ミャンマー連邦共和国における新会社設立のお知らせ

日本ペイントホールディングス株式会社〔以下当社〕は、合弁子会社である日本ペイント(シンガポール)が、ミャンマーにおける事業拡大を目的として、日本ペイント(ミャンマー)サービス〔以下NPMSC〕を設立したことをお知らせいたします。
 
 日本ペイント(シンガポール)は、ミャンマーで20年以上にわたり、現地の代理店を通じ、製品を販売してまいりましたが、同国の建築塗料市場規模は、約40億円(2015年)と推定され、今回の会社設立は、更なる成長が期待されるミャンマー市場で、現地の顧客ニーズに対応し、より質の高いサービスを提供することにより、当社グループのブランド力を向上させ、同市場におけるプレゼンスを確かなものとすることを企図しています。

 世界銀行が2016年5月に発行したミャンマー経済に関するレポートの中では政府主導の構造改革とマクロ経済の安定・維持による順調な経済成長が予想されています。今後、インフラ投資などが主たる成長要因になると想定され、急速な経済成長が、建築用塗料の需要喚起に繋がることを期待しています。


NPMSCは、流通チャネル拡大と中・長期的視点でのブランド力向上を目指して活動を開始、現地での顧客支援を強化しており、将来的には、自動車補修用塗料など、取り扱い分野を拡大する計画です。

なお、本件の当社連結業績に与える影響は軽微です。

【NPMSCの概要】

会社名  : 日本ペイント(ミャンマー)サービス株式会社
設立    : 2017年1月
所在地  : ミャンマー連邦共和国 ヤンゴン市
事業内容: 建築用塗料の販売
 
NPMSCについては、下記ホームページをご参照下さい。
http://www.nipponpaintmyanmar.com(英文のみ)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ペイントホールディングス株式会社 >
  3. ミャンマー連邦共和国における新会社設立のお知らせ