MagicPrice、駐車場・コインパーキング向けパッケージの提供を開始

株式会社空は、「MagicPrice」の時間貸駐車場・コインパーキング向けパッケージを新たに提供開始します。


■変革期のパーキングビジネス
国内の駐車場は年々整備が進み、2015年に全国で478万台だった駐車場総共用台数は、2020年には534万台まで増加しています(※1)。それに伴い、国土交通省は今後の駐車場政策の方向性を「『量』的整備の時代から『質』的整備の時代へ」として、各地域の需給バランスや需要特性を考慮した整備が必要であるとしています(※2)。また、新型コロナウイルス感染拡大によって人の移動量が変化し、パーキングビジネスの市況に大きな影響を与えました。このように駐車料金は、充足された供給と激しく変化する需要に合わせて柔軟に変更する必要性が高まっています。一方で、各運営事業様が数十、数百と保有する拠点それぞれの環境の変化を特定し、料金変更の必要性を検討することは大変困難な業務であり、機会損失が発生しやすい状況が長らく続いています。

※1 一般社団法人全日本駐車協会「全国駐車場整備状況調査2015」「全国駐車場整備状況調査2020」
※2 国土交通省「第30回全国駐車場政策担当者会議『駐車施策の最近の動向』」


■拠点の環境変化を可視化する「MagicPrice」
MagicPriceの駐車場・コインパーキング向けパッケージは、周辺環境の変化をいち早く察知し、料金変更が必要な拠点の発見を支援するサービスです。自社拠点データと競合拠点の料金や工事情報といった市場データを一元化し、地図上に表示することで、各拠点の運営環境の可視化を実現します。

1. いち早く料金変更すべき自社拠点を特定できる
競合の料金変更や新設・廃止情報、工事情報を元にフィルタリングし、運営環境に変化があった自社拠点を特定し、いち早く料金変更等の対応を進めることができます。


2.  料金管理業務で即活用できるシンプルなUI
地図上に表示された自社拠点と競合拠点の位置情報を参照しながら、運営環境をひと目で確認できるシンプルなUIを備えています。フィルタリングと合わせて利用することで料金変更すべき拠点を迅速に特定できます。


3. 自社データを活用したデータドリブンな拠点運営を開始できる
駐車場事業者様に提供いただく自社拠点データをMagicPriceが競合・市場データと統合して地域の運営環境を可視化。自社拠点データに加えて精算機データを活用すれば、売上や占有率といった情報を表示し、さらなる運営改善を進めることも可能です。

なお、MagicPriceは継続的にアップデートされ、料金算出や効果検証を支援するために進化を続けていく予定です。空は、本サービスを通じてパーキングビジネスにおけるプライシングのデジタル化と収益改善を強力に支援してまいります。

駐車場・コインパーキング事業者の皆さまからのお問い合わせは、下記のウェブサイトよりお願いいたします。
https://www.magicprice.co/pricetech/


株式会社空について
https://www.sora.flights/
設立:2015年
代表者名:松村 大貴
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階  PORTAL POINT YURAKUCHO
事業内容:価格戦略✕技術「PriceTech」に関するシステム開発、コンサルティングサービスの提供
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社空 >
  3. MagicPrice、駐車場・コインパーキング向けパッケージの提供を開始