「ASEAN市場」の魅力、最新動向、日本企業の事業展開に迫る1日

7月10日(火) ソラシティカンファレンスホール 「ASEAN CONFERENCE 2018」申込受付開始!

存在感増すASEAN市場。世界で戦う日本企業の事業展開、「課題克服」と「更なるチャレンジ」にフォーカス

2018年7月10日(火) 開催 ASEAN CONFERENCE 2018

変化する「ヒト・モノ・カネ」の流れ

市場としても事業拠点としても成長と発展の余地を存分に残すASEAN。加盟各国が手と手を携え、活気ある経済へと着実に進化してきた結果、「単一の市場と単一の生産拠点」として、世界でも有数の経済共同体としての存在感が増してきました。2018年のアジア経済全体の成長率は引き続き好調な消費と投資、ならびに外部需要により5%台後半が見込まれており、ASEAN諸国を中心に経済規模の拡大と国民の生活水準を向上させる改革が進められています。

こうした中、18年以降域内におけるすべての品目において関税が撤廃されるのを受け、「ヒト・モノ・カネ」の流れにさらなる変化が出始めています。一方、日本企業はコストダウンの徹底と域内に分散した拠点を集約させる動きが活発化させており、生産拠点、販売拠点、統括拠点などそれぞれの役割や周辺地域への展開を含め、現地での事業を拡大させるか、再編させるかといった戦略の再考に迫られております。
本カンファレンスでは現地化を一段と進めるうえでのローカル企業との競争、拡大と再編を見据えたM&A・リスクマネジメント、組織と人材の在り方について、現地でマネジメントを実践される企業、専門家の講演を通じ、皆様と考察をしてまいりたいと存じます。

------------------------------------------------------------------------------
現地を知り尽くした実践者の生の声
------------------------------------------------------------------------------

慶應義塾大学 経済学部教授
東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)チーフエコノミスト
木村 福成 氏

NTN株式会社 取締役 アフターマーケット事業本部担当
(兼)韓国NTN販売(株)担当 (兼)アセアン・大洋州、インド・西アジア各地区担当
鵜飼 英一 氏

イオンモール株式会社 取締役 アセアン本部長
玉井 貢 氏

デンカ株式会社 常務執行役員
IR室、CSR・広報室 担当、Automotive Materials & Solution開発推進室 担当
経営企画室長 Denka Value-Up推進室長
鈴木 正治 氏

株式会社アシックス 執行役員 マーケティング統括部長
ポール・マイルズ 氏
                         他

プログラムの詳細
https://toyokeizai.net/sp/asean2018/

日 時 7月10日(火)13:00~19:30(12:20 受付開始)
会 場 ソラシティカンファレンスセンター ソラシティホール
    東京都千代田区神田駿河台4-6(地図)
定 員 300名 ※定員に達し次第申込受付を終了いたします。
参加費 早期申込割引:16,200円(税込)6月25日(月)12:00まで
   一般申込:27,000円(税込)7月6日(金)18:00まで

皆様お誘いあわせのうえご参加をいただけますと幸いです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東洋経済新報社 >
  3. 「ASEAN市場」の魅力、最新動向、日本企業の事業展開に迫る1日