Managed Security Service for AWSのサービス提供開始

~AWS環境における脅威を24時間365日監視~

情報漏えいIT対策などセキュリティに特化したサービスを提供する株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:滝澤 貴志、以下 BBSec)は、AWS環境における脅威を24時間365日監視し、不審な振る舞いの検知やセキュリティインシデントの発生を予防するマネージドセキュリティサービス「Managed Security Service for AWS」の提供を開始したことをお知らせします。
【概要】
近年、国内企業におけるクラウド環境の利用状況は68.7%にのぼり※、今ではクラウドサービスは企業活動になくてはならないものになっています。
しかしクラウドサービスは、システム構成の柔軟性や導入スピードが速いなどのメリットがある一方、利用者自身がクラウドサービス事業者のセキュリティサービスを設定して対策を講じる必要があり、セキュリティ面を正しく考慮しないと思わぬインシデントを引き起こす可能性があります。
※令和3年版情報通信白書 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd242140.html

セキュリティ上の不安を払拭するためには、ベストプラクティスに基づく適切な設定が正しくなされているか、侵入の予兆は無いかなど、リアルタイムでのモニタリング及び対応が必要とされますが、ユーザ企業において自社内でクラウドサービスの特性を考慮し、攻撃の検知・防御を担うのは負担が大きく、人材も不足しています。

こうした状況を鑑み、クラウドサービス、特にAWSの特性を考慮し、セキュリティインシデント発生前の予防から、24時間365日の監視で不審な振る舞いや、ベストプラクティスを逸脱した設定変更の検知・対応までを支援するマネージドセキュリティサービスの提供を開始いたしました。BBSecはAWS 100 APN Certification Distinctionにも認定されており、AWS認定資格の中でも高度な知識の証明である、「専門知識認定」および「プロフェッショナル認定」資格を保有する技術者が多数在籍しています。AWSの特性を熟知した技術者と顧客との半年間にわたるサービス検証を経て、今回正式にサービスリリースに至りました。

【サービスの特徴
本サービスはAWS環境におけるシステムに対し、インシデントの予防・脅威の検知・攻撃対応の3つのフェーズでセキュリティ対策のご支援をします。
  • お申し込みからご利用開始まで短期間で導入可能
  • 検出された脅威はBBSecのエンジニアが内容を確認
  • インシデント発生時には有人SOCがお客様へご連絡
  • クリティカルな脅威については所定のポリシー・フローに従い対応
  • お客様は専用ポータルサイトでレポートご確認


BBSecのマネージドセキュリティサービスは2006年の提供開始以来、100社以上の提供実績があり、専門的な知見からサービス提供を行う体制を構築・維持しております。

BBSecは本サービスを通じ、クラウドサービス利用におけるお客様のセキュリティ上の不安を軽減し、万一の有事の際に冷静な対処を行っていただけるようご支援してまいります。ひいてはそれが社会の安全・安心に貢献できるものと確信しております。

■サービスページURL
https://www.bbsec.co.jp/service/mss/mss_aws.html

BBSecについて】
BBSecは、ITセキュリティの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティ・サービスプロバイダーです。「便利で安全なネットワーク社会を創造する」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者から IT ベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスをセキュリティ面でサポートしています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BBSec >
  3. Managed Security Service for AWSのサービス提供開始