プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社音元出版
会社概要

“スマホカメラ”をより深く楽しむためのアワード「DGP モバイルアワード 2024」、受賞の栄冠に輝いた優秀製品を発表

 株式会社音元出版は、デジタルイメージングの総合アワード「DGPアワード」について、“スマホカメラ”や周辺機器を対象とした「DGP モバイルアワード 2024」の受賞製品を発表いたしました。

音元出版

“スマホカメラ”をより深く楽しむためのアワード「DGP モバイルアワード 2024」のロゴ

「DGPアワード」は、「撮る」、「観る」、「残す」、「編集する」といった、デジタルイメージングにまつわるあらゆるソリューションを対象とした総合アワードです。アワードは年間2回、“スマホカメラ”とその周辺機器を対象とした「DGPモバイルアワード」を春に、デジタルカメラとその周辺機器を対象とした「DGPイメージングアワード」を秋に開催しています。

DGP モバイルアワードは、スマートフォンのカメラ機能で「撮る」「観る」「残す」といった、“スマホカメラ”にまつわるあらゆるソリューションを対象にした、“スマホカメラ”をより深く楽しむためのアワードです。審査には、専門メディアなどで活躍するプロの写真家や評論家が参加。プロが認めるアイテムだけが選出されます。

このたび発表いたしました「DGP モバイルアワード 2024」では、製品カテゴリーの各部門別にもっとも評価の高かった製品として選出された「金賞」、そして「金賞」受賞製品の中から、性能や機能はもちろん、デザインやコストパフォーマンスなど、あらゆる側面を加味し、もっとも優秀であると評価された製品として選出する「総合金賞」、市場創造性、提案性が際立った製品として選出する「審査委員特別賞」、そして画期的なイノベーションとなる技術や企画を選出する「技術/企画賞」、それぞれの受賞製品を「DGP モバイルアワード 2024」公式ページにてご紹介しています。
 
 「DGP モバイルアワード 2024」公式ページ

https://dgp.phileweb.com/mobile/


「DGP モバイルアワード 2024」受賞結果

製品カテゴリーの各部門別にもっとも評価の高かった製品として選出された「金賞」の全製品の中から、性能や機能はもちろん、デザインやコストパフォーマンスなど、あらゆる側面を加味し、もっとも優秀であると評価された製品に対しての授賞です。

<スマートフォン>

◼︎GOOGLE「Google Pixel 8 Pro」

<動画/配信アイテム>

◼︎SHURE「MoveMicシリーズ」

市場創造性、提案性が際立っているとして評価された製品に対しての授賞です。

◼︎APPLE「iPhone 15 Pro Max」
◼︎AUDIO-TECHNICA「AT-UMX3」
◼︎XIAOMI「Redmi 12 5G」

画期的なイノベーションとなるものとして評価された技術や企画に対しての授賞です。


「空間ビデオ撮影」機能の開発に対して

◼︎APPLE


「INSTAX“チェキ”」カメラ「INSTAX Pal」の開発に対して

◼︎FUJIFILM


Google Pixel 8シリーズに搭載された新たなAI編集機能の開発に対して

◼︎GOOGLE

ワイヤレスマイク「MoveMicシリーズ」の開発に対して

◼︎SHURE

スマート天体望遠鏡「ODYSSEYシリーズ」の開発に対して

◼︎UNISTELLAR


「DGPモバイルアワード」について

「DGPアワード」は、DGP実行委員会が主催する、「撮る」、「観る」、「残す」、「編集する」といった、デジタルイメージングにまつわるあらゆるソリューションを対象とした、デジタルイメージングの総合アワード。2008年の創立以来、審査には、専門メディアなどで活躍するプロの写真家、評論家が参加。さらにDGPイメージングアワードでは全国の有力量販店も審査に参加しています。写真のプロ、カメラのプロに認められた製品が優秀モデルとして選出されます。

<DGPモバイルアワード審査委員>
海上 忍氏(評論家)、桃井一至氏(写真家)、山田久美夫氏(写真家)、山本 敦氏(評論家)、弓月ひろみ氏(評論家)、木寺 務(DGP実行委員会)

<主催>
DGP実行委員会
(株式会社音元出版内)


音元出版について

1949年創業。ピュアオーディオやホームシアターの専門誌、およびウェブメディアを発信するメディア事業と、アワード、イベント、物販などのソリューション事業を運営しています。
●会社名:株式会社音元出版
●代表取締役:風間雄介
●所在地:〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-9 第七東ビル 8F

(2024年4月15日移転)

  移転後 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-4-12 イトーピア岩本町ANNEX 4F
https://www.ongen.co.jp

<雑誌メディア>
●オーディオアクセサリー
:高音質再生を追求するピュアオーディオ専門誌
https://phileweb.shop/magazines/quarterly/aa/

●アナログ:レコード再生、アナログオーディオなどの楽しみ方や最新情報を発信
https://phileweb.shop/magazines/quarterly/-analog-/

●ホームシアターファイル:「映画館のある家」と「オーディオビジュアル」の専門誌

https://phileweb.shop/magazines/quarterly/-plus/

●プレミアムヘッドホンガイドマガジン:イヤホン/ヘッドホン愛好家に向け、ポータブルオーディオの奥深い情報を提供する専門誌
https://phileweb.shop/magazines/extra/phgm/

●大全シリーズ:いい音・いい画の再生に役立つケーブルやアクセサリー類を一挙に紹介する特別誌
https://phileweb.shop/magazines/extra/category-46/

<ウェブメディア>
●PHILE WEB 
https://www.phileweb.com
 ​月間ユニークユーザー数500万UU、月間ページビュー数2,000万PV
●PHILE WEBオーディオ https://www.phileweb.com/audio/
●ホームシアターCHANNEL https://hometheater.phileweb.com/
●デジカメCHANNEL https://www.phileweb.com/dc/
●PHILE WEBビジネス https://www.phileweb.com/senka/
●Gadget Gate https://gadget.phileweb.com/

<フリーマガジン>
●プレミアムヘッドホンガイド 
https://phileweb.shop/magazines/pdf/phg/
●VGP受賞製品お買い物ガイド https://phileweb.shop/magazines/pdf/ebvgp2024/
●DGP受賞製品お買い物ガイド https://phileweb.shop/magazines/pdf/dgp20222023/

<アワード>
●VGPアワード 
http://vgp.phileweb.com
●DGPイメージングアワード https://www.phileweb.com/dgp/about.html
●DGPモバイルアワード https://dgp.phileweb.com/mobile/
●オーディオ銘機賞 https://www.phileweb.com/aea/
●オーディオアクセサリー銘機賞 https://www.phileweb.com/aaea/
●アナロググランプリ https://www.phileweb.com/news/audio/202304/03/24178.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
モバイル端末カメラ
キーワード
デジタルカメラ
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社音元出版

2フォロワー

RSS
URL
https://www.ongen.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区岩本町2-14-2 イトーピア岩本町ANNEX 4F
電話番号
03-5833-5020
代表者名
風間雄介
上場
未上場
資本金
2000万円
設立
1949年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード