日本海事協会とテュフ ラインランド、サイバーセキュリティサービスに関わるパートナーシップ協定を締結

一般財団法人日本海事協会(ClassNK)とテュフ ラインランドはこの度、サイバーセキュリティサービスに関わるパートナーシップ協定を締結しました。
ClassNKは、船舶や海洋構造物の安全性を検査する船級協会であり、舶用品の製品などの認証業務において豊富な実績を有しています。テュフ ラインランドは世界有数の第三者認証機関であり、幅広い製品やサイバーセキュリティの試験・認証をグローバルに展開しています。ClassNKとテュフ ラインランドは、2012年に風車認証、2015年には試験と製品認証におけるパートナーシップ協定を締結し、協力関係を構築してきました。

両者は今般締結したパートナーシップ協定において、海事産業のサイバーセキュリティに関わる認証スキームの開発・提供に向け、包括的に協業していくことで合意しました。船舶の更なる安全確保のため、各々が提供するサービスと知見の強みを生かし、サイバーセキュリティの分野でのグローバルな協業を進めてまいります。本協定の下、まずはClassNKが現在策定中の船上で使用されるソフトウェアを対象としたサイバーセキュリティガイドラインについて、テュフ ラインランドと連携して作業を進めます。

 ClassNKの会長、冨士原 康一は次のように述べています。「この度、テュフ ラインランドとの協力関係を更に深化させるに至ったことを喜ばしく思います。デジタルトランスフォーメーションにより、ビジネスの在り方が変わり、多くの機会がもたらされることになりますが、海事産業におけるデジタル技術の活用にあたっては、サイバーセキュリティの確保が必須の要素です。新たなパートナーシップ協定を通じ、テュフ ラインランドの有する豊富な知見と、本会が培ってきた船舶のハード・ソフト両面に関わる知識と経験を結集し、サイバーセキュリティに関わる業界の課題解決へ全力を尽くしてまいります。」

 テュフ ラインランド会長のDr.ミヒャエル・フビは次のように述べています。「産業サービス、情報技術(IT)、制御・運用技術(OT)、サイバーセキュリティの各分野における専門知識と経験を兼ね備えたテュフ ラインランドは、安全運航、サイバーセキュリティ関連の法的要求事項への適合性、リスクアセスメント、認証等に関する高度なサイバーセキュリティの専門知識を海事業界に提供できる数少ない組織です。テュフ ラインランドが世界の海事業界に対して成熟したサイバーセキュリティサービスを提供し続けることにより、出資者の投資をサイバー攻撃から保護するとともに、監督機関や政府からの信頼を高めることができると考えています」。
 

左:      テュフ ラインランド ジャパン 代表取締役社長 トビアス・シュバインフルター
中央:   テュフ ラインランド 会長 Dr. ミヒャエル・フビ
右:      日本海事協会 会長 冨士原 康一

【一般財団法人日本海事協会 (ClassNK)】
1899年設立。ClassNKは、海上における人命と財産の安全確保及び海洋環境の汚染防止を使命に、船舶や海洋構造物の安全性などを独自に制定した規則及び国際条約に基づいて検査する船級協会です。また、船舶や海洋構造物に用いられる材料や機器の安全性に関わる承認業務に加え、ISO9001やISO14001をはじめとした組織におけるマネジメントシステムの認証業務、温室効果ガス排出量検証業務など

 

を、国内外約130ヵ所の拠点を通じて実施しています。ClassNKは登録されている船舶の総トン数において世界最大級の規模の船級協会です。ウェブサイト: www.classnk.or.jp

【テュフ ラインランド グループ】
テュフ ラインランドは、145年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関です。グループの従業員数は全世界で20,000人、年間売上高は20億ユーロにのぼります。第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えています。産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートしています。また幅広い業種、職種について、専門的なトレーニングも実施しています。こうしたサービスは、テュフ ラインランドの認定ラボや試験設備、教育センターのグローバルネットワークによって支えられています。テュフ ラインランドは、2006年より国連グローバル・コンパクトのメンバーとして活動しています。ウェブサイト: www.jpn.tuv.com

デジタルトランスフォーメーション&サイバーセキュリティ
テュフ ラインランドのデジタルトランスフォーメーション&サイバーセキュリティ部門は20年以上にわたり、さまざまな業界の企業や政府機関、公共機関に対して、革新的な技術を安全に使用するための支援を行ってきました。世界各国に配置された約1,000人のコンサルタントに加えて、デジタルトランスフォーメーションおよびサイバーセキュリティに関する高度な業界知識を有する専門家がサービスを行っています。デジタルトランスフォーメーションサービスに関しては、インテリジェントデータ、重要インフラ、ネットワークソリューションなどの分野において、革新的なソリューションを提供しています。ネットワークシステムや機器の脆弱性に対する懸念が高まる中、テュフ ラインランドのサイバーセキュリティソリューションはセキュリティとデータ保護の強化に照準を合わせており、主にモノのインターネット(IoT)やクラウドインフラに関するサイバーセキュリティ試験、産業セキュリティ試験、データ保護試験等を実施しています。テュフ ラインランドは世界100ヵ所以上の試験所からなるグローバルネットワークを通じて、製品安全、サイバーセキュリティ、データ保護に関するサポートをワンストップで製造業者に提供しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テュフ ラインランド ジャパン株式会社 >
  3. 日本海事協会とテュフ ラインランド、サイバーセキュリティサービスに関わるパートナーシップ協定を締結