山形県長井市が実施するデジタル地域通貨「ながいコイン」において「おまかせ℮マネー」が採用

株式会社エヌ・ティ・ティ・カードソリューション(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本 雅之、以下「NTTカードソリューション」)が提供するデジタル通貨発行代行サービス「おまかせ℮マネー」(以下「おまかせ℮マネー」)が、山形県長井市(市長: 内谷重治、以下 「長井市」)が実施する、デジタル地域通貨「ながいコイン」(以下「ながいコイン」)のプラットフォームとして採用されました。

 

1.「ながいコイン」取り組みの概要
長井市では、地域内経済循環の創出やキャッシュレス決済の普及、決済データの利活用を目的に、長井市内限定で利用できるデジタル地域通貨「ながいコイン」を導入するとともに、展開施策の第1弾としてプレミアム商品券に相当する「ながいコインプレミアム」を5月27日より販売を開始します。
背景として、長井市においては従来地域振興券等については紙媒体となっており、電子地域通貨を活用すること で、行政における運用コストや稼働負担の軽減、および市民の利便性向上に繋げていく必要がありました。また、購買行動履歴や傾向を把握することで、展開結果を行政施策に反映することができ、地域経済の進展につながることも期待できます。
なお、この度の導入に先立ち、長井市とNTT 東日本山形支店(支店長: 渡会俊輔、以下 「NTT 東日本」)は、2021年2月に「地域通貨を活用した地域活性化施策の実証に関する協定」を締結し、長井市をフィールドとした電 子地域通貨の実証を実施してまいりました。実証においては、市内の店舗で利用可能な電子地域通貨を市民と観光客に配布し、高齢者まで幅広い年代における店舗及び利用者のサービス受容性や消費活性化やデータ利活用の効果を見える化を行った結果、電子地域通貨がそれぞれに対し有効であると確認し、本格導入を決定いたしました。
 

 



▼(ながいコインの使い方)

 


※その他詳細は長井市ホームページをご覧ください。
https://www.city.nagai.yamagata.jp/all_the_citizens/SmartCity/3/11044.html

2.NTTカードソリューションの役割と「おまかせeマネー」の活用について
今回、NTTカードソリューションは、当社のデジタル通貨プラットフォームを活用して、「ながいコイン」の発行、利用店舗での決済、利用店舗との精算等を行います。利用者は「ながいコイン」を購入し、市内の利用店舗で手軽で非接触な決済手段であるQRコード決済により買い物をすることができます。
NTTカードソリューションは今後も、NTT東日本や各自治体とも連携しながら、地域や企業等の持続的な発展に寄与し続けていけるよう、サービスの開発と向上を図ってまいります。

3.「ながいコインプレミアム」の概要
①施策実施期間
2022年5月27日より2022年9月30日まで
②利用可能店舗
長井市内の80件の店舗・施設(5/13時点、順次拡大予定)
③購入可能者
長井市にお住いの方

4.「ながいコイン」の今後の展開
「ながいコイン」については、恒常的な流通を目指した商品券としての販売を今後開始することに加え、健康ポイントなどの長井市の還元施策への活用が計画されています。

5.その他関連情報
○デジタル地域通貨「ながいコイン」ホームページ
https://www.city.nagai.yamagata.jp/all_the_citizens/SmartCity/3/11044.html
デジタル通貨発行代行サービス「おまかせ℮マネー」ホームページ
https://info.omakase-emoney.jp/
※「おまかせ℮マネー」はNTTカードソリューションの登録商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本電信電話株式会社 >
  3. 山形県長井市が実施するデジタル地域通貨「ながいコイン」において「おまかせ℮マネー」が採用