機能性表示食品としてリニューアル 歩くピッチや歩行速度が気になる高齢者の方におすすめ 『カルピス健康通販 ロコトモ』7月6日リニューアル発売

 アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 川原浩)は、2019年の発売よりご好評いただいている『カルピス健康通販 ロコトモ』を、機能性表示食品として7月6日より通販チャネル「アサヒカルピスウェルネスショップ」内の「カルピス健康通販」にて発売します。

 今回リニューアルした『カルピス健康通販 ロコトモ』は、乳酸菌CP2998株 (L. curvatus CP2998)を配合した機能性表示食品です。乳酸菌CP2998株は、健常な高齢者の加齢によって衰える太ももの筋肉の活動量を上げることにより、歩くピッチおよび歩行速度の向上に役立つ機能が報告されています。一日摂取目安量は2粒で、乳酸菌CP2998株(L. curvatus CP2998)が5,000億個含まれています。歩くピッチや歩行速度が気になる高齢者の方におすすめです。

■市場概況について※1
 2021年の機能性表示食品市場は前年比約112%になると予想され、制度開始の2015年と比べ、市場規模として約12倍と年々拡大しています。更に種類別では、2021年のサプリメント市場は約108%と伸長し、市場全体の44%以上占める構成となると予想されています。機能性表示食品の中で骨・関節・筋肉へのサポートを訴求するサプリメントは、2021年予測で前年比約104%になるとされています。
※1 富士経済H・Bフーズマーケティング便覧2021

■ヒト臨床試験における有効性試験
 この試験では、運動習慣がない、または運動機能の弱い65~79歳の健常高齢者(男女)を対象に、乳酸菌CP2998株(5,000億個/日)を含む食品、または含まない食品を3か月間摂取していただき、運動能力に関する項目を定期的に測定しました。その中で歩行速度※2、ケイデンス(歩数/分)、太ももの筋肉の活動量を示す筋電位について、有意な差を確認しました。
※2 歩行速度=ストライド(歩幅)×ケイデンス(歩数/分)

①歩行速度について
 乳酸菌CP2998株の摂取6週でケイデンス(歩数)に、摂取12週でケイデンスおよび歩行速度に有意(5%)な差が確認できました。

②太ももの筋肉活動量について
 乳酸菌CP2998株の摂取12週で、太ももの筋肉の活動量を示す筋電位に有意(5%)な差が確認できました。

 アサヒグループ食品は、“心とからだの健やかさへのお手伝い”を目指し、1919年に発売された乳酸菌飲料「カルピス」の研究に由来する独自の素材や技術を活用した健康食品をはじめ、通販チャネル(「アサヒカルピスウェルネスショップ」)限定商品を販売しています。
 今後も、乳酸菌や酵母などの有用な微生物活用を通して、人々の健康的な暮らしと生活の質の向上に貢献する商品の開発に取り組んでいきます。

                       【商品概要】

「カルピス」は、アサヒ飲料株式会社の登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒグループ食品株式会社 >
  3. 機能性表示食品としてリニューアル 歩くピッチや歩行速度が気になる高齢者の方におすすめ 『カルピス健康通販 ロコトモ』7月6日リニューアル発売