アドバンテック、第8世代インテルコアプロセッサーを搭載した高性能3.5インチSBC、 MIO-5373を発売へ

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下 アドバンテック)は、低電力SoCを搭載した第8世代インテルコアプラットフォームに基づく最新の3.5インチSBC、MIO-5373を発表しました。146 x 102mmというコンパクトさを特長とするMIO-5373は、優れたI/O機能だけでなく、CANBusや広範電源入力といった、ドメインフォーカスされた機能も搭載しています。医療機器、オートメーション制御システム、屋外キオスク、およびインテルコア水準の性能を一部必要とする分野でのアプリケーション使用に最適です。

クアッドコア性能と高速NVMe x4
新たな第8世代インテルコア低電力SoC(コード名:Whiskey Lake-U)は、コンピューティングコアをデュアルからクアッドへと2倍にした最初の世代です。第8世代は15Wという消費電力で、2倍の性能を発揮します。組込みGen9LPグラフィックエンジンを搭載したMIO-5373は、最大4K解像度のLVDS/eDP、 HDMI、ディスプレイポートインターフェース、また、H.265/HEVC、 H.264/AVC、 MPEG2ハードウェアデコード・エンコードを介した3台同時ディスプレイを可能とします。デュアルチャネルであるDDR4は、最大32GB/64GB*、そしてM.2 M-Key 2280 NVMe x4は高速PCIe SSDをサポートし、コンピューティング、そしてストレージにデータレートを提供します。単にコアプロセッサの性能だけでなく、システム全体の性能を向上させることで、医療アプリケーションや高負荷なコンテンツキオスクディスプレイにおける画像処理に、より最適となりました。

ドメインフォーカスされたI/Oと、柔軟な拡張
MIO-5373の組込みiManager3.0は、GPIO、ハードウェアモニタリング、スマートファン制御、ウォッチドッグタイマーなどのさらなる信頼性そして汎用機能のため、電源シーケンス制御を統合するアドバンテックの組込みコントローラー、EIO-201をベースとしています。また、最大1Mbpの高速RS-232 / 422/485、I2C(100kb / 400kb / 1Mb)、CANBusなどのドメインフォーカスされた機能も搭載されています。iManagerは、WindowおよびLinuxオペレーティングシステム両方におけるドライバーとソフトウェアAPIを用いることで、I/O機能を提供し、ソフトウェア開発をさらに容易にしています。MIO-5373は、下記のような様々な機能カードに適切な拡張を提供します。
・WiFi+ BT用のM.2 Eキー、またはAIアクセラレーションカード
・3G / LTEモジュール用のM.2 Bキー、またはSATA SSD; およびM.2 MキーNVMex4、オプションのSATA SSD


さらに、アドバンテックのMIO拡張インターフェースは、バーティカルフォーカス、またはカスタマイズされた拡張用の4 x PCIe x1 / USB / LPC / SMBusスロットを搭載しています。MIOe-260のI / Oモジュールは、追加の2 x GbE、 8 x UART、 4 x USB、 絶縁2 x CANBus、miniPCIeソケット、およびM.2 Bキーソケットを搭載しており、MIO-5373・MIOe-260とともに、AGV、CNCマシン、および医療機器のI / O要件のファクトリオートメーションプロセスを可能にします。

広範囲の電源入力と拡張された動作温度範囲
MIO-5373は、12~14Vという広範な電源入力を搭載しており、HVACシステムを内蔵し、工場電源レールや屋外機器に対応しています。極端な屋外温度条件に対応するために、MIO-5373は-40℃から85℃まで作動するバリアントSKUを搭載しています。高度なサーマルソリューションは、CPUの周りにある4つの対称的なヒートシンクねじ穴を利用することで、熱抵抗を大幅に削減、そして迅速に空気中に放散させます。MIO-5373によって、屋外のキオスク、鉄道、および重大な工場環境でしばしば直面する、温度問題・熱問題を効果的に解決することができます。

WISE-PaaS / DeviceOn:付加価値ソフトウェアとクラウドベース管理機能
MIO-5373は、iManagerソフトウェアAPIとユーティリティを備えた、すぐに使用できるWindows 10およびUbuntu imageを提供します。アドバンテックのWISE-PaaS / DeviceOn(IoTデバイスの運用および管理ソフトウェア)を利用することで、パブリッククラウドまたはプライベートクライドを介し産業用IoTデバイスを簡単に統合、視覚化、操作、および管理できます。DeviceOnの使いやすいインターフェースによって、ユーザーはデバイス状態を監視し、電源オンオフやおよびラブルシューティングをリアルタイムで制御し、オンサイトおよびリモートで無線(OTA)による更新を実行できます。

MIO-5373の機能と仕様
・第8世代インテルコアi7-8665UE / i5-8365UE / i3-8145UE
・最大32GBのデュアルチャネルDDR4-2400MT /s、オンボードeMMC 32GB
・48ビットLVDS / eDP + HDMI + DPによるトリプルディスプレイ、最大4K解像度
・デュアルGbE、4 x USB3.0、2 x RS-232 / 422/485、CANBus、12-24V入力
・M.2 Eキー2230およびM.2 Bキー2280(SATAまたは3G / LTE)、NVMe x4用のオプションのM.2 Mキー2280
・4 x PCIe(x1 / x2 / x4)、USB、LPC、SMBusを備えたMIO拡張インターフェース
・Windows 10およびLinux用のiManagerソフトウェアAPIをサポート
・WISE-PaaS / DeviceOnをサポート

エンベデッドIoTグループについて
組込み市場のリーダーとして、アドバンテックエンベデッドIoTグループは、広範な組込みデザインインサービスを提供するだけでなく、一連の統合IoTソリューションとサービスを開発し、IoT市場に参入する顧客に対して不確実性とリスクを最小限に抑えます。アドバンテックの統合IoTソリューションには、センサーノードからゲートウェイ、WISE-PaaS IoTソフトウェアなど、あらゆるものが含まれます。

■ アドバンテックについて  -  台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界26カ国96都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドバンテック株式会社 >
  3. アドバンテック、第8世代インテルコアプロセッサーを搭載した高性能3.5インチSBC、 MIO-5373を発売へ