グローバルな発明コンテスト「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ2018」募集開始、学生のスタートアップを支援

世界的な自動車部品サプライヤーであるヴァレオが主催するグローバルな発明コンテスト「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ2018」の募集が始まりました。今年で第5回を迎えるヴァレオ・イノベーション・チャレンジは、世界中の学生チームが互いに提案を競い合い、イノベーションを実際に生み出すスタートアップとして創業する機会を獲得するコンテストへと姿を変えます。応募の締め切りは2018年3月30日です。

ヴァレオ・イノベーション・チャレンジの中心にある自動車産業の3つの革命
毎年開催され今回で第5回を迎えるヴァレオ・イノベーション・チャレンジは、将来の車を形作る起業家精神に溢れた取り組みを後押ししたいとのヴァレオグループの意思の表れです。ヴァレオは、自動車産業を根底から覆す3つの革命を担うその中心的な役割を生かし、世界中の学生に対して、パワートレインの電動化、自動運転、デジタルモビリティという3領域のうち一つを選んで斬新なソリューションを提案するように呼びかけます。昨年と同様、チームはそれぞれ2~5名のメンバーで構成される必要があり、うち1名を教員とすることも可能です。

最終選考を目指すチームへの支援
コンテストの構成も、学生にスタートアップ精神で臨んでもらう狙いで、若干変更されます。
最初のフェーズで、学生チームは自分たちのプロジェクトを創設し、スタートアップとしてのビジネスモデルを詳細に描きます。このフェーズの最終段階では、起業家支援とヴァレオのエキスパートらが9チームをファイナリストとして選出します。
そして今回のコンテストから追加される新たなフェーズでは、ファイナリストの9チームには、まるでアクセラレータープログラムに参加しているかのように、自らのスタートアップを創業するための追加的なサポートが提供されます。その狙いは、プロフェッショナルの手助けを通じて学生に自動車市場への理解を深めてもらいつつ、自らのイノベーションの技術的内容をきめ細かく調整し、最終選考に向けたビジネスモデルと発表内容を練り上げる機会を提供することにあります。
2018年の秋、ファイナリストの9チームはそれぞれのプロジェクトを発表します。各チームは持ち時間5分の中で、動画や試作品、デモンストレーションなどを駆使し、審査員に訴えかけます。

上位の3プロジェクトには賞金総額20万ユーロを授与
発表に引き続き、ヴァレオの経営陣と技術およびビジネス部門のリーダーらで構成する審査委員会が上位3チームを選び、賞金総額20万ユーロを最優秀スタートアップと第二位の2チームに振り分けて授与します。これと引き換えに、ヴァレオはスタートアップ各社の株式の5%を取得します。
さらに今年新たに追加されるボーナスとして、これらスタートアップ各社には投資家や世界トップのスタートアップアクセラレーターへの引き合わせが行われます。

第5回ヴァレオ・イノベーション・チャレンジの開催に際し、ヴァレオの会長兼CEOのジャック・アシェンブロワは次のように述べています。「私たちはこれまでの4年間、熱意に溢れ革新的な発想を持つ数え切れないほどの学生と出会い、彼らとヴァレオのエキスパートは今でも親交を保っています。スタートアップで自らの発案を実用化したいと考えている世界中の学生へのサポートを、私たちは世界レベルで強化したい。そうしたスタートアップが今後の技術界で光り輝く存在になっていくことを願っています。」

今年の第4回ヴァレオ・イノベーション・チャレンジには、全世界で5,000人を超える学生が計1,628のチームで、80ヵ国、748の大学・高等教育機関から参加しました。

ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ2018に参加登録をするには下記のリンクをクリック:
https://valeoinnovationchallenge.valeo.com/en/challenges/innovationchallenge2018
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヴァレオグループ >
  3. グローバルな発明コンテスト「ヴァレオ・イノベーション・チャレンジ2018」募集開始、学生のスタートアップを支援