第5次「小児がん治療・研究団体へのレモネードスタンド助成」募集

CNJ
特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンは、小児がん・ AYA 世代のためのレモネードスタンド第5次助成の応募を開始する運びとなりました。
1. レモネードスタンドジャパン助成趣旨
特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンは、2013年7月、小児がん治療研究支援、小児がん・AYA世代のがん経験者支援のためのレモネードスタンドジャパン事務局を開設しました。レモネードスタンドとは、1996年、アメリカ生まれの小児がん患者の少女が、小児がん治療研究費を集めるため、自宅のガレージで1杯50セントのレモネードスタンドを開催したのが始まりです。少女は8歳で天国に旅立ちましたが、その想いは全米に広がり、今では、日本でも広がりを見せています。
レモネードスタンドジャパン事務局では、各地の「レモネードスタンド」開催を、飲料提供(協力:ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)、運営マニュアル提供、WEB告知などでサポートしています。各地のレモネードスタンドで集まった募金は、小児がん治療研究支援や、小児がん・AYA世代のがん経験者支援に充てています。本助成は、小児がん治療・研究団体を主として、小児がんの治療成績の向上のための研究や活動、小児がん・AYA世代のがん経験者支援活動に対してするものとします。

2. 助成内容
「病気の子どもたちを助けたい」という少女の遺志を引き継ぎ、小児がん治療・研究団体に、全国各地で開催されたレモネードスタンド開催で集まった募金を助成します。

3. 助成対象団体
小児がん治療・研究団体で、法人格があるもの

4. 助成額・助成期間と助成元
全国で開催されたレモネードスタンドで集まった募金・企業からの寄付を財源とし、NPO法人キャンサーネットジャパンより助成します。
助成額:総額200万円 2~3団体
助成期間:2022年3月~2023年3月

5. 応募方法
募集要項を確認、申請書に必要事項を記入の上、2022年1月10日17時必着でメール送付
募集要項・申請書:https://www.cancernet.jp/wp-content/uploads/2021/11/lemon5th.pdf
 



認定NPO法人キャンサーネットジャパン
1991年に発足し、がん患者が本人の意思に基づき治療に臨むことができるように、科学的根拠に基づく情報発信を行うことをミッションとしています。2001年にNPO法人化、2007年1月に専用事務局を開設し、現在は東京と大阪を拠点に全国で活動しています。2016年8月認定NPO法人となり、現在の主な活動は、各種がんについての啓発イベント、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されている「もっと知ってほしいシリーズ冊子」の制作、養成講座や認定試験など教育事業等も実施しています。これらの活動を通して、がんと向き合う人々が自分らしくがんと向き合える社会を実現することを目指しています。希少がんも含め、あらゆるがんに関する最新医療情報発信のため、2014年より毎年開催しているジャパンキャンサーフォーラムは、がん患者・家族のみならず一般市民を対象とした最大級のがん啓発イベントです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CNJ >
  3. 第5次「小児がん治療・研究団体へのレモネードスタンド助成」募集