今年で5年目!秋の六本木に過去最大の特設スノーボードコースが出現 世界最大級のスノーボードレールコンテストBURTON RAIL DAYS presented by MINI

2015年11月14日(土) 六本木ヒルズアリーナにて開催決定

バートンは、世界各国のトップスノーボーダーが集結して、総額$27,000を懸けた戦いに挑む世界最大級のスノーボードレールコンテスト「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」を、2015年11月14日(土)に六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)にて開催いたします。
■今年で5回目、スノーボードコンテストとしても日本最大の「六本木の秋の風物詩」
BURTON RAIL DAYS presented by MINIは、ストリートスノーボードにフィーチャーした世界最大級のコンテストとして、2011年11月に初めて六本木ヒルズで開催され、今年で5回目となります。約120トンの雪を使った高さ8.5m、長さ34.2m、奥行15.3mの巨大特設コースに世界トップレベルのスノーボーダーが集結し、そのスタイルを披露します。都会のど真ん中で行われるこのイベントに、毎年数千人もの観客が集結。けやき坂のイルミネーションと共に、冬の訪れを感じさせる六本木の名物イベントとしてすっかり定着し、多くの観客が世界レベルのスノーボードのスタイルを純粋に楽しみ歓声を上げるようなレベルにまで、そのカルチャーが浸透してきました。

BURTON RAIL DAYS presented by MINIには、オリンピックのような大会では見ることができないプロスノーボーダーが多く出場します。彼らは雪が積もった街中(ストリート)の手すりや階段にボードを当て込み、自身のスタイルを映像や写真で表現しながら活動をしています。激しい転倒はすぐに大怪我につながるというリスクを背負いながら残された貴重なライディング素材は世界中に配信され、熱いファンを興奮させると共に、ストリートスノーボードを身近な存在にしています。BURTON RAIL DAYS presented by MINIは、彼らのようなスノーボーダーのライディングを目の前で見ることができる世界でも貴重なイベントです。昨年、日本人としては阿部祐麻が3位表彰台に上がった他、ベストウォールトリックには高橋烈男が選ばれる等、集まった5,500人の観客を多いに沸かせました。


■よりストリートらしさを取り入れた、クリエイティブな特設コースセット
過去最大規模となる今年のコースは、日常で目にする街中の環境の要素を最大限盛り込んだセットアップです。ストリートスノーボーダーは、建物や手すり、または階段を、それぞれの技術や創造性を表現するチャンスと捕らえています。この考え方を常に念頭に置きながら行ったデザインプロセスにより、世界的にも最も現実的でクリエイティブなストリートスノーボードのセットアップが当日出現します。この特設コースは各ライダーの個性や創造性を引き出すだけでなく、そのアクションが起こっている間近まで観客が接近することが可能です。今年も多くの観客がストリートスノーボードの迫力を目の前で体感することでしょう。

また、コンテスト以外では、毎年多くの親子連れで賑わうキッズ専用スノーボードパーク(BURTON KIDS’ RIGLET PARK)を今年も開催いたします。六本木の真ん中で、ひと足早い雪を感じながらスノーボード体験ができます。世界トップライダーのライディング観戦だけでなく、大人から子供まで楽しめるアクティビティへの参加まで、全て無料となっています。

オフィシャルウェブサイト(http://www.burtonraildays.com)及びバートンジャパン公式Facebook ページ(www.facebook.com/BurtonSnowboardsJapan)には、11月のコンテスト本番に向けて、随時最新情報がアップされていきます。

 





[BURTON RAIL DAYS presented by MINI概要]

□日程                  2015年11月14日(土)

□場所                  六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)
□観戦                  無料
□賞金                  総額$27,000
(1位 $15,000 2位 $6,000 3位 $3,000 特別賞 $3,000)
□スケジュール     11:00 キッズコーナー、スポンサーブースオープン
                         17:00 レールコンテストスタート
                         19:30 イベントクローズ
                         ※スケジュールは変更される場合があります。
□WEBサイト        
www.burtonraildays.com
http://www.facebook.com/BurtonSnowboardsJapan

 [キッズ専用スノーボードパーク:BURTON KIDS’ RIGLET PARK概要]
バートンキッズリグレットパークは、3歳~6歳のキッズが、スノーボードの基礎をマスターすることができるバートンオリジナルのプログラムです。インストラクターが引っ張るボードに乗りながら、パーク内の豊富な地形を滑ることでバランス感覚を磨くことができます。毎年2,000人以上のキッズがスノーボードを体験している、最も簡単で楽しいライディング体験です。

<MINI(ミニ)について>
石油危機の時代に「大人4人が乗れる経済的な小型車」を目指して開発されたMINIは、1959年に発売されました。エンジンをフロント横置きで配列する革新的な前輪駆動の基本レイアウトを採用。MINIの設計者、アレック・イシゴニスによって考え出され、小柄なボディの中に広い室内空間を実現するこのレイアウトは、今やコンパクトカーの業界標準となっています。
MINIのユニークなデザインやコンセプト、「ゴーカート・フィーリング」と評される走りの愉しさは、映画俳優やミュージシャン、デザイナーなどの多くのセレブリティやオピニオンリーダーにも愛され、人気を博しました。1960年代にはモンテカルロラリーで三度の優勝を果たすなど、モータースポーツの世界でも活躍し、世界中のファンを虜にしています。
1994年からは、BMWグループが車両の生産や商標権などMINIに関する全ての権利を有し、全く新しいMINIの開発を開始。2001年にはBMWグループによって開発されたMINIを全世界に発表し、日本では2002年の3月2日(ミニの日)から発売を開始しました。2011年には、MINI (ハッチバック)、MINI Convertible (ミニ・コンバーチブル)、MINI Clubman (ミニ・クラブマン)、MINI Crossover (ミニ・クロスオーバー)、に続く5番目のモデルとしてMINI Coupé(ミニ・クーペ)を発表。また2012年‐2013年には、MINI Roadster(ミニ・ロードスター)、MINI Paceman(ミニ・ペースマン)、2014年にはハッチバックモデルのMINIをフルモデルチェンジし、同10月にはハッチバックとして初の5ドアを発売し、さらに、本年9月にはMINI Clubmanをフルモデル・チェンジするなど、MINIのラインナップはかつてないほど魅力的なものになっています。

詳しくはこちら http://www.mini.jp をご覧ください。
MINI公式Facebookページ:http://www.facebook.com/MINI.Japan
公式ツイッター:http://www.twitter.com/MINI_JAPAN

<BURTONについて>
1977年、ジェイク・バートン・カーペンターはアメリカ・バーモント州のガレージでスノーボード作りを始め、バートンスノーボードを設立しました。以来、彼の人生はスノーボードに捧げられています。バートンは、画期的なプロダクトライン、リゾートに対する草の根的努力、そしてトップレベルのチームライダーにより、スノーボードを裏山での遊び道具から、ワールドクラスのスポーツへと成長させることにおいて、極めて重要な役割を果たしてきました。現在バートンは、スノーボードギアとスノーボードライフスタイルに関連する業界トップのプロダクトをデザイン、製造しています。その中にはスノーボード、バインディング、ブーツ、アウターウェア、レイヤリングなどの他に、通年で活躍するアパレル、パック、バッグやアクセサリーなども含まれています。バートンはジェイクと妻であり社長であるドナ・カーペンターにより所有されているプライベートカンパニーです。アメリカ・バーモント州バーリントンに本社を、オーストリア、日本、オーストラリア、カリフォルニア、カナダ、中国にオフィスを置いています。詳しくはwww.burton.comをご覧ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バートンジャパン合同会社 >
  3. 今年で5年目!秋の六本木に過去最大の特設スノーボードコースが出現 世界最大級のスノーボードレールコンテストBURTON RAIL DAYS presented by MINI