青山フラワーマーケット ホームユースの『観葉植物』『フラワーベース』の売上が対前年比130%で推移!販売好調につき、フラワーベースフェア開催及びスターターキットを限定販売。

自宅に花と緑で生活に潤いを求めるかたが増えています。

「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに、株式会社パーク・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役 : 井上 英明)が運営する「Aoyama Flower Market(以下、青山フラワーマーケット)」 (http://www.aoyamaflowermarket.com)では、『観葉植物』『フラワーベース』の販売が好調です。6月3日(水)からの全店舗営業再開後、7月15日時点で売上対前年比約130%で推移しています。おうち時間が増え、花と緑を自宅で楽しむかたが増えています。

■”家にいる時間にお金をかけたい”。土日は普段花屋さんに足を運ばない層のお客さまが増えました。


歓送迎会や誕生日会を実施しづらい今。ギフト需要の切花の売上が減少している一方で、ホームユースの売上が伸びています。ご自宅で楽しむ花を買いに、土日に青山フラワーマーケットにお出かけくださるお客さまが増えました。旬の花も人気ですが、長く楽しめてインテリアにもなる”枝もの”が人気。季節の枝を束ねた”ブランチコレクション”は、大型店5店舗累計で6月も7月も前年の2倍以上売れています。(7月は15日時点の数字)

それに比例するように、フラワーベースの販売も好調で、同店舗売上比較でいずれも前年の2倍以上売れています。主力は枝ものを飾りやすい円筒のシンプルなフラワーベース、続いて1,000~2,500円の価格帯のクリアなフラワーベースが人気です。

 

 

















従来、青山フラワーマーケットの中心客層は30代、40代が主な客層ななか、「土日になると20代の若いカップルがフラワーベースや自宅で飾る花を選びに来られることが増えた」と青山フラワーマーケット 南青山本店の店長はいいます。
 

■6月以降で需要が急増した、「フラワーベース」フェアを開催!

青山フラワーマーケットでは、一輪の草花から、大きな枝ものまで、それぞれにあったオリジナルフラワーベースを販売。また、店舗によっては、ベルギーから輸入したハンドメイドの”ヘンリーディーン”も豊富に展開し、夏に向けたフラワーベースフェアを行います。

フェア:フラワーベースフェア
展開店舗:全国の青山フラワーマーケット
実施期間:2020年7月12日(日)~2020年8月31日(月)
 

 


■お得なセットも。
オリジナルフラワーベース4点を組み合わせたお得なセットを数量限定で販売します。

----------------------------
「サマーベースセット」
期間限定価格 税込3,520円
----------------------------
※画像はイメージです
※内容は店舗により異なります


 






 


■青山フラワーマーケット オンラインショップでは特別キャンペーンを開催。
オンラインショップでは期間中、対象の青山フラワーマーケットオリジナルベースが10%OFFとなります。
----------------------------
キャンペーン期間
7/20(月)AM9:00 ~ 9/1(火)AM8:59まで
対象商品はHPまで
https://www.aoyamaflowermarket.com
----------------------------


■「花のある暮らしを始めたいかた」には、スターターキットがおすすめ。

”生まれて初めて花屋で自分用の花を買った”というSNSでの投稿も、コロナ禍の影響が見られ始めた頃からよくみられるようになりました。
フラワーベースと同様に売上が好調なケア用品「青山フラワーマーケット オリジナル花ばさみ」「フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)」そして扱いやすいシンプルなクリアベースがセットになって、3,520円(税込)というお得なスターターキットを販売します。


商品名:”花のある暮らし” スターターキット
販売店舗:全国の青山フラワーマーケット
販売期間:2020年8月上旬~ なくなり次第終了
販売価格:3,520円(税込)
内 容:オリジナル花ばさみ 1丁
    フレッシュフラワーフード 250ml 1個
    クリアベース 1個
通常価格:4,100円(税込)相当


 

■お出かけが少ない分、きれいにした部屋には観葉植物を置いてステキにしたい!

自粛期間中は家の清掃や断捨離にいそしむ方、模様替えをした方も多かった様子。そんなスッキリしたお部屋に、「いつか置いてみたいな」と思い描いていた観葉植物を置く方が増えています。お気に入りの服を着て出かけるかわりに、「長く過ごす家を自分らしくコーディネートしたい」という潜在意識の表れのようです。

また、植物は生きているため、朝目が覚めたら新芽が出ていたり、帰宅すると水不足で元気がなかったりと、ケアをする必要があり、それがパートナーやペットのように、この期間一緒に生きるモチベーションにもつながるように思います。

観葉植物も、6月単月でみると全店で売上対前年比は約130%の伸びをみせ、前年の5倍売れている店舗もあります。

    鉢物のケア用品、オリジナルミストメーカーも人気商品。

 



------

■青山フラワーマーケットとは 
「Living With Flowers Every Day」をコンセプトに花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提案しているフラワーショップ。パリのマルシェをイメージした店内には、産地にこだわった季節の花をご用意。全国に111店舗、パリに1店舗、ロンドンに1店舗を展開。

■会社概要
名称 : 株式会社パーク・コーポレーション http://www.park-corp.jp
代表者 : 代表取締役 井上 英明
本社 : 〒107-0062 東京都港区南青山5-1-2 5F
設立 : 1988(昭和63)年12月24日
資本金 : 2,000万円
ブランド: フラワーショップ / Aoyama Flower Market https://www.aoyamaflowermarket.com/category/SHOP/ 
                フラワースクール / hana-kichi http://www.hana-kichi.jp
                カフェ / Aoyama Flower Market TEA HOUSE http://www.afm-teahouse.com
                空間デザイン / parkERs  http://www.park-ers.com
                B to B / Aoyama Flower Market ANNEX http://annex.aoyamaflowermarket.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パーク・コーポレーション >
  3. 青山フラワーマーケット ホームユースの『観葉植物』『フラワーベース』の売上が対前年比130%で推移!販売好調につき、フラワーベースフェア開催及びスターターキットを限定販売。