そして家族観、仕事観、結婚観の変化により、LIFEのあり方も常に変化しつづけてきました。平成七年に「ネクスト」として創業して以来、LIFEに寄りそいつづけてきた私たち。そんな私たちが心から信じることは、ひとりひとりのLIFEは、もっとFULLにできる可能性があるということです。

「大学に行き、大企業に入ることが成功」「子育て中は、女性が時短勤務する」「東京には、夢やチャンスがたくさんある」ーー あたりまえに信じられてきた幸せは、時としてLIFEの可能性をせばめてきたかもしれません。

春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように
一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。(2019年4月1日 首相談話より抜粋 )

「令和」に花を咲かせるための、幸せの絶対解はありません。LIFULLは、公益志本主義を旗印に、様々なステークホルダーへの利他を意識した、未来の経営モデルを先取的に実践する企業として、世界の動きに先駆け20年以上前から社会課題を解決する事業活動を行なってきました。そしてこれからはじまる「令和」の時代も、日本のみならず、世界中のあらゆる人のLIFEのそばで、あらゆる形のFULLを叶えるために邁進していくことを、ここに宣言いたします。

あらゆるLIFEを、FULLに。
令和元年五月一日 株式会社LIFULL

 

 

「したい暮らしに、出会おう。」

住まい探しを、もっとLIFEの可能性を広げるものに。あなたの価値観やライフスタイルにあった、したい暮らしを提案します。
https://www.homes.co.jp/

 

「未来は、空き家にあった。」
全国の「空き家」の活用を軸に、地方における新たなLIFEの可能性を生み出していきます。
http://local.lifull.jp/
 

世界中を繋いで、もっとボーダーレス、シームレスなLIFE、そして社会の実現へ。
多言語対応した、世界トップクラスの不動産アグリゲーションサイトを提供し、国境を超えたシームレスな住み替えを実現していきます。
https://www.lifullconnect.com/
 

「自分らしくを、もっと自由に。」
人々を「定住」という場所の制約から解放し、いつでも好きな時に、好きな場所に暮らし、学び、働ける社会を目指します。
https://livinganywherecommons.com/
 

「持続可能な社会を叶える、未来の一皿を。」
食べることが地球のためになる、新たな食材を見つける「地球料理 Earth Cuisine」プロジェクトなどを通じ、持続可能な社会に貢献していきます。
https://table.lifull.com/
 

「しなきゃ、なんてない。」
LIFEの可能性をせばめる「枠」を超えて、自分らしい人生へと踏み出す人を紹介するメディアを通じて、多様な生き方を応援します。
https://media.lifull.com/
 


また、LIFULLは、あらゆる事業や取り組みにおいて、「Diversity, Inclusion, Equality」や「Well-Being」といったテーマや、国連が採択した持続可能な開発目標(SDGs)にも積極的に取り組みます。


■株式会社LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
株式会社LIFULLは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997年に設立した住生活情報サービス運営企業です。主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は総掲載物件数No.1(※)。住まいを中心に介護、インテリア、保険など周辺分野にも事業を拡大し、現在はグループとして世界63ヶ国でサービス提供しています。
LIFULLグループは、「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、世界中のすべての人に、安心と喜びのライフソリューションを提供します。
※ 産経広告社調査(2019.1.7)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LIFULL >
  3. 令和のあらゆるLIFEを、FULLにするために。令和元年、LIFULLの事業やプロジェクトは、さらに加速します。