バーチャルSNS「cluster」、スマホでアバター作成できる「REALITY」との連携機能をリリース

〜スマートフォンだけでオリジナルアバター作成からバーチャルイベント・ワールド参加まで可能に〜

クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤直人、以下「クラスター」)は、運営するバーチャルSNS「cluster」上の空間で、株式会社Wright Flyer Live Entertainment(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士、以下「WFLE」)が運営するバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」で作成したアバターを使用できる連携機能をリリースいたしました。


「cluster」は、スマホやPC、VRといった手持ちの好きなデバイスから手軽にバーチャル上でのイベントやワールドに集まることができるほか、誰でも専用ツールを使ってオリジナルのアバターやCG空間をアップロードすることができます。ただ、CG制作の知識を持たずにオリジナルのアバターを作るのは難しく、カスタマイズしたアバターを持てないユーザーが多数いることに課題を感じており、2020年1月6日にWFLEとアバター連携強化のため資本業務提携を行いました。

「REALITY」で誰でも簡単に自分だけのアバターを作成した後、この度のアバター連携機能を利用して、作成したアバターを「cluster」の空間に持ち込んで遊べるようになりました。また、既存の「REALITY」ユーザーも、これまで慣れ親しんだアバターのまま「cluster」に入り、音楽ライブやカンファレンスなどのイベントや、友達と遊べる常設ワールドに参加できるようになります。

▼連携方法の詳細についてはこちら
https://clusterhelp.zendesk.com/hc/ja/articles/360044037491

今後とも、クラスターとWFLEは、「cluster」のバーチャル音楽ライブに合わせたライブ限定アバターアイテムの開発や「cluster」上のコンテンツを共同制作するなど、連携の第二弾に向けたサービスの開発を進めていきます。


■REALITYとは
REALITYは、スマートフォン向けバーチャルライブ配信アプリです。簡単な操作で自分だけのオリジナルアバターを作成し、モーションキャプチャ技術を用いたリアルなライブ配信を通じて視聴者とコミュニケーションを取ったり、受け取ったギフトを通じて収益化したりすることができます。また人気VTuberの出演する番組が定期的に配信されるなど、5GやVR/ARの普及を見据えて最先端のインタラクティブエンターテインメントを提案し続けています。

■クラスターとは
誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる「バーチャルSNS」を展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」の制作運営など、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。

■会社概要
社名                     :クラスター株式会社
所在地                  :東京都品川区
代表者                  :代表取締役 加藤直人
設立                     :2015年7月
業務内容               :バーチャルSNS「cluster」の企画・開発・運営
URL                     :https://corp.cluster.mu/

■本リリースに関するお問い合わせ
クラスター株式会社 広報担当:岩崎
e-mail: info@cluster.mu 
  1. プレスリリース >
  2. クラスター株式会社 >
  3. バーチャルSNS「cluster」、スマホでアバター作成できる「REALITY」との連携機能をリリース