Data Confidence Fabric に焦点をあてた新プロジェクトが始動、デジタル変革イニシアチブをスケール

Linux Foundation が業界をリードする企業と協力して Project Alvarium を設立、異種システムにわたるデータとアプリケーションの本質的な信頼を促進

Linux の発展と持続可能なオープン エコシステム間の共同開発の促進に取り組む非営利団体である Linux Foundation は 10月28日 (現地時間)、Data Confidence Fabric (DCF) のコンセプト構築にフォーカスし、異種システムにわたるデータとアプリケーションの測定可能な信頼と信用を促進する Project Alvarium を設立する意向であることを発表しました。

2019年10月28日 スペイン バルセロナ発 ー IOT Solutions World Congress ー Linux の発展と持続可能なオープン エコシステム間の共同開発の促進に取り組む非営利団体である Linux Foundation ( https://www.linuxfoundation.org/ ) は、Project Alvarium を設立する意向であることを発表しました。Project Alvarium は、Data Confidence Fabric (DCF) のコンセプト構築にフォーカスし、異種システムにわたるデータとアプリケーションの測定可能な信頼と信用を促進します。プロジェクトは Dell Technologies によるコードの提供、Arm、IBM、IOTA Foundation、MobiledgeX、OSIsoft、Unisys など、業界リーダーによるサポートを受け始動します。

DCF または「トラスト ファブリック」はデータパス内へのトラスト インサーションに役立つさまざまな技術で構成されるフレームワークであり、信頼できる AI モデルのオーケストレーションと、デバイスからアプリケーションへのデータ配信を測定可能な信用で促進します。これは、今日しばしばセキュリティ、プライバシー、データ所有権の議論に発展するデジタル変革イニシアチブのスケーリングに不可欠なものです。

Project Alvarium は、トラスト ファブリックを構成するさまざまな要素を結びつけるベースラインのオープンソース フレームワークと関連する API 分野で協業するコミュニティを育成すると同時に、データが任意の実装を通過する時に信用スコアを付与するアルゴリズムを定義します。また、プロジェクトの目標はトラスト インサーション機能の統合であり、再発明ではないため、他の重要な業界のプロジェクトと協力を検討する予定です。

Linux Foundation の Networking, Edge and IOT 担当ゼネラルマネージャーである Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「私たちは、トラスト インサーション技術の開発と統合にフォーカスした共同コミュニティの構築を支援することを楽しみにしています。エッジ コンピューティングの普及に伴い、業界全体およびスタック全体で測定可能な信用を提供する包括的なオープンソース フレームワークが不可欠なものとなります。Project Alvarium が Linux Foundation ファミリーのプロジェクトになることを歓迎します。」

プロジェクトは、2017年4月 EdgeX Foundry プロジェクトにシードを提供した Dell Technologies のコントリビューションにより次の四半期に始動します。現在 LF Edge 傘下の EdgeX は、IoT エッジでのデバイスとアプリケーションの相互運用性のために世界中で導入されており、先日合計100万件マイクロサービス ダウンロードを記録しました。そのうち半数は直近の2ヶ月で行われたものです。EdgeX フレームワークは、オープンデータ インテグレーションのための DCF シード内の標準コンポーネントですが、他の要素と同様により好ましい代替要素と置き換えることができます。

Project Alvarium に関する詳細、トラスト ファブリックがいかに産業間でビジネスモデルを変換するかに関するビデオは、こちら https://alvarium.org をご覧ください。

DCF のライブ デモは 10月29日 〜 31日 IoT Solutions World Congress の LF Edge スペース (Stand #151) でご覧いただけます。

Project Alvarium 業界のサポートの声 (原文)

“Digital transformation and a world of a trillion connected devices will only be possible if we can trust the data being generated and shared by these devices”, said Andy Rose, chief system
architect and fellow at Arm. “Project Alvarium will enable further collaboration on secure product design, leading to a more secure Internet of Things. The Platform Security Architecture (PSA) provides a secure framework, and PSA Certified devices will serve as a best-in-class Root of Trust foundation for the Data Confidence Fabrics.”

“Trust fabrics will be a key enabler for scaling digital transformation across inherently heterogeneous systems,” said Jason Shepherd, Global CTO, Edge and  IoT, Dell Technologies. “There is not an industry on the planet that this effort won’t impact in terms of delivering data with measurable confidence, facilitating trusted workload consolidation and also helping organizations scale meeting compliance requirements such as GDPR. We look forward to collaborating with the community on this important topic.”

“As enterprises move into the next chapter of cloud, data is at the core of their business and keeping that data secure and ensuring the privacy of the users is key to success,” said David Boloker, Distinguished Engineer and Director, Business Development for IBM Edge Computing. “IBM is collaborating on Project Alvarium to support this important industry effort to build an open-source foundation for system wide trust from edge devices to cloud applications.”

“Data is the seed from which information, knowledge and wisdom sprouts and blossoms.Every connected device, app, machine, and human will utilize meaningful data in one way or another for decision making. As such, confidence in data is paramount.” said David Sønstebø, co-founder of IOTA Foundation. “The development of Data Confidence Fabrics through collaboration in Project Alvarium will power a new era of trust and transparency in data, which is at the core of what IOTA is designed for.”

“At MobiledgeX we are working with more than a dozen mobile operators worldwide to safely open their trusted networks for edge computing spanning Augmented Reality for gaming to industrial use cases,” said Sunay Tripathi, CTO of MobiledgeX. “With many of our deployments today, our operators and application owners are increasingly focused on the issue of privacy, especially with respect to our Edge-Cloud capability that enables companies to use best of breed applications while ensuring sensitive data stays in-country or on-premise. We see project Alvarium as a key piece to further the trust and privacy based edge ecosystem.”

“Data Confidence is central to large sensor-laden compute systems like those found in Industrial IoT digital transformation projects.  Both the Object Management Group (with its forthcoming SENSR standard) and the Industrial Internet Consortium (with over 25 large industrial IoT testbeds around the world) welcome the forthcoming Alvarium project as necessary for these critical infrastructures.” said Richard Mark Soley, PhD., Chairman and CEO of the Object Management Group and Executive Director of OMG’s Industrial Internet Consortium. “With a long working relationship with important Linux Foundation projects, OMG and IIC are delighted to see this new project.” 

“For almost 40 years, OSIsoft has been helping the process industries manage and get value from their critical operations data. This data has traditionally come from sensors in the control and monitoring systems that keep critical operations running. Cost-effective sensing and integration represented by Industrial IoT introduces data from a “second network” that can meaningfully inform critical operations while not necessarily being part of direct process control. It is crucial for this data to be trusted if it is going to play an impactful role on the behavior of critical processes and operations,” said Richard Beeson, Chief Technology Officer of OSIsoft. “This is exactly where Project Alvarium can make a significant impact – by providing trust and confidence in Industrial IoT data so it can be relied upon or treated with an appropriate level of credibility when utilized in the decision, planning and actuation of critical operations and control systems.”

“Our consortium was founded two years ago to enable open-sourced development of trusted architectures for IoT, so working with Dell Technologies and their seed code for enabling Data Confidence Fabrics in the industry is an important organic part of our evolution,” said Anoop Nannra, Chairman of the Trusted IoT Alliance. “The Alliance is thrilled to be a part of the Project Alvarium initiative and our membership is excited to get involved in the ground-breaking technical work that lies ahead.”

“We are very pleased to be announcing the creation of the Digital Bill of Materials (DBoM) Consortium in partnership with Dell and leveraging Project Alvarium as an ingredient for scaling trust in the supply chain,” said Chris Blask, global director of IoT for Unisys. “Enterprises, vendors and consumers require trust in the sources of the software and hardware in their devices and infrastructure. The DBoM Consortium will establish an open structure for high-confidence and fine-grained visibility into each step a product experiences in the global supply chain.”

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Linux Foundation Japan >
  3. Data Confidence Fabric に焦点をあてた新プロジェクトが始動、デジタル変革イニシアチブをスケール