OBCの『勘定奉行クラウド』がキヤノンの『imageRUNNER ADVANCE DX』シリーズと連携開始

領収書のスキャン取込で仕訳入力の省力化とペーパーレス化を実現

勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区、以下「OBC」)は、OBCの『勘定奉行クラウド』が、6月18日よりキヤノン株式会社(本社:東京都大田区、 代表取締役会長兼社長 CEO 御手洗 冨士夫、以下「キヤノン」)が提供するクラウド型MFP機能拡張プラットフォーム『uniFLOW Online』を介して、オフィス向け複合機『imageRUNNER ADVANCE DX』シリーズとサービスを連携します。これにより、領収書をスキャンするだけで、手書き文字を含む金額や日付を『勘定奉行クラウド』に自動入力できます。

■背景と概要

経理業務では、領収書の内容を担当者に確認したり仕訳を手入力で行うなど、多くの手間と時間を要するという課題を抱えています。また、電子帳簿保存法の制度見直しにより、会計・税務関係書類(紙)の電子化によるペーパーレス化が促進され、経理部門の業務フローのデジタル化が急務になっています。

本連携では、キヤノンの「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズで一括スキャンした複数の領収書から、金額や日付、支払先の情報を高精度のOCR(光学文字認識)で抽出し、クラウド型MFP機能拡張プラットフォーム『uniFLOW Online』を介して、『勘定奉行クラウド』に自動入力できます。この自動入力と『勘定奉行クラウド』の学習機能が合わさることで、仕訳の自動起票も可能にします。

さらに、スキャンデータはタイムスタンプ(※1)が付与された状態で仕訳データに紐づき保存されます。これらは電子帳簿保存法への準拠により、領収書の原紙を一定の保存期間を経て廃棄することを可能とし、オフィスのペーパーレス化を促進します。

人による入力業務を削減し、導入企業へ提供できる価値としては、“仕訳自動起票”と“証憑ペーパーレス化”による経理部門の飛躍的な生産性向上となります。従来より『勘定奉行クラウド』に搭載されている銀行連携やExcel連携といった仕訳入力の自動化機能のバリエーションの一つとして、経理の電子化による生産性の向上、テレワークの推進など経理の業務効率化に貢献します。

OBCはこのような連携を通じ、これからも企業の業務生産性向上の実現を支援していきます。

(※1)スキャンデータにタイムスタンプを付与するには、OBCの『証憑保管アセンブリ for 勘定奉行クラウド』が別途必要です。

▼連携イメージ


▼『勘定奉行クラウド』についてはこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo?from=PRT
▼『imageRUNNER ADVANCE DX』シリーズについてはこちら
https://cweb.canon.jp/office-mfp/special/dx/
▼『uniFLOW Online』についてはこちら
https://cweb.canon.jp/software/document/lineup/uniflow-online/index.html
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オービックビジネスコンサルタント >
  3. OBCの『勘定奉行クラウド』がキヤノンの『imageRUNNER ADVANCE DX』シリーズと連携開始