プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

TeamViewer ジャパン株式会社
会社概要

チームビューワー、Ivantiとの協業によりすべてのエンドポイントを効率的に管理・保護する統合プラットフォームを提供

『Ivanti Neurons for MDM』をリモート監視・管理ソリューションに統合

TeamViewer ジャパン株式会社

リモート接続ソリューションのグローバルリーダーであるTeamViewer(以下、チームビューワー、当社)は、堅牢なセキュリティを提供し「Everywhere Work(場所にとらわれない働き方)」の実現を目指すIvantiと協業することを発表いたしました。Ivantiの先進的なモバイルデバイス管理機能『Ivanti Neurons for MDM』の活用によりチームビューワーのリモート監視・管理(RMM)ソリューションが強化され、デスクトップやモバイルなどのIT資産に、指定されたセキュリティ、コンプライアンス、管理機能を提供することが可能になります。

TeamViewer リモートマネジメントに統合されたモバイルデバイス管理ダッシュボード画面(出典:TeamViewer)


Ivantiとのパートナーシップにより、『TeamViewer Remote( https://www.teamviewer.com/ja/ )』と『TeamViewer Tensor( https://www.teamviewer.com/ja/products/tensor/ )』のユーザーは、多様なデバイス群を1つのプラットフォームで管理できるようになります。具体的な機能は次のとおりです。


360°デバイス管理: 指定されたアクセス権と事前定義されたアプリを持つ企業プロファイルをリモートで展開することにより、iOSまたはAndroidを実行するモバイル機器の包括的な大規模オンボーディング、管理および監視ができるようになります。更に、インベントリ全体の簡素化、デバイスの設定、ダウンタイムに繋がる前のIT関連の問題の特定と解決も可能になります。


セキュリティの向上: グローバルなデバイス・フリートへのポリシーやパッチのリモート・ロールアウト、PIN、生体認証、二要素認証などのセキュリティ対策の実施が可能になります。信頼性の高いデータのバックアップやワイプ、リモートからのデバイスのロック、デバイスの場所に依存しないコントロールの維持ができます。


コンプライアンス強化: デバイスの位置や使用状況を追跡・記録する監査機能が備わっているため、法律に反する潜在的に危険な使用回避をサポートします。


モバイルデバイス管理機能『Ivanti Neurons for MDM( https://www.ivanti.com/ja/products/ivanti-neurons-for-mdm )』は、チームビューワーが提供する既存のリモート監視・管理(RMM)ソリューションを補完するものです。既に当ソリューションは、運用システムやメーカーに依存しない多数のデバイスを管理するための主要な選択肢となっています。iOSやAndroidを搭載した機器を加えることで、チームビューワーのRMMソリューションは、現在、従来のIT機器、携帯電話、タブレットだけでなく、ウェアラブルやエッジデバイスのようなあらゆる機器を網羅できるため、IT資産全体、つまり、組織は、大規模で包括的なリモート監視・管理を実現することができます。追加されたMDMソリューション( https://www.teamviewer.com/ja/products/remote/solutions/mobile-device-management/ )は、チームビューワー製品をご利用の全てのお客様を対象に、Essential、Advanced、Enterpriseの3つのプランで展開します。


チームビューワーの製品マネジメント部門のヴァイスプレジデントであるフランク・ジアルノ(Frank Ziarno)は次のように述べています。「Ivantiとのパートナーシップは、リモート機器の管理と保護という複雑なタスクを簡素化する点において大きな前進といえます。Ivantiのモバイルデバイス管理機能が、当社の既存のリモートRMMソリューションと統合することで、ITチームがモバイル機器をより効果的に監視・管理できるようになり、結果として、生産性の向上と運用上の課題の軽減に繋がると確信しています。」


Ivantiのグローバルチャネルおよびアライアンス担当シニアヴァイスプレジデントであるミシェル・ホッジス(Michelle Hodges)は次のように述べています。「チームビューワーとの協業により、企業のIT部門がより多くの機器や運用システムを管理できるようになりました。チームビューワーの実績あるRMMソリューションと当社のモバイルデバイス管理機能を組み合わせることで、包括的なIT監視を求める企業に、比類のない体験を提供できる体制が整ったことを嬉しく思います。」


※本発表内容は、2023年9月26日にドイツで発表された内容の抄訳版です。


                      ###


TeamViewer (チームビューワー)について

チームビューワーはリモート接続プラットフォームのグローバルリーダーとして、デジタル化を推進するあらゆる規模の企業を支援しています。リモート接続ソリューションである『TeamViewer』は、PC、モバイル端末、工場の機械やロボットなどのデバイスと人、そして場所や時間を問わず世界のユーザーとの接続を可能にし、セキュリティの高いリモートアクセス、サポート、コントロール、コラボレーション機能がいかなるオンライン上のエンドポイントでも利用可能です。個人向けには無償で提供しており、現在の登録者は63万人以上に及びます。法人は中小企業から大企業まで多様な業種で利用されています。チームビューワーはデバイスの分散化、自動化、リモートワークといった世界のメガトレンドに適応しながらAR、IoT、AIの分野でのDXやイノベーションを主導しています。会社設立以来、『TeamViewer』がダウンロードされているデバイスは現在25億台に達しています。会社設立は2005年。本社はドイツのゲッピンゲン、従業員は全世界で約1,400名。2022年度の売上は約5億6,600万ユーロ。TeamViewer SE(TMV)はフランクフルト証券取引所に上場しており、MADAX株式指数構成銘柄となっています。TeamViewerジャパン株式会社はTeamViewerの日本法人として2018年に設立されました。日本法人のウェブサイトはhttps://www.teamviewer.com/ja/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.teamviewer.com/ja/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

TeamViewer ジャパン株式会社

5フォロワー

RSS
URL
https://www.teamviewer.com/ja/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9F
電話番号
-
代表者名
藤井 一弘
上場
未上場
資本金
-
設立
2018年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード