Amazon.co.jp、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を開始

~約10頭のヤギが、敷地の草を食べる「エコ除草」と社員への「癒し」の提供を始めます~

Amazon.co.jpは、本日7月2日(火)より、アマゾン多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市旭ヶ丘、以下、多治見FC)で、環境に配慮した活動の一環として、敷地内の一部の草を約10頭のヤギが除草する「エコ除草」を試験的に開始いたしました。「エコ除草」は、10月まで週に一度定期的に行われる予定です。
main image

Amazon.co.jpでヤギによるエコ除草を導入したのは、多治見FCが国内初となります。第一回目のエコ除草は、
多治見FCの社員達が見守る中で行われました。多治見FCの社員が作成したヤギさんオリジナルIDを着用したヤギは、敷地内に設置された木柵の中の草を食み、草は束の間に短くなっていきました。尚、木柵は多治見市の間伐材を用いています。

また本取り組みは、社員の働きやすい環境づくりの一環として、社員への「癒し」の提供も目的としています。Amazon.co.jpでは、ペットにケガや病気によりケアが必要となった場合に休暇を取得できる「ペット休暇」を導入しており、Amazon.comでは、ペットの犬を職場まで連れていける制度もあります。

Amazon.co.jpでは、今後も環境に配慮した活動を推進していく予定です。また、より利便性の高いサービスの向上に尽力していくため、Amazon.co.jpで働く社員の働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。

 

  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon.co.jp、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を開始