Momentum株式会社が一般社団法人デジタル広告品質認証機構「JICDAQ」認証を取得

〜第三者検証による「ブランドセーフティ認証」と「無効トラフィック対策認証」を取得〜

・リリース概要
 「無価値な広告をゼロにする」という理念を掲げているMomentum株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀬戸亮、以下 「モメンタム」)は、一般社団法人デジタル広告品質認証機構(事務所:東京都中央区、代表理事:鈴木 信二、英語名称:Japan Joint Industry Committee for
Digital Advertising Quality & Qualify、以下、通称の「JICDAQ」)の認証を取得いたしました。


 


 

 

・JICDAQとは
 JICDAQは、公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会(所在地:東京都中央区、理事長:伊藤雅俊)、一般社団法人 日本広告業協会(所在地:東京都中央区、理事長:成田純治)、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(所在地:東京都中央区、理事長:大久保裕一)の広告関係の3団体によって設立されたデジタル広告の品質を認証する機関です。
 JICDAQは、デジタル広告関連事業者の「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外」と「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」に関わる業務プロセスの認証基準を制定し、それに沿った業務を適切に行っている事業者を認証し社名を公開します。また、理念に賛同するアドバタイザーの社名も公開することで、アドバタイザーと広告業関係者が協働して広告品質の向上を目指しています。

・CEO 瀬戸亮のコメント
 今回、モメンタムは第三者検証による「ブランドセーフティ認証」と「無効トラフィック対策認証」を取得いたしました。モメンタムは以前より、日本のインターネット広告の健全化を目指し、様々な取り組みを行なってきました。例えば、JIAAが主催するデジタルマーケティング研究会とも「ネット広告健全化推進プロジェクト」を立ち上げ、国内のアドベリフィケーションの啓蒙と推進を行なっています。JICDAQの設立及び認証企業の公開により、よりスピード感を持ってインターネット広告の健全化が前に進むことを願うと同時に、我々としてもできる限り協力していきたいと考えております。









・Momentum株式会社について
 モメンタムは、日本語に特化した言語解析技術と独自データを活用したアドフラウド検知技術を基盤に、日本のデジタル広告業界の健全化への取り組みを牽引するアドベリフィケーションソリューションカンパニーです。国内の広告代理店、広告プラットフォームにおいて幅広く弊社ソリューションを活用頂いており、広告代理店向けのAgency Certification Program(ACP)、広告プラットフォーム向けのPlatform Certification Program(PCP)という認定制度にも数多くの日本を代表する企業様に加盟頂いております。「無価値な広告をゼロにする」という弊社のミッションの実現を通して健全なデジタル広告市場の発展に貢献します。




▼会社概要
会社名:Momentum株式会社
代表取締役:瀬戸 亮(CEO)
住所:〒105-6427 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 27階
電話:03-6365-1970
公式ホームページ:https://www.m0mentum.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Momentum >
  3. Momentum株式会社が一般社団法人デジタル広告品質認証機構「JICDAQ」認証を取得