あいち航空ミュージアムにおけるフラワーミュージアムの開催について~空へのあこがれ、花の翼で大空へ!~

愛知県は、花き産出額において1962年以降連続で日本一を誇る「花の王国あいち」であり、産出額が全国1位の「きく」、「ばら」、「洋らん」、「観葉植物」、「シクラメン」を始め、様々な種類の花を生産しています。そこであいち航空ミュージアムでは、花の展示を通して空へのあこがれをより一層感じていただけるよう、花の王国あいち県民運動実行委員会が実施する「公共施設等における花きの活用拡大支援事業」を活用し、本県で開発された品種「かがり弁ギク」やカーネーション等を館内に展示する「フラワーミュージアム」を下記のとおり初めて開催します。御来館の際には是非お楽しみください。

1 展示期間
2021年2月19日(金)から2月23日(火・祝)まで

2 展示場所
あいち航空ミュージアム内 
(西春日井郡豊山町大字豊場(県営名古屋空港内)) 

3 内容
「空へのあこがれ、花の翼で大空へ!」をコンセプトに、飛行機が地上から大空へ飛び立つシーンや飛行機から見える景色をカーネーションやかがり弁ギクなど計約1万本の花を用いたパネル(90cm×120cm)16枚等により演出し、展示します。その他、航空機の展示物等に色とりどりな花を飾るため、普段とは異なるあいち航空ミュージアムを体感していただけます。(制作:名古屋生花小売商業協同組合)

​【展示イメージ】 


・かがり弁ギク
愛知県農業総合試験場と国立研究開発法人量子科学技術
研究開発機構が共同育成した品種です。
花弁の先端に複数の突起がある珍しい形状のきくです。


・カーネーション
産出額 17億円、全国2位(シェア16.5%)
主な生産地 西尾市、田原市、碧南市
品種が非常に多く、色のバリエーションも豊富で、一輪咲きを始め一本の茎に数輪の花がついているスプレー咲
きがあります。 


4 その他                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
入館料のみで御覧いただけます。

5 新型コロナウイルス感染防止対策について
あいち航空ミュージアムでは、「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を踏まえて、「3つの密(密閉・密集・密接)」への対策を始め、消毒・除菌作業の実施など、様々な感染防止対策を実施しています。

主な感染防止対策
○大型換気扇の使用や排煙窓の開放、大扉の定期的な開放などにより、換気を実施
○館内各所に手指用消毒液を設置
○お客様が直接触れる機会の多い場所の定期的な除菌作業
○受付カウンターに飛沫感染防止用のアクリル板を設置
○お客様へのサーモグラフィーや非接触型体温計による検温の実施、体調等の確認
○スタッフの勤務前の検温・体調確認、勤務中のマスク等の着用
※その他感染防止対策や最新の情報については、あいち航空ミュージアムのWebページ(https://aichi-mof.com/)から御確認ください。

6 「公共施設等における花きの活用拡大支援事業」に関するお問合せ先
花の王国あいち県民運動実行委員会 事務局(愛知県農業水産局農政部園芸農産課内)

担当:早川、玉越
電話:052-954-6419
FAX:052-954-6932

 


<参考:あいち航空ミュージアムについて>

○施設概要
場 所:西春日井郡豊山町大字豊場(県営名古屋空港内)
電 話:0568-39-0283
設置日:2017年11月30日
設置者:愛知県
指定管理者:名古屋空港ビルディング株式会社
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)
休館日:火曜日(祝日、または振替休日の場合は翌日)
           
○入館料 ※未就学児は無料
※未就学児は無料
区分 一般 高校・大学生 小・中学生
個人 1,000円 800円 500円
団体(20人以上) 800円 640円 400円
年間パスポート 4,500円 3,500円 2,000円

 

○その他
・日にち、条件により貸切利用も可能です。
・あいち航空ミュージアムには専用の駐車場がありませんので、公共交通機関を御利用ください。
・あいち航空ミュージアムでは開館3周年を記念して、ドローンを活用した近未来の社会をイラストパネルや映像、実機等で紹介する特別企画展「ドローンで変わる未来の生活」を開催しています。また、土日祝日には特設ブース内にてドローン操縦体験もできます(2020年11月6日(金)記者発表済み)。
・航空機に関するフォトコンテストを開催しています。募集内容や応募方法等の詳細はあいち航空ミュージアムのWebページを御覧ください(2021年1月21日(木)記者発表済み)。

〇Webページ
 https://aichi-mof.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 愛知県 >
  3. あいち航空ミュージアムにおけるフラワーミュージアムの開催について~空へのあこがれ、花の翼で大空へ!~