SIGNATEにて、株式会社タナチョー主催『部材の画像認識コンペティション』開催!

~老舗企業のノウハウ×画像認識技術を使った建物保全で、持続可能な社会の実現を目指す~

AI開発・運用、AI人材の育成サービスを提供する株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀、以下 SIGNATE)は、データサイエンスプラットフォーム「SIGNATE®」にて、株式会社タナチョー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中 廣、以下 タナチョー)主催のコンペティション『タナチョー 部材の画像認識コンペティション』を、本年5月23日(月)より開催いたします。

コンペティションページ:
https://signate.jp/competitions/720

 

■コンペティション開催の背景
普段、何気なく開け閉めしている窓サッシにはいくつかの部材が利用されていますが、これらの部材は基本的に消耗品であり、長期間利用する場合は、多くが修繕を必要とします。その一方で、これらの部材は細かい上に形状も似通っているものが多いため、部材判別に相当の時間が割かれ、修繕部材検索の効率化が建築業界の課題となっています。
今回のコンペティションは、この業界課題に対して、創業128年を超える窓サッシ等建材製品の老舗企業であるタナチョーが創業から培ってきたノウハウおよび技術と、画像認識という最新技術を掛け合わせることで、住宅をはじめとした建物等の保全に役立ち、持続可能な社会を作る一翼を担う取り組みとなっております。

■コンペティションの詳細
<開催概要>
名称  :タナチョー 部材の画像認識~窓サッシに使用される部材の画像から型番を識別しよう!~
主催  :株式会社タナチョー
賞金  :1位 ¥500,000/2位 ¥300,000/3位 ¥200,000 
参加資格:SIGNATE会員(登録無料) で、コンペティション参加規約に同意した方。
開催期間:2022年5月23日(月)~2022年7月31日(日)

<タスク説明>
窓サッシに使用される部材「戸車(左図)」「クレセント(右図)」を様々な角度から撮影した画像データに対してその型番(候補を複数件)を予測するアルゴリズムの作成 


■SIGNATEとは(https://signate.jp/
「SIGNATE®」は、2022年5月時点で約65,000人のAI/データ分析人材が登録する国内最大のデータサイエンスプラットフォームです。登録ユーザの73%が社会人、27%が学生で、高度な知識やスキルを有した方々のコミュニティとなっています。
主な機能は、実社会のデータ分析課題に挑戦できる『SIGNATE Competition』と、データスキルの計測・向上・定着をひとつで完結できるデータスキルマネジメントSaaS『SIGNATE Cloud』です。それぞれの登録ユーザに合った形で、企業や行政機関とのマッチングを通した「成長」と「活躍」の機会を提供しています。

■会社概要

社 名 :株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社 :東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE(WeWork内)
資本金 :1億80百万円(2022年4月1日時点)
代表者 :代表取締役社長 齊藤秀
URL  :https://signate.jp

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SIGNATE >
  3. SIGNATEにて、株式会社タナチョー主催『部材の画像認識コンペティション』開催!