東京ガスとオトバンクが共同で、音で遊べて“本がもっと好きになる”絵本アプリ「みいみ」をリリース

音と生活の取り組み第2弾 朗読やセリフ吹き替えで絵本を楽しめる

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田 裕也、以下「オトバンク」)は、東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 高史、以下「東京ガス」)との資本業務提携契約※1に基づき、音で遊べて“本がもっと好きになる”絵本アプリ「みいみ」(以下「みいみ」)を共同開発し、12月19日(木)より提供を開始します。


◆「みいみ」とは
「みいみ」は、親子向けに開発された、音で遊べて“もっと本が好きになる“絵本アプリです。

アプリ1つで、声優やナレーターによる絵本や児童書の朗読を楽しんだり、登場人物のセリフの一部を自身で吹き替え遊んだりすることができます。親子でプロの朗読をじっくり聞いてコミュニケーションしたり、セリフを吹き替えて表現する楽しみを味わったり。親による読み聞かせ以外の、新たな絵本の楽しみ方を提案します。
リリース時には、過去に映画化もされた「絵本 はなちゃんのみそ汁」(講談社)、今話題のイラストレーター、ヨシタケシンスケさんの挿絵が楽しい「レッツとネコさん」(同)のほか、名作童話や昔ばなしを配信します。ほかに、講談社の絵本「おさるのまいにち」「サラとピンキー パリへ行く」なども近日配信予定です。

「音」と「絵本」を起点に、親子のコミュニケーションをサポートし子育てを応援してまいります。

※尚、本サービスは、東京ガスとのエネルギー契約の有無にかかわらずご利用いただけます。

◆サービス開始の背景
耳だけで楽しめる音声コンテンツを活用いただくことで生活をより豊かにしていけるのではという想いで、東京ガスとオトバンクは、共同で音と生活に関する取り組みを行ってまいりました。「みいみ」は、2017年7月にリリースしたお風呂で楽しむ音声コンテンツ「Furomimi」に続き、共同で提供するサービス第二弾となります。

◆今後の展開
今回を第一弾に、配信コンテンツ数をより一層拡大していく予定のほか、録音データの容量を増やし「音のアルバム」としての一面も兼ね備えたアプリを目指した機能拡張を予定しています。
オトバンクは、今後もオーディオブックをはじめとして音で生活を豊かにする取り組みを行ってまいります。


「みいみ」のご利用想定シーン

 

■「みいみ」の概要について

<主な機能・価値>
①読み聞かせを聴いて楽しめます。
親子で、ナレーターや声優による約50冊の絵本や本の読み聞かせを楽しむことができます。
 


② 物語の中のセリフを吹き替えて遊べます。
親子で、絵本や本の一部のセリフを吹き込んで遊ぶことができます。ボイスチェンジ機能を利用して遊ぶこともできます。
 


③ 吹き替えた作品を保存できます。
親子で録音した音声を想い出やお子様の成長記録として保存しておくことができます。


<ホームページURL>
https://miimi-app.jp/

<利用手順>

(1)アプリストア(AppStoreおよびGoogle Play)にて「みいみ」と検索します。

(2)「みいみ」アプリをインストールします。

(3)会員登録を行うと「みいみ」の利用を開始することができます。

<利用料>
利用開始から1か月、すべての機能・すべての絵本を無料でお楽しみいただけます。2か月目以降は月額500円(税込)となります。
 

※1:2018年11月27日にお知らせ済み(https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20181127-01.html


株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( http://sinkan.jp/ )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。http://www.otobank.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オトバンク >
  3. 東京ガスとオトバンクが共同で、音で遊べて“本がもっと好きになる”絵本アプリ「みいみ」をリリース