テュフズードジャパン、新サービス「産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)を学ぶトレーニングコース」提供開始

テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ディーター・エッカート)は、2020年6月より、産業システムのサイバーセキュリティ対策を支援するオンライントレーニングサービスを国内向けに提供開始しました。本サービスの提供開始に先駆けて、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利)のセキュリティコンサルタント、エンジニア向けにプライベートオンライントレーニングを実施しています。
企業にとってセキュリティ対策は単なるテクノロジー上の問題に留まらず、コーポレートガバナンス上の問題でもあり、企業の評価や事業継続に直接影響します。これまでのセキュリティ対策はデータ保護が目的でしたが、欧州や北米で注目されているのは、工場やインフラの中で制御用に利用される産業システムをサイバー攻撃から保護することです。その対策として実証されたのが、産業システムのサイバーセキュリティ認証:IEC 62443シリーズです。テュフズードジャパンはこのIEC 62443認証サービスをはじめ、セキュリティ関連のあらゆるサービスを提供しています(図)。

産業システムのセキュリティの導入には、セキュリティ人材の育成が重要なポイントです。しかしめまぐるしい社会環境の変化と、昨今のテレワークの普及により、従来のトレーニングスタイルでは受講の機会を摘んでしまう傾向にあります。

そこでテュフズードジャパンは、サイバーセキュリティ対策で悩む組織やリーダー、メンバーを対象に、「産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)を学ぶトレーニングコース」サービスを提供開始しました。オンラインコミュニケーションツールを用い、プライベートトレーニングの形式で、テュフズードのグローバルセキュリティチーム監修による最先端のトレーニングコンテンツを提供します。

なお同サービスは、IoT 機器のセキュアなライフサイクル管理支援サービスを提供するサイバートラスト株式会社向けに提供を開始しており、セキュリティコンサルタント、エンジニア向けのプライベートオンライントレーニングを国内で実施中です。また、IEC 62443の適用を検討されている企業様向けに、無料個別セミナーも受け付けています。今後もテュフズードジャパンは、本サービスを通じて国内のセキュリティ人材育成を支援します。
 

テュフズードジャパンのセキュリティ関連サービスと、新サービスの位置づけテュフズードジャパンのセキュリティ関連サービスと、新サービスの位置づけ


 

  • 【新サービス】産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)を学ぶトレーニングコース
特徴 1.理解度と習熟度を高めるオンライントレーニング
組織から選抜された受講者は、オンラインでテュフズードジャパンのトレーニング空間にアクセスします。受講中はいつでも意見交換や質疑応答ができるなど、双方向コミュニケーション機能を用いることで、一般的なトレーニングと変わらない受講環境を提供します。

2.グローバルな知見を得られる最新のトレーニング
コンテンツは、テュフズードのグローバルセキュリティチーム監修の最先端のものであり、それらをフル活用してトレーニングを設定します。
対象 産業システムのサイバーセキュリティ対策ご担当者
内容 ・IEC 62443シリーズの共通の基本コンセプト
・定量的なセキュリティプログラムの評価指標
・IACS*セキュリティ設計
・個別規格の概要解説
・機能安全(IEC 61508 )とセキュリティ(IEC 62443)の相関関係
・IEC62443シリーズの認証制度
 
*IACS:Industorial Automation and Control System
申込 https://www.tuvsud.com/ja-jp/industries/manufacturing/machinery-and-robotics/industrial-cyber-security/training-service
備考 お問い合わせはこちら:https://www.tuvsud.com/ja-jp/contact-us
「お問い合わせの弊社サービス」タブより「サイバーセキュリティ」を選択してください。


 

  • 【無料個別セミナー】産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)の概要

IEC 62443の適用を検討されている企業様向けの無料個別セミナーです。お気軽にお問い合わせ下さい。

概要 「まずは規格の概要を知りたい」「自社に適用できるか検討したい」「何から取り組むべきかを考えたい」というニーズにお応えし、IEC 62443認証の概要をご説明する無料個別セミナーです(2時間)。
対象 産業システムのサイバーセキュリティ対策 ご担当者
形式 オンラインまたはオンサイト(ご訪問)
講師 テュフズードジャパン株式会社 セキュリティエキスパート
申込 https://www.tuvsud.com/ja-jp/events/jp-iec62443-seminar-2020
備考 ・お申し込みの際、ご希望の日時を複数日ご連絡下さい(2時間)。
・終了後のアンケートへのご協力をお願いします。
 

 

  • IEC 62443とは:産業用制御システムセキュリティの国際標準規格です。各種セキュリティガイドラインの参照規格として活用されるなど、産業システムのサイバーセキュリティの標準規格として広く認知されています。アセットオーナー、システムインテグレーター、IACSコンポーネントデバイスメーカーなど、制御技術を形成するステークホルダーごとに組織プロセス、制御システム、制御機器に必要とされるセキュリティ対策を網羅しています。

 


テュフズードジャパンのセキュリティ関連サービスはこちら
https://www.tuvsud.com/ja-jp/services/cyber-security



Add value. Inspire trust. ―新たな価値、さらなる信頼
テュフズードは、安全、安心、かつ持続可能なソリューションを提供し、信頼されるパートナーであり続けています。試験、検査、認証、そして監査を専門とし、人々や環境、財産をテクノロジーのリスクから守るという理念のもと1866年以来取り組み続けています。全世界に1,000以上の拠点を置き、25,000以上の従業員と共に活動し、リスク管理や市場へのアクセスを円滑にするという価値をお客様やパートナーに提供しています。テクノロジーの進歩によりもたらされる変化を手助けし、自然界・デジタル界においてより安全かつ持続可能な未来を創造するため、テュフズードはこれからも信頼を提供し続けます。https://www.tuvsud.com/ja-jp

Media Relations:

テュフズードジャパン株式会社
マーケティング部
160-0023 東京都新宿区西新宿4-33-4
住友不動産西新宿ビル4号館8F
Phone: +81 (3) 3373-4978
Fax: +81 (3) 3372-4837
Email: marketing@tuv-sud.jp
Internet: https://www.tuvsud.com/ja-jp
  1. プレスリリース >
  2. テュフズードジャパン株式会社 >
  3. テュフズードジャパン、新サービス「産業システムのサイバーセキュリティ(IEC 62443)を学ぶトレーニングコース」提供開始